安彦 考真(あびこ たかまさ)さん

1978年生まれ、神奈川県出身。クラウドファンディングを利用して水戸ホーリーホックに入団。40歳で初めてJリーガーとなったオールドルーキー。現在、Y.S.C.C.横浜所属。Twitter(@abiko_juku)

各業界の著名人にインタビューをしていく、この企画。今回は40歳でJリーガーとなった安彦さんにお話をうかがいました。ポジティブでメンタルの強い安彦さんに、セカンドキャリアやご自身の行動力について語っていただきました!

安彦考真さん「本業、自分」 超ポジティブな年俸0円Jリーガー
(画像=『さくマガ』より引用)

安彦考真さんにキャリアについて聞いた

ーー早速ですが、サッカー選手のセカンドキャリアについて、安彦さんの考えをお聞かせください。

スポーツ界、サッカーだけじゃなくてアスリートのセカンドキャリアって結構問題になっている部分があって。アマチュアスポーツだと企業に就職して、企業に所属した状態で活動して、選手生命が終わるとそのまま所属している企業で働くことができます。

ただ、野球やサッカーなどのプロスポーツで考えたときに、企業のバックアップがない、クラブとの契約の中で自分のキャリアをどうやって作るかとなると「余命」が出てきたなと思っていて。選手としての余命と自分の人生としての余命。

このラインを分けて考えている人が多いので、選手生命が終わってしまうと鬱になってしまう人もいる。何万人もの前で脚光をあびたり、おだてて貰える機会があった選手たちが、急に何もなくなって、目の前の生活のために仕事をしないといけなくなったときに、いままでとは違うので疲弊するんですよね。

セカンドキャリアの問題点

僕がセカンドキャリアにおいて問題だと思っているのは、みんなが生活を追いかけすぎていること。大事なのは自分の人生を生きるということで、その枝葉に職業というものがあると思っている。

だから、「Jリーガー」を生きちゃだめなんですよね。自分の本業は自分自身なんです。そもそも、自分が何者なのか、使命感はなんなのか、なぜ自分はサッカーをしているのかということを考えないと。自分の人生に目を向けないと、根本的な解決にならないんじゃないかな。

安彦考真さん「本業、自分」 超ポジティブな年俸0円Jリーガー
(画像=『さくマガ』より引用)

みんな考えるのが怖い

ーープロサッカー選手がセカンドキャリアを考えるのは引退を考えるときくらいなのでしょうか?

みんな、考えるのが怖いんですよ。脳って不安と心配があると人の成長をさまたげるので、できるだけ排除しようとするんです。だから目をつむって、練習に没頭する。ただ、没頭できている人はいいんだけど、没頭せざるを得なくなったり、メンバーに選ばれずにプレーができなくなったときに将来の不安がいままで以上に押し寄せてくるわけですよ。

そうしたときに自暴自棄になったり、鬱になったりしてしまうことがある。選手は常に次のキャリアの恐怖を抱えていて向き合わないといけないんだけど、それを職業や生活と考えるから怖いというのが問題なんです。本業は自分自身だと考えていれば、職業は何でもいいと思えるんですけどね。

僕は学生時代の部活動がよくないと思っています。スポーツ強豪校って部活さえしていれば頭悪くても許されちゃうじゃないですか。授業中寝ていても「あいつら部活頑張ってるからしょうがないな」ってなっちゃう。どういうルールだよ! って思うんだけど。

SNSを利用しない手はない

ーーお話をうかがっていると、戦略をしっかり考えられている印象です。安彦さんはどのようにして戦略的な考えを身につけたのかお聞かせください。

そう言っていただけるのは非常にありがたいんですけど、自分では戦略があるとか何かアイデアがあるとかそんなことは思っていなくて。やりたいことをやるためにどうしたらいいかを真剣に考えたらこうなったということですね。

いまをいかに色濃くするかというのを考えたときに、SNSを活用しない手はないなと思ったんです。ちょっと言い方が悪いんですけど、プロを目指す前のSNSでは、有名人とご飯を食べた写真を載せて「こいつは一体何者なんだ」と思わせることから始めたんです。

友達からは「有名人との写真ばっか載せるけど、俺たちとの写真は載せないじゃん」って言われて、「ゴメン、ゴメン」って返してたんですけど、自分の中ではセルフブランディングだと思ってやっていました。そのときは他人のふんどしで相撲を取るって決めていたんで。

でも、そのやり方で限界が見えてきて、次に自分の世界観はなんなんだって考えたときに、高校生時代に新聞配達でお金を貯めて、ブラジルに留学した経験を思い出した。自分としてはやりたいことをやっただけなんですが、「行動する」って他人からしてみるとすごいことらしくて。それをSNSで伝えていこうと思ったんです。

一回やりきってみて、壁にぶち当たったときに別の道を探すのか、壁の向こう側に行くためにどうしようと考えるのか、自分を俯瞰して見たっていうのは僕なりの戦略だったのかもしれないです。