失恋をして辛い時、どのように自分の気持ちと向き合えばいいのか分からなくなりますよね。一人では解決できないなら、過去の偉人や著名人たちの名言の力を借りてみるのはどうでしょうか?失恋した心に響く、とっておきの名言を集めました。

同調してくれる失恋の名言

失恋の傷に効く名言33選!失恋から立ち直るためにオススメの名言集
(画像=pixabay Photo byFree-Photos、『Lovely』より引用)

辛い時、自分の心に同調してくれる言葉は、慰めや励ましの言葉よりも強く響くことがあります。

あなたの気持ちを代弁してくれるような、失恋の名言を見つけてみてください。

恋をして恋を失った方が

まずは、イギリスの著名な詩人、アルフレッド・テニスンの名言を紹介します。

失恋をすることは辛いことだけれど、それは一度も恋をしないことより良いということですね。

確かに、恋をして得られるものはとても多く、恋を通して人は成長します。失恋して何もかも失ったように思えるかもしれませんが、あなたの中には恋から得られた沢山のものが残っているはずですよ。

「恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりマシである」

引用元: イギリスの詩人アルフレッド・テニスン

誰にも愛されないより

お次は、イギリスの劇作家の名言を見てみましょう。

この方は、誰にも愛されないことは、誰かに捨てられるよりも辛いことだと言っていますね。

誰かに捨てられるということは、誰かに愛された過去があるということ。失恋したということに悲観的になりすぎるよりも、誰かに愛されていた自分を誇りに思うべきなのかもしれません。

