はじめてWordPressにログインしたらまずやること

ログインの方法

WordPressの管理画面のURLは「(サイトのURL)/wp-admin/」です。

最初は手で打ち込んでアクセスしてみましょう。多くのブラウザはよく訪れるサイトのURLは記憶してくれるので、二度目以降はすぐサジェストされるようになるはずです。

ログイン画面に入ったら、インストール時に設定したWordPressユーザー名(またはメールアドレス)とパスワードを入力してログインしましょう。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

管理画面の概要を確認しよう

管理画面のトップページには様々な情報がところ狭しと並んでいます。この画面は、車などの計器類が並んだパネルになぞらえてダッシュボードと呼ばれます。

管理画面の上部にはサイトの名前やユーザーメニュー、管理画面の出入りのためのナビゲーションなどがまとまっています。この領域をツールバーと呼びます。

また管理画面のメニューはおもに画面左側にまとまっています。この左メニューのことを管理メニューと呼びます。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

更新がないか確認しよう

管理メニューの[ダッシュボード]の下の項目、[更新]に赤丸で囲った数字がありませんか? これはWordPress本体やプラグイン・テーマなどに更新可能なものがあることを示しています。

第一回目の記事で述べたように、サイトのセキュリティを保つ上でWordPress本体とプラグイン・テーマなどのアップデートは重要です。

この[更新]を押して、何が更新可能なのかを確認してみましょう。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

[WordPressの更新]画面に入りました。最初からインストールされているプラグイン※とテーマにいくつか更新できるものがあるようです。

※簡単インストール機能を利用した場合、最初からインストールされているプラグインはレンタルサーバ会社によって異なります。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

プラグインをまとめて最新版に更新してみましょう。プラグインのリストの上、[すべて選択]を押してすべてのプラグインを選択してから[プラグインを更新]ボタンを押すと簡単にプラグインのアップデートが完了します。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

同様に、テーマもアップデートしておきましょう。

パーマリンクの設定をしよう

記事を書く前に、ひとつだけ大事な設定をしておきます。パーマリンク設定というものです。

「パーマリンク」ってなに?

パーマリンクとはこれから書かれる記事ページ一つひとつに与えられるURLのことです。「Permanent Link(恒久的なリンク)」が縮まって、このように呼ばれます。このパーマリンクはとても大切なもので、簡単に変更すべきではありません。

例えばあなたがなにかの調べ物をしているときに、リンクを辿っているとよい情報が載っていそうなページへのリンクが途切れていた……という残念な思いをしたことがありませんか?

これはサイト自体が消えてしまったか、ページのパーマリンクが変更されてしまった結果によるものです。インターネット上のウェブサイトのネットワークを保つ上でも、パーマリンクは安易に変えないことが望ましいです。

WordPressのパーマリンクの構成は設定画面から簡単に変えることができますが、その変更は既存の記事にもすべて適用されます。パーマリンクが最初から一貫したものになるように、筆者はまず記事を書く前にこのパーマリンクの設定を済ませてしまいます。

パーマリンク設定はどれを選ぶ?

管理メニュー[設定]→[パーマリンク設定]からパーマリンク設定画面に進みます。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

[共通設定]にさまざまなタイプのパーマリンク構成が選択肢にありますが、筆者のおすすめは次のふたつです。

投稿名

「(サイトURL)/(記事ごとに設定できる任意の文字列)」という形式のパーマリンク設定です。パーマリンクと記事の内容に連関性をもたせたい場合に適しています。デメリットは記事ごとにいちいち内容に対応したURL用の文字列(URLスラッグなどと呼ばれます)を考えないといけないことです。またこの文字列は他の記事とかぶってはならない(複数の記事でパーマリンクの重複が生じてしまう)ので、それを気にかける必要がある点です。

重複を気にせずに投稿名ベースのパーマリンクを設定したい場合は[日付と投稿名]形式を選び、投稿日付がパーマリンクに含まれるようにするのもいいでしょう。

数字ベース

「(サイトURL)/archives/(記事のID番号)」という形式のパーマリンクです。[投稿名]とことなり、記事ごとに自動的に割り当てられるID番号がパーマリンクに含まれるため、記事ごとのパーマリンク用文字列の名付けもしなくてよく、パーマリンク重複の心配もありません。

どちらかを選択したら、画面下部にある[変更を保存]を押して、設定を完了します。

投稿を書いてみよう

いよいよ初めての記事を書いてみましょう。WordPressではブログ記事一つひとつのことを「投稿(Post)」と呼びます。WordPressはバージョン5.0からブロックエディタと呼ばれる記事エディタを採用しています。ここではこのブロックエディタの基本的な操作を学びましょう。

まずは管理メニュー[投稿]を押して投稿一覧画面に移動します。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

「Hello World!」というサンプル投稿がありますが、これとは別に新規の投稿を作成してみましょう。記事一覧の上にある[新規追加]を押して投稿作成画面に進みましょう。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

画面がガラッと変わって新規投稿の作成画面に入ります。最初にブロックエディタのチュートリアルのウィンドウが出てきますので、これを確認してから投稿の作成に入りましょう。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

