あなたの周りにいませんか?何事に対しても無関心な人。何に無関心か人によって違うかもしれませんが、無関心な人は周囲から浮いてしまいがちです。どうして周囲の事に対して無関心になってしまうのか?今回は無関心な人の心理や特徴を彼らの態度から読み解いていきます。

無関心な人の心理を探れ

他人に無関心な人。
仕事に無関心な人。
社会情勢に無関心な人。

無関心にもいろいろな種類がありますが、どうして無関心になっちゃうのか? 普通の人にはちょっと理解しがたい無関心な人の心理と特徴について考えていきましょう。 「無関心」な人にはそうなってしまった心理的原因や生い立ちがあるようです。

早速見ていきましょう。

無関心な人の心理と特徴①好奇心が少ない

無関心な人は基本的に好奇心をあまり持ちません。 好奇心は人を動かす大きなエネルギー。

このエネルギーがないのだから常に省エネ運転で、なんとなく毎日を過ごしています。 好奇心がもてないと当然無関心になってしまいますが、だからといって

「何か熱中できるものを探せよ」 「やる気ないの?」

なんて言われても、そもそも意味が分かりません。 好奇心がない事は分かっていても、じゃあどうしたら好奇心や興味がわくのか、さっぱり分からないので自分は何かが欠落している...と思いがちです。

無関心な人の心理と特徴②1人が好き

無関心な人は1人が好き。 1人で何も不自由しないし、人とかかわることに意味を感じません。 1人でいたら自分の好きな事だけやっていればいいし、人に合わせるなんて疲れてしまうだけ。

自分がしたい事だけができる1人の時間が何より大切だと思う傾向は結果、他人に対して無関心になる原因になります。

無関心な人の心理と特徴③自分の世界がある

他人に無関心な原因は何か?

と考えたときに、大きな理由が「自分の世界」を持っている人という特徴が一つ浮かびます。 自分がやりたい事が明確にあるので、結果他人に無関心になる。 それがやりたい事に関係してくる人なら別かもしれませんが、独特の世界観を持っているので理解されにくく、理解されないのなら他人とかかわらない方が気が楽という方向に変わっていくのです。

無関心な人の心理と特徴④感情が乏しい

1人が好きでも、自分独特の世界観を持っているのもその人の自由。 自分が困らなければ何の問題もありませんが、この「感情が乏しい」特徴には注意が必要です。

赤ん坊は感情の塊。 嫌な事があれば泣くし、欲しいものがあれば泣くし、親がかまってくれたら笑います。 生まれたときには感情であふれていたはずなのに、いつしか感情がなくなってしまった。 これは危険サインです。

感情が乏しい原因には極度の抑圧や、ストレス、そして心理的なトラウマなどが考えられます。 例えばアダルトチルドレン(虐待された子供)やネグレクトの親と持つ子供からは感情が消えてしまいます。 一説には脳機能そのものにダメージが与えられるそうです。

感情の乏しさには必ず原因が隠れています。 原因と向き合って変わろうとしない限り、感情が戻ることはなく、他人への関心もわかないでしょう。

無関心な人の心理と特徴⑤いじめられた過去がある

過去にいじめられた経験のある人は、自己防衛本能が働いて他人との距離を取ろうとします。 人はいじめられると、その恐怖体験からまずいろんな感情に悩まされます。

いじめられても、例えば学校が変わる、高校に進学して友人関係が新しくなるなど、きっかけがあれば他人を信用する気持ちをまた育てることができます。

でも、いじめられてそのまま社会に放り出されると(仕事に就くなど)他人との付き合い方や距離感がつかめないまま大人にならざるを得ません。

多感な年齢のいじめ経験は深い影を落とします。 他人が怖い、信用できないという気持ちは後に他人への無関心という形で自分を守ろうとする武器に変わります。

無関心な人の心理と特徴⑥家族と異常に仲が良い

アダルトチルドレンは感情が乏しく他人への関心が薄いと話をしましたが、真逆もまたアリ。

この場合は家族と異常に仲が良すぎて、家族がいればそれでいい...と極端になっているパターンです。

所詮、他人は他人。 本当に自分の事を分かってくれるのは家族だけで、最後まで味方でいてくれるのも家族だけ...

昨今子離れができない親、親離れができない子と仲良し親子が増えていますが、思春期で親の事が嫌いになるのは実は正しい成長の証。 こうやって子供は自立を学んでいくのです。 自立できない子供は社会に無関心のまま、居心地がよい家から出ようとせず、大人になりきれません。

無関心な人の心理と特徴⑦周囲からの期待(要求)が高い

周囲からの欲求が高いと、無関心の原因になります。 特に教育に力を入れて、勝手に将来進むべき方向を親が決めている場合、無関心な人になってしまいがちです。

どういう事かというと、自分の気持ちを親が理解しようとせず勝手に 「あなたは将来こうなるのよ、だからもっと努力しなさい」 と押し付けてきて、それ以外の事はダメダメと抑圧されてしまい、結果自分がやりたい事が分からなくなってしまうのです。

もしくは自分がやりたい事はどうせ反対されるから諦める... という気持ちになると、当然自分が進んでいる方向は本意ではないので、無関心になる原因になってしまうのです。

親の抑圧で感情が乏しくなることはよくある事、子供への押しつけは親のエゴでしかありません。

無関心な人の心理と特徴⑧物欲が満たされている

他人から見れば

「あいつは幸せだなぁ」

と羨ましく思われる人にも無関心は影を落とします。 やる気や好奇心ってハングリー精神から生まれることが多いので、お金持ちで物欲が満たされている人は何に対しても欲がなく、無関心になってしまう事があります。