「でも何と言ったって、誰にも愛されないよりはまだ誰かに捨てられたほうがましだよ」

引用元: イギリスの劇作家、ウィリアム・コングリーヴ

恋という奴は

戦前の日本の歌人、若山牧水の名言は、沢山の恋愛を経験してきた大人の男性という感じがしますね。

何もかも上手くいく恋愛よりも、失敗した経験のある恋愛の方が味わい深いということでしょうか。

今は失恋の傷が痛んでも、いつかはその痛みすら愛しい思い出になっているかもしれませんね。

「恋という奴は一度失敗してみるのもいいかも知れぬ、 そこで初めて味がつくような気がするね」

引用元: 若山牧水、日本の歌人

恋の味

明治期の歌人、伊藤左千夫の名言は、恋の味の話ができるのは、恋の悲しみを知っている人だと伝えていますね。

彼にとって恋とは、悲しみという感情を欠かすことのできないものということでしょう。

楽しいばかりではなく、辛い失恋を経験してこそ、人間としても深みが出てくるのではないでしょうか。

「恋の悲しみを知らぬものに恋の味は話せない」

引用元: 伊藤左千夫、日本の歌人

恋するのだ

フランスのロマン主義の作家、ミュッセは、人はどんなことがあっても恋をするのだという、下記の名言を残しています。

恋に欺かれても、恋に傷ついても、そして不幸になったとしても...。人は人に恋をすることを止められないのでしょう。

それなら、自分の気持ちに素直になって、これからも恐れずに恋をしていけばいいのかもしれませんね。

「人はしばしば恋に欺かれ、恋に傷つき、不幸にもなる。 それでも人に恋するのだ。」

引用元: アルフレッド・ルイ・シャルル・ド・ミュッセ、フランスの作家

愛情に満ちあふれた

『罪と罰』や『カラマーゾフの兄弟』など、数々の代表作を残してきたロシアの文豪、ドストエフスキーの名言。

愛情に満ち溢れた心という言葉を聞くと、何だかとっても温かいイメージがありますよね。しかし、彼の名言では、その心には悲しみも多いと書かれています。

つまり、多くの悲しみを経験した人だからこそ、愛情深い人になることができると言えるのではないでしょうか。

「愛情に満ちあふれた心には、悲しみもまた多いものである。」

引用元: ドストエフスキー、ロシアの文豪

さあ、泣こう

『クリスマス・キャロル』の著者として知られるチャールズ・ディケンズの名言は、とても爽やかで清々しいものです。

涙を流すことにはとても大きな効果があり、辛い気分を和らげてくれると言っていますね。

そして、「さあ、泣こう。」というこの言葉。とても優しく、心強い言葉です。今まで涙を我慢していた方も、思いっきり泣いてみてはいかがでしょうか。

「涙は肺を開き、顔を洗い、目を潤し、気分を和らげる。さあ、泣こう。」

引用元: チャールズ・ディケンズ、イギリスの小説家

愛する事

ジーン・アイリス・マードックはアイルランド出身の哲学者です。

この名言では、愛し方を教えてくれたのなら、忘れ方も教えてほしいと述べられています。こちらは女性の名言なので、女性の方はより共感しやすいのではないでしょうか。

失恋した相手を嫌いになることができたらどんなに楽だろうかと、そう思わずにはいられない気持ちを代弁してくれています。

「愛する事を教えてくれたあなた。今度は忘れる事を教えて下さい。」

引用元: ジーン・アイリス・マードック、アイルランドの哲学者、作家

恋の味

昭和期の文芸評論家、亀井勝一郎も恋の味について名言を残しています。

恋の味というのは、両想いの幸せなものだけでは成り立たないということですね。

本当の恋の味を知るには、片思いや失恋を味わうこと。それを知ってこそ、恋を経験したと言えるのかもしれません。

「恋の味を痛烈に味わいたいならば、 それは片思いか失恋する以外にないだろう」

引用元: 亀井勝一郎、日本の文芸評論家

深く愛する

ロシアの文豪トルストイは、恋にまつわる多くの名言を残しています。

こちらの名言は、深く人を愛する人だけが、大きな苦痛も味わえると述べていますね。

言い換えると、人を深く愛さなければ、真の苦痛を知ることはできないということ。あなたが失恋をして深く傷ついているのなら、それは人を深く愛した証拠なのではないでしょうか。

「深く愛することのできる者のみが、また大きな苦痛をも味わうことができるのだ。」

引用元: トルストイ、ロシアの作家

愛がなくなったのに

かの有名なココ・シャネルが残した失恋の名言は、短いながらも心に響く一言です。

恋愛にも仕事にも全力で生きた女性の言葉は、とても重みがありますね。

彼女は、愛がなくなったのに一緒にいつづけることは、非常に惨めなことだと述べています。愛がなくなった時こそ、二人が離れるタイミングということかもしれませんね。

「愛がなくなったのに、一緒にいることほどみじめなことはありません」

引用元: ココ・シャネル、フランスのファッションデザイナー

励ましの失恋の名言

失恋の傷に効く名言33選!失恋から立ち直るためにオススメの名言集
(画像=pixabay Photo byAnemone123、『Lovely』より引用)

