仕事観が全く違う彼との結婚は長続きする? “似たもの同士”の結婚が良いとは限らない理由
(画像=『Woman type』より引用)

~恋に仕事に、悩める女性が集う場所~
恵ママの部屋

仕事は楽しいけれど、それだけじゃ嫌。恋だって楽しみたいし、プライベートも充実させたい。どちらも諦めずに自分らしいキャリアを築いていくためには? 働く女性たちから寄せられた「仕事と恋」の悩みに、キャリアコーチ兼スナックママの佐々木恵さんが回答します!

今回の相談

(Cさん/30歳/経営企画)

今付き合っている彼は公務員なのですが、「仕事は仕事」と割り切っているタイプで、熱意がそんなにありません。私は仕事が大好きで家に帰っても仕事のことを考えているタイプなので、価値観の違いを感じています。仕事大好き人間な私と、仕事は仕事で割り切るタイプの彼と、結婚してもうまくやっていけるのでしょうか……?

恵ママからの回答
⇒同じ価値観の人間なんていない。違いを認めた上で尊重できるかどうか

仕事観が全く違う彼との結婚は長続きする? “似たもの同士”の結婚が良いとは限らない理由
(画像=『Woman type』より引用)

仕事が大好きな自分と、仕事に対しては割り切っているパートナー。逆のケースのご相談もよくいただきますが、いずれの場合も、2人の間に温度差や距離感を感じてしまうというお悩みを抱える方が多いようです。

パートナーとの価値観の違いを目の当たりにし、2人の将来に不安を感じてしまったという経験は、誰しも一度はあるのではないでしょうか。私自身、結婚して約5年が経ちますが、夫のことを知れば知るほどあまりにも価値観が違い過ぎて、この人とうまくやっていけるのだろうかと不安になることは、未だにしょっちゅうあります(苦笑)

そんなときに、私がいつも思い出して支えられている言葉があります。それは、“自分と同じ価値観の人間なんていない。違いを認めた上で、相手の価値観を尊重できるかどうかだ”というメッセージ。

たとえ血の繋がった親子であろうと、全く異なる価値観を持った別の人格です。ましてや育ってきた環境の異なる相手であれば、なおのこと。それは考えてみればごく当たり前のことなのですが、一緒にいる時間が長くなればなるほどつい忘れてしまいがち。価値観が合う合わないではなく、「私は私。彼は彼」と、お互いの違いを認めた上で、「自分にはない価値観だけれど、そんな点も含めて良いな」と思えるかどうかが、相性を見極める上でのポイントとなるのではないでしょうか。

Cさんはとにかく仕事が大好きということですが、彼にとっても、Cさんにとっての仕事と同じぐらい情熱を注いでいる大事な何かがきっとあるはず。それは一体何なのかを考えてみてはいかがでしょうか? 趣味だったり、家族や友人といった人間関係だったり、ひょっとするとCさんと過ごす時間なのかもしれません。そして、なぜそれに価値を感じているのか、彼の言葉で聞いてみるのも良いと思います。

彼にとっての情熱の矛先が明らかになった上で、改めて考えてみてください。あなたにとって、彼の魅力はどんなところにあるのでしょうか? これから先もずっと、彼の人生を応援したいと思いますか?

ひょっとするとCさんの中で、「自分がこれほど仕事に対して熱意を持って取り組んでいるのに、彼に共感してもらえない」という寂しさも感じているのかもしれません。たとえ「仕事」という側面においては温度差があったとしても、異なる領域で、それぞれが「熱意を持って取り組んでいること」を応援し合える関係であれば、互いにとって最高のパートナーだと思いませんか?