記事のタイトルと本文の入力

まずは[タイトルを追加]とある部分にタイトルを書き込んでみます。記事執筆時現在のデフォルトテーマ(Twenty Twenty-One)のスタイルの影響でかなり大きく表示されてしまいますが、これは後でテーマを変更すれば変わりますので、まずは気にせず入力しましょう。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

つづいてその下に本文入力欄([文章を入力、または/でブロックを選択]と文字が表示されている箇所)にカーソルを合わせ、自由に文章を書いていきましょう。

このとき、改行するとかなり上下のスペースが空くことに気づくはずです。これはただの改行ではなく、リターンキーの押下とともに新しい段落が作られたためです。段落を分けずに改行をしたい場合はシフトキーを押しながらリターンキーを押す必要があります。注意してください。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

さて、いくつか段落をつくってみてから、書いた文章をドラッグして選択してみてください。それぞれの段落が矩形で囲まれている様子になります。この一つひとつが段落ブロックと呼ばれるブロックになっています。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

このように、ブロックエディタは段落ブロックをはじめとする様々な種類のブロックを縦に積み上げることでコンテンツを構成するエディタなのです。

見出しブロックへの変換

次は段落ブロックを見出しブロックに変えてみることにしましょう。変更したい段落ブロックにマウスオーバーすると、上にブロックのコントロールが表示されます。「¶(段落記号)」を押してください。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

するとブロックタイプを変換するコンテキストメニューが表示されます。[見出し]を押してください。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

するとこのように段落ブロックが見出しブロックに変換され、見出し文字が大きく表示されました。

見出しや段落のブロックコントロールからは見出しの種別や、ブロックの幅、文字揃えなど様々な設定を変更することができるようになっています。またここからブロックの並べ替えをおこなうこともできます。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

画像の挿入

次に画像を挿入してみます。これには画像ブロックを利用します。本文の一番下でリターンキーを押し、新しいブロックを作ります。これにマウスオーバーすると右側に[+]ボタンが表示されるので、これを押してみましょう。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

ブロックの挿入メニューが表示されます。ここから画像ブロックを選択すればいいのですが、試しに一番下の[すべて表示]を押してみてください。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

すると画面左に現在利用できるすべてのブロックが並んだペインが表示されます。ここから画像ブロックを選択してみてください。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

画像ブロックが挿入されました。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

このブロックに任意の画像をドラッグ&ドロップすると、画像が挿入されます。[アップロード]ボタンを押して、OSのファイルエクスプローラから任意のファイルを指定することもできます。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

先ほど確認したように、画像の他にもWordPressのブロックエディタには様々なブロックが用意されています。少し凝ったレイアウトに用いる「カラム」や、複数のブロックをまとめて背景色などで装飾ができる「グループ」など、便利なものもたくさんありますので、ぜひ試しにさわってみてください。

アップロードされた画像ファイルは管理メニュー[メディア]の中に保存されます。一度アップロードした画像は複数の箇所で使い回すことができます。

記事を公開しよう

記事を公開してみましょう。画面右上にある[公開]ボタンを押すと、画面右に公開前チェックウィンドウが表示されます。ここでは記事の公開状態(公開・非公開・パスワード保護)や公開日時などを設定することができます。今回はデフォルトのまま、[公開]ボタンを押してください。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

これで記事が公開されました。

パーマリンク設定でパーマリンクを「投稿名」ベースにしている場合、日本語のタイトルを含んだURLが「投稿のアドレス」として表示されています。このままではURLが日本語まじりのものになるため、これを変更しましょう。画面右上の歯車のアイコンを押し、記事設定ウィンドウを表示します。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

[パーマリンク]→[URLスラッグ]を任意の文字列に変更します。半角英数文字を指定するとよいでしょう。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

画面右上[更新]を押して投稿を更新します。これで記事は完成です。

サンプル記事を削除しよう

投稿の編集画面左上にある「WordPressロゴ」を押すと、投稿の一覧画面に戻ることができます。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

ここでサンプル記事は消しておきましょう。サンプル記事「Hello! World!」にマウスオーバーするとメニューが表示されますので、[ゴミ箱へ移動]を押すと、この投稿はゴミ箱に移動されます。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

投稿一覧の上部に[ゴミ箱]を押してゴミ箱に入った投稿の一覧画面に移動します。[ゴミ箱を空にする]を押せば、完全に投稿は削除されます。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

以上、今回はWordPressのインストールから記事の作成までを解説しました。次回はいよいよ最終回、テーマの変更やプラグインの導入、WordPressのセキュリティを強化するための施策などをお教えします!


提供・さくマガ(「やりたいこと」を「できる」に変えるWEBマガジン)

【こちらの記事も読まれています】
生産性向上の方法とは? 3つの具体的施策と2社の成功事例から考える
男性の育休について、男性育児休業取得率から考える
ブラック企業ものがたり。アンガーマネジメントを全て間違えてた課長
フレックスタイム制とは? さくらインターネットでの導入事例を紹介
パラレルキャリアとは? パラレルキャリアのメリットや実践での注意点を解説