持つべきものは、頼れるメンター!
「後輩たちへ」

長く仕事は続けていきたい。でも、どんな仕事が自分に合っているのか、そもそもどんな人生を送りたいのか、自分のありたい姿が明確にならない女性も多いはず――。そこでこの連載では、さまざまな人生経験を積んできたメンターたちが、“豊かなキャリア”を描いていくためのヒントを後輩女性に向けて送ります

こんにちは。育キャリカレッジのウィメンズキャリア メンターの櫻木友紀です。

前回のコラムでは、管理職は特別ではない! ということをお伝えしました。今回は「リーダー×自信」について、働く女性の多くが悩む事例を2つ、明日から使えるTipsも交えてお伝えしていきたいと思っています。

リーダーは業務知識が豊富でなければダメ?

リーダーになり、すぐに自信喪失―― “完璧であること”をやめて気付いたリーダーシップの本質
(画像=『Woman type』より引用)

私がメンタリングをする際、悩んでいる女性に「リーダーに必要な要素」を聞くと、「仕事ができて、人柄的にも優れていて、知識も豊富で……」とまるで“超人”レベルの回答が返ってくることがよくあります。

皆さんはいかがでしょうか? 自分がリーダーになるなら、「すべて知っていなければ」「すべての仕事を完璧にこなさなければ」と思ってしまっていませんか?

私もかつてリーダーになったばかりの頃は、自分の知識不足を恥ずかしく感じたり、何事も完璧に出来ない自分に自信を無くしたりしていました。でも、ふと、「何もかも追い求め過ぎなのかも」と思い直し、「チームのメンバーが自分に求めていることは何だろう?」と立ち止まって考えた瞬間がありました。

冷静に考えてみて行き着いたのは、メンバーは私に「聞いたことに、何でも答えてくれる存在」であることは求めていないということ。それよりは、「チーム全体の動きを理解して見守ること」や「経営目線・顧客目線で進むべき方向を示すこと」「メンバーの士気を高めるような工夫をすること」を求めているのではないかと思いました。

それからは、知識面で分からないところは素直に認め、人に頼ることも覚えましたし、自分が本来やるべきことに集中できるようになりました。