アンケート実施期間/2020年12月10日~12月20日 有効回答数/789名 
調査方法/女の転職type会員に対してWEB上で調査

今回の調査でわかったこと

コロナ前よりも転職活動の期間・応募社数が増加傾向

今回は、コロナ禍における転職活動について、「転職活動期間」や「応募社数」の変化などを調査しました。

「転職活動期間」に関しては、2019年以前(コロナ前)に転職した人は「1~2カ月」(28.7%)が最多だったのに対して、20年(コロナ禍)に転職活動をした人のトップは「3~4カ月」(26.8%)となりました。

「応募社数」では、19年以前に転職した人の平均応募社数は11.8社、20年に転職した人の平均応募社数は23.6社で、10社以上も増えているとの結果に。コロナ禍においては、転職活動が難航しがちな傾向が読み取れました。

Q.1 どのくらいの期間、転職活動した?

コロナ前後で転職活動はどう変わった? 転職者一人あたりの求人応募社数が増加傾向【働く女性789名アンケート】
(画像=『Woman type』より引用)

まずは転職の活動期間について調査。

2019年以前(コロナ前)に転職をした人の場合は「1~2カ月」(28.7%)がトップ。一方で、2020年(コロナ禍)の転職経験者の場合、「3~4カ月」(26.8%)が最多との結果になりました。

コロナ前後で比較してみると、転職活動に要する期間がわずかに長期化している様子がうかがえます。

Q.2 何社くらい応募した?

コロナ前後で転職活動はどう変わった? 転職者一人あたりの求人応募社数が増加傾向【働く女性789名アンケート】
(画像=『Woman type』より引用)

19年以前の転職者の応募社数は、半数以上が「1~4社」(51.7%)。平均すると11.8社でした。

しかし、20年の応募社数は「1~4社」(37.2%)、「10~19社」(16.9%)、「5~9社」(15.9%)とばらつきのある結果になりました。平均社数は、コロナ前の倍の23.6社です。

コロナ禍では「30社以上」に応募した人の割合も倍増していること、Q.1での天職活動が長期化していることから、転職に苦戦する人が一定数増えている傾向が見て取れました。