何も欲しいものがないから満足している...というわけではありません。

何でも手に入るから、「欲」がなく、欲がないと何を見てもつまらなく感じてしまいます。 「物質的に裕福でも、精神的には裕福でない」 ちょっと哲学的に言うとこうなるでしょう。 欲は他人を動かす原動力です、これがないと何を見ても無味乾燥で無関心の原因になってしまいます。

無関心な人の心理と特徴⑨人間関係で苦い思いをした

いじめにも共通することですが、人間関係で苦い思いをした経験は他人に対して無関心になる原因になります。

いじめまでいかなくても、例えば

「信頼していた人に裏切られた」
「親友に恋人を奪われた」

など、人間関係でのショックな出来事は他人との付き合い方において距離を取ろうとする結果になります。 痛い目にあっているから、距離を取った付き合い方で自分を守っているのです。 でも、傷ついた経験から無関心になる人は、心の底では「信用したい!」という欲求に涙しています。

無関心な人の心理と特徴⑩退屈している

退屈している人は、周囲に無関心です。 何をしても何を見ても、退屈で好奇心をくすぐられることがないから、周りの人にも興味がもてません。

何か大きな問題を抱えているのか? と思ってもただ単に原因は退屈しているだけ、というケースです。 今の仕事のが楽しくない、通っている大学が希望したところではない、など現状に満足していない場合、無気力無関心を招くことがあります。

無関心な人の心理と特徴⑪特殊な趣味を持っている

一見他人に無関心な人は「夢中になれる事がなく、どちらかというと淡泊だ」という印象を受けます。 しかし中には熱い趣味を持っている人もいます!

ではなぜ無関心だと思われるのか?

というと、趣味が特殊すぎて周りの人と話が合わないから、共通の趣味を持つ人にしか興味がないからです。

だから同じ趣味を持つ人と一緒にいるときは、人が変わったように熱くなることも。

趣味を分かってもらえないのは、自分を理解してもらえない事とおなじですから、結果他人に無関心になっても不思議はありません。

無関心な人の心理と特徴⑫他人に興味がない

そもそも他人に興味がない

そんな人もいます。 他人に興味がないのは、自己中な人が多いですね。 自己中な人は、何でも自分のやりたいようにしたいので、他人にかまっている暇はありません。 他人に合わせるという事がまず苦手。

関心がないわけではなく、自分にメリットがある事以外無関心というワガママタイプです。

無関心な人の心理と特徴⑬噂話に興味がない

無関心な人は、他人がしている噂話に全く興味を持ちません。 普通なら噂が始まると、いけないなぁと思いつつ

「え、どうしたの?」

なんて好奇心が頭をもたげてしまうのですが、無関心な人はうわさ話でさえ関心がもてません。 無関心な人が噂話に対してする反応は

「ふーん」 「で?」

なんて淡泊な受け答えばかり。 聞き流すのが得意なのも無関心な人の特徴です。

無関心な人の心理と特徴⑭ネット依存

ネット依存症の人は周囲の事に関心が持てません。 ネットの中で全てが完結しているので、ネットの外の世界に全く興味がもてません。

恋愛も仮想空間で理想の恋愛を。 友達だって仮想空間できちゃう時代。

ネットの中ではなりたい世界を作ることができ。 ネットの世界ではなりたい自分でいられる。

そうなると、ネット外でわざわざ傷ついたり、悩んだりすることに意味を感じることはできません。

無関心な人の心理と特徴⑮外出が嫌い

ネット依存症の人もそうなのですが、一般的に無関心な人は外出を好みません。 基本、仕事と用事があるときしか外出しないのが普通です。

外出ってなぜするのだと思いますか?

それは好奇心があるからです。
そして欲があるからです。

欲しいものがある。
好きな人がいる。
友達と話がしたい。

これ全部好奇心と欲から発生する行為です。 無関心な人はそもそもその原動力に欠けるので、外出するエネルギーを持ち合わせていません。

無関心な人の心理と特徴⑯人間関係が汚いと思ってしまう

無関心な人の中には、観察力が優れている人がいます。 ちょっと無関心と真逆な人の事を思い浮かべてみましょう。 やたらと話に入ってきて、他人のやってることが気になる人っていますよね? そういう人の特徴って

「図太い」
「周りが見えていない」
「厚かましい」

とは思いませんか?

無関心な人の中には、よく気が付く人が結構います。 空気を読めるし、他人が言っている事の裏や行間を読むのも得意です。

すると人間関係の嫌な部分も敏感に感じ取ってしまい、笑いながら嫌味を言っていたり、楽しそうに話をしているのに嫌いなんだろうな..と感じてしまったりするのです。 結果、あぁ人間関係って汚いなぁ。裏がある人が多すぎる...と自分から他人との付き合い方に距離をとってしまう事になります。

無関心な人の心理と特徴⑰いい子

「いい子」も無関心の原因になります。

いい子って良い意味だと思われがちですが、いい子は他人から見て「都合の良い人」という意味です。 「いい人だなぁ」と感じるときを想像してみてください。 それってその人があなたに対して「良い事」をしてくれるからでしょう? 悪い言い方をすれば、「いい人=利用できる人」でもあります。

子供は本来ワガママな生き物です。 ワガママを言っては怒られ、衝突し、他人との付き合い方を学んでいくのですが、頭のいい優しい子は「良い子」になりがちで、親を困らせないように行動する場合があります。

自分のワガママはママを困らせるから封印。

これは良いようで、悪い習慣です。 やりたい事をずっといい子でいるために押し殺してきているので、だんだんと周りに無関心になってしまいます。