失恋して辛い時、励ましの言葉に心が救われることもありますよね。

あなたの心を晴れやかにしてくれるような、力強く明るい名言を紹介します。

たくさん泣いた女は

アメリカ合衆国の社会活動家、ドロシア・ディックスは、精神病院改革に大きく貢献した女性です。

下記の名言からは、芯が強く心優しい女性であったであろう彼女の人柄がうかがえますね。

涙をたくさん流したからこそ、広い視野を持つことができるのなら、泣くことも悪いことではないと思えるのではないでしょうか。

「涙で目が洗えるほどたくさん泣いた女は、視野が広くなるの」

引用元: ドロシア・リンド・ディックス、アメリカの社会活動家

人生で一度や二度

アメリカの作家、マージョリー・キナン・ローリングスはワルい男を愛した経験があるからこそ、イイ男に感謝できるという名言を残しています。

時にワルい男が魅力的に見えてしまうことがありますよね。しかし、そのワルい男に傷つけられてしまうこともあります。

辛い失恋は心を傷つけますが、その後で出会うイイ男は本当に大切な存在になるかもしれませんね。

「女は、人生で一度や二度は、ワルい男を愛してしまうの。でもだからこそ、イイ男に出会ったとき、感謝する気持ちになれるのよ。」

引用元: マージョリー・キナン・ローリングス、アメリカの作家

出発点

恋の終わりは、時に世界の終わりのように思えることがあります。しかし、イギリスの詩人であるT・S・エリオットは、終わりとは新たな始まりであると名言で述べています。

失恋した直後は心が落ち込み、未来に期待することなどできないかもしれません。けれども、何かが終われば、必ず何かが始まるのです。

今あなたが立っているのはどんな出発点なのか、想像してみましょう。

「始まりと呼ばれるものは、しばしば終末であり、終止符を打つということは、新たな始まりである。終着点は、出発点である。」

引用元: T・S・エリオット、アメリカ出生、イギリスへ帰化した詩人

運命の人

再びココ・シャネルの名言です。いつ運命の人と出会ってもいいように、できるだけ可愛くあるべきだという、いい女の鏡のような名言ですね。

確かに、何でもない一日と思っている日が、素敵な男性に出会う日になる可能性は十分にあります。

お洒落をして可愛いと思える自分になるよう精一杯努力することで、あなたの魅力もさらに増すはずですよ。

「その日、ひょっとしたら、運命の人と出会えるかもしれないじゃない。その運命のためにも、できるだけかわいくあるべきだわ。」

引用元: ココ・シャネル、フランスのデザイナー

恋愛から救うのは

数々の名作を世に残した小説家、芥川龍之介の名言は、彼の人生経験の豊富さがうかがえます。

失恋をして苦しい時、いくら頭で気持ちを切り替えようと考えても難しいものです。

辛い気分から救い出してくれるのは、理性ではなく多忙。つまり、色々なことに打ち込んで、思い悩む時間を無くすことが、苦しみから抜け出すコツなのかもしれませんね。

「われわれを恋愛から救うのは理性よりも多忙である」

引用元: 芥川龍之介、日本の小説家

大切なもの

アメリカ合衆国の詩人、エラ・ウィーラー・ウィルコックスは、悲しみには意味があり、それはとても大切なものだという名言を残しています。

辛くて耐えられない悲しみだったとしても、いつか過去として振り返った時、それはあなたにとって大切な意味のあるものとなるでしょう。

悲しみもこれからのあなたを作っていく一部です。今辛い思いをしていたとしても、この名言を信じて進んで行ってみてください。

「ひとつひとつの悲しみには意味がある。時には、思いもよらない意味がある。どんな悲しみであろうと、それは、このうえなく大切なもの。太陽がいつも朝を連れてくるように、それは確かなことなのですよ。」

引用元: エラ・ウィーラー・ウィルコックス、アメリカの詩人

あなたを捨てた男

アメリカ出身の女優、メイ・ウエストの名言は、女性にパワーを与えてくれるような素敵なものです。

確かに、過去の男について悩んでいて、新しい出会いを台無しにしたくはないですよね。

涙を流すことも時には必要ですが、ひとしきり泣いた後は、とびきりの笑顔でいることも忘れないようにしたいですね。

「あなたを捨てた男のためなんかに泣いてはダメ。次の男があなたの笑顔に恋するかもしれないでしょ。」

引用元: メイ・ウエスト、アメリカの女優

経験

小説家である山本周五郎は、喜びも悲しみも含め、経験することの中に何一つ空しいものはないということを名言で述べています。

あなたが今、悲しみの中にいて途方に暮れていたとしても、それは空しいことなんかではありません。きっとあなたの人生に欠かせない出来事になるでしょう。

余談ですが、この名言を残した山本周五郎さんの小説もとてもおすすめです。物語の主人公たちが凄く魅力的なので、読んだことがない方は是非試してみてください。

「この世で経験することは、なに一つ空しいものはない、歓びも悲しみも、みんな我々によく生きることを教えてくれる」

引用元: 山本周五郎、日本の小説家

温かい愛

こちらの名言は、激しい恋愛と落ち着いた恋愛について分かりやすい表現で述べられています。

すぐに消える愛は、その儚さや激しさから、一時は魅力的に思えるかもしれません。しかし、長持ちする愛は、穏やかでいてそして温かいものです。

燃え尽きた後にはすぐに冷たくなってしまう愛か、温かい時間が長く続く愛か、どちらを選ぶのかはあなた次第ではないでしょうか。

「長持ちする温かい愛の方が、すぐに消える熱い愛よりもいい」

引用元: フランスの格言

あやまち

アメリカの精神科医、エリザベス・キューブラー=ロスは、あやまちというものは存在しないと言っています。

あなたがあやまちだと思っている自身の行動も、数年後に振り返ってみると、必要な体験だったと思える日が来るでしょう。

もしも後悔の気持ちで辛くなった時は、この名言を思い出してみてください。

「あやまちなどというものは存在しません。あやまちはそこから必ずなにかを学べる恵みなのです。」

引用元: エリザベス・キューブラー=ロス、アメリカの精神科医

失った人

2006年公開のアメリカ映画『イルマーレ』から生まれた名言では、誰かを愛して、その人を失った人の美しさについて述べられていますね。

こちらの映画はタイムトラベルを題材としており、「時間」や「別れ」そして「死」が映画の内容と密接に関わっています。

誰かを失うことはとても辛く苦しいことですが、そこから得られるものも確実にあるのでしょう。そんな小さな希望を感じさせてくれる名言です。

「誰かを愛して誰かを失った人は、何も失っていない人よりも美しい」

引用元: 2006年公開のアメリカ映画『イルマーレ』