仕事でも趣味でも、教えられたことを実現できる人と、苦手な人がいます。実現できる人はインプットした情報を自分なりに実現できるよう解釈する「アウトプット力」があります。今回はアウトプットが苦手な人にもできるアウトプット上達法を紹介します。

アウトプットの意味とは?

ビジネスでよく使われるアウトプットという言葉ですが、そもそもどんな意味を持つのでしょうか。

アウトプットの意味とは?苦手な人でもできるアウトプットの方法解説!
(画像=『Lovely』より引用)

output
【主な意味】産出、生産高、生産品、(文学などの)収穫、作品数、出力、アウトプット、出力(信号)、出力操作
引用元: https://ejje.weblio.jp

たった一語でたくさんの意味を持つアウトプットという言葉ですが、共通していることは「学んだことを外に出す」ということです。

インプットよりもアウトプットが大切?

インプットも大切ですが、アウトプットはもっと大切なことです。

たとえば学校でなぜテストがあるのかというと、授業でインプットしたものをテストでアウトプットさせるためにあります。

テストという形式でアウトプットした知識を外に吐き出させることで、知識を定着させるという目的があるのです。

ですからテストが苦手という人は、アウトプットが苦手、ということも考えられます。

また、テストの結果を見て自分がその教科についてどれほど理解しているのか分かる指標にもなります。

もしテストの結果が悪かった場合も「理解していたつもりだったけれど、意外と分かっていなかったんだ」と気付くことで、次のテストに向けて対策を取ることができますし、「何が分かっていて、何が分かっていないのか」を整理して考えることは、アウトプットを上達させるためには大切なことです。

このように、人はアウトプットを積み重ねていくことによって、自分の知識が洗練されていきます。

アウトプットとアウトカムの違いは?

アウトプットに似た言葉に「アウトカム」という言葉があります。

しかし、「アウトカムの意味は?」と聞かれてみると、説明するのも難しいのではないでしょうか。

アウトプットとアウトカムは一見同じような意味を持つ言葉に思えますが、アウトプットとアウトカムの意味は異なります。

アウトプットが「学んだことを外に出す」という意味に対し、アウトカムには「結果、成果」という意味があります。

アウトプットの意味とは?苦手な人でもできるアウトプットの方法解説!
(画像=『Lovely』より引用)

つまり何かをインプットしてアウトプットし、「アウトプットしたものが生んだ結果のこと」をアウトカムと言います。

たとえば、交通事故が発生しやすい道路があったとします。

事故の原因を調査(インプット)すると、歩行者と車の接触事故が多いことが分かりました。

そこで、道路の事故が発生しやすい場所に信号と横断歩道を設置することにしました。(アウトプット)

信号と横断歩道を設置した結果、交通事故が減少しました。

「交通事故が減少した」という結果がアウトカムになります。

アウトプットの意味とは?苦手な人でもできるアウトプットの方法解説!
(画像=『Lovely』より引用)

アウトプットが苦手な人の共通点

アウトプットが苦手、という人はそもそも情報収集(インプット)が足りていない、もしくはインプットできていない場合があります。

たとえば「読書感想文を書いてください」と言われたら、「何の本を読もうかな」と迷ってしまい肝心の作業がなかなか進まない人は、読書(インプット)する以前に行動が止まってしまっているので、「選んでいる時間がもったいないから、とにかく本を読もう」というように実際に行動することが大切です。

「とりあえず本は読んだけど、どうやって感想を書いたら良いか分からない」と悩んで、文章を書く手が止まってしまう人は、読書する段階でインプットしようという意識が不足しています。

インプットが上手な人は、「この章の内容が特に面白かったから、感想文で書くようにしよう」と目星を付けながら本を読んでいきます。

アウトプットの意味とは?苦手な人でもできるアウトプットの方法解説!
(画像=『Lovely』より引用)

アウトプットすることで得られるメリットとは?

アウトプットの基本的なことについて説明してきましたが、そもそもアウトプットすることによって、一体どんなメリットがあるの?と疑問に思われる方もいるかと思います。

そこで、アウトプットすることで得られるメリットを紹介していきます。

アウトプットの意味とは?苦手な人でもできるアウトプットの方法解説!
(画像=『Lovely』より引用)

アウトプットすることで得られるメリット①思考力が上がる

たとえばレシピを読んでから料理をするとき、「どういう手順で何をするのか」思い出しながら料理を作りますよね。

人間の脳は、一度記憶したことを実際にやってみるときに活性化されます。

そして、たくさんの記憶を思い出そうとするほど脳は鍛えられて、思考力が上がっていきます。

アウトプットの意味とは?苦手な人でもできるアウトプットの方法解説!
(画像=『Lovely』より引用)

アウトプットすることで得られるメリット②情報が整理される

たとえば、メモ帳に自分が思っていることや思い付いたことなど、頭の中にある情報を文章や絵に表してみます。

メモ帳に書くことで、自分が今考えていることがはっきりと目に見えるようになるので、ぐるぐると頭の中で考えるよりも情報が整理されます。

アウトプットの意味とは?苦手な人でもできるアウトプットの方法解説!
(画像=『Lovely』より引用)

アウトプットすることで得られるメリット③自分の知識になる

情報をインプットしただけでは、記憶しているというだけで、まだ自分の知識にはなっていません。

アウトプットできるとは、記憶したことを自分なりに解釈して、自分でも実現できるようにすることです。

つまりアウトプットが上達することによって、自分の知識量が増え、実現可能なことが増えていくようになります。

アウトプットの意味とは?苦手な人でもできるアウトプットの方法解説!
(画像=『Lovely』より引用)

アウトプットすることで得られるメリット④教え方が上手くなる

仕事はできるのに、部下に仕事を教える側になると教え方が下手な頼りない上司になってしまう人っていますよね。

こういった人は仕事自体はできても「なぜ自分はスムーズに仕事を進めることができるのか」をアウトプットして考えたことがないので、教える側になると自己流のやり方を部下にも押し付けてしまうのです。

アウトプットが上手な人は色々な視点でものを考えることができるので、ただ仕事のやり方を教えるのでなく、「どうしたら初心者にも理解できるだろうか」と言葉を選びながら仕事を教えていくことができます。

アウトプットの意味とは?苦手な人でもできるアウトプットの方法解説!
(画像=『Lovely』より引用)