おすすめのシワシワネーム【女の子の名前】11選

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

女の子にぴったりな古風で素敵な名前をご紹介します。

シワシワネーム【女の子】:文子

「あやこ」との読み方が多いですが、他に「ふみこ」「ゆきこ」とも読む事ができます。柔らかい響きが女の子の名前になじみ、文学や学問、文化に造詣が深くなるようにとの願いが込められています。

シワシワネーム【女の子】:和子

男の子の名前にある「和夫」同様、昭和の特に前半に流行しました。平和で優しいイメージのこの名前は「かずこ」と読みますが、現在では「わこ」と読ませる事もできますね。令和時代も親しみやすい名前としてどの世代にも受け入れられる名前になるでしょう。

シワシワネーム【女の子】:幸子

読ませ方は多く「さちこ」「ゆきこ」「さきこ」などがあります。今風の読ませ方で「ここ」ともできますね。幸せな人生を送れるように、周りの人も幸せにする子になるようにと昭和から人気の名前になっています。

シワシワネーム【女の子】:藤子

若手女優で人気急上昇中の小島藤子に代表されるように、認知度も急上昇した「ふじこ」は、「とうこ」と呼ぶ事もできます。藤の花の淡い薄紫色は平安時代の貴族が高貴な色として見ていた事から、おしとやかで品のある女性になるようにとの願いが込められています。

シワシワネーム【女の子】:敦子

元AKB48の前田敦子で注目されました。「あつこ」と読み、「敦」の漢字の意味には、思いやりに熱く誠実で堅実、安定しているなどの意味があり、男の子にも女の子にもぴったりの漢字です。

シワシワネーム【女の子】:京子

昭和時代に安定してランキングに登場している名前で、「きょうこ」「けいこ」の読みが主流です。少数派で「みやこ」もいます。京都、東京から国の中心的な意味を持ちます。やわらかくも芯が強く社会で活躍できる女性になるようにと願いが込められています。

シワシワネーム【女の子】:悦子

音読では「えつ」、訓読では「よろこ(ぶ)」なので、「えつこ」「よしこ」と読む名前です。楽しい、嬉しい、幸せの意味が含まれるので昭和時代に人気の漢字でした。人生苦難にぶつかっても笑顔で乗り超える事ができるようにとの願いが込められた名前です。

シワシワネーム【女の子】:恵子

1980年代には名前ランキング上位に位置する事が多かった名前です。「けいこ」が主流の読み方で、「あやこ」「よしこ」「えいこ」「さとこ」の読み方もします。恩恵・恵代などの単語から人に対して思いやりがある子、知恵などから賢い子になるようにとの願いが含まれています。

シワシワネーム【女の子】:千代・千代子

大正時代に流行った名前で、現代で赤ちゃんにこの名前を付けると斬新かもしれません。永遠に、次の世代に幸せが続きますようにと願い女の子に命名されます。「ちよちゃん」と呼ばれ、どの世代からも愛される呼び名でしょう。

シワシワネーム【女の子】:麦

若手女優の門脇麦から注目され始めた「むぎ」という名前ですが、本名という事で一層名付けに人気が出ました。まっすぐに伸びる麦のように芯のしっかりした、実りある人生を願う名前です。

シワシワネーム【女の子】:ふみ

こちらも若手女優の二階堂ふみから名付けるパパママが多い名前です。「ふみ」は漢字の「文」を連想し、文学や学問に強い子になってほしいという願いが込められ、ひらがなにする事で女性らしさを表しています。