こんにちは。ウェブデザイナーの深沢幸治郎(@kojirofukazawa)です。

前回の記事では、WordPressの特長と、サーバ・ドメインを準備するまでの手順を解説しました。

WordPress基礎知識 特長とサーバ・ドメイン準備についてやさしく解説

今回はいよいよレンタルサーバにWordPressをインストールし、実際に操作して記事を1つ投稿してみることにしましょう!

レンタルサーバのWordPressインストール機能を使おう

前回の記事でも案内しましたが、レンタルサーバの中にはWordPressを管理画面から簡単にインストールしてくれる機能がついているものがあります。もちろんこの「さくマガ」を提供しているさくらインターネットのさくらのレンタルサーバもそのひとつです。

本来、WordPressのインストールには下記の手順を踏む必要があります。

  1. WordPress.orgから最新のWordPress本体ファイルをダウンロードする
  2. レンタルサーバの管理画面からWordPressで利用する新しいデータベースを作成、そのデータベース用の名前とユーザ名、パスワードを控える
  3. ダウンロードしたWordPress本体の中にあるwp-config.phpという設定ファイルに先ほど控えたデータベースへのアクセス情報を入力・上書き保存する
  4. FTPクライアントで、WordPress本体を利用したいサーバ領域にアップロードする

慣れてしまえば手動であっても大した手間ではありませんが、簡単インストール機能をつかえばWordPress設定ファイルの編集やWordPress本体のアップロードなどの煩雑な作業が必要なくなります。

なにより、WordPress本体ファイルそれぞれへのアクセス権限の設定など、セキュリティにまつわる設定もサーバごとに最適なものとなるため筆者は断然、簡単インストール機能を利用することをオススメします。

今回はさくらのレンタルサーバでの手順を例に、WordPressのインストールに挑戦してみましょう。

WordPressのクイックインストール手順

サーバコントロールパネルにログインします。サーバに紐づけたドメイン名とパスワード(申込時に送られたメールに記載されています)を入力し[ログイン]ボタンを押します。

※サーバコントロールパネルには さくらインターネット会員メニューの[契約中のサービス一覧]からもアクセスすることができます。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=▲さくらのレンタルサーバのコントロールパネル、『さくマガ』より引用)

データベースの作成

さくらのレンタルサーバを初めて使う場合は、まずデータベースの設定と作成からおこないます。

コントロールパネル左メニュー[WEBサイト/データ]→[データベース]に進みます。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

[新規追加]を押します。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

作成するデータベースの情報を入力していきます。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

データベースバージョン

デフォルト(記事作成時点では5.7)のままで構いません。

データベース名

レンタルサーバの初期ドメインにつかわれたユーザ名文字列が頭につくルールになっていますが、その後ろはお好きに名付けることができます(半角英数小文字のみを使用してください)。「wordpress」のようなものでいいですし、このサーバで他にWordPressサイトをつくるつもりであれば利用サイト名を識別しやすい名前でもいいでしょう。

データベース接続用パスワード

WordPressからデータベースに接続する際に必要になるパスワードを設定し、控えておきます(このあとすぐに入力します)。

パスワードは覚えやすい単純なもの(例えば単一の英単語やお名前・生年月日など)にはしないでください。第三者にデータベースにアクセスされると、サイト内容の改ざん・悪意のあるプログラムの埋め込みなどをおこなわれる恐れがあります。

また、さくらのレンタルサーバではデータベースを複数作成することができますが、パスワードはすべてのデータベース共通のものになります。

データベース文字コード

これはデフォルト[UTF-8 (utf8mb4)]のままとします。

設定値を入力したら[作成する]を押し、データベース作成を完了します。

WordPressのクイックインストール

コントロールパネル左メニュー[WEBサイト/データ]→[クイックインストール]に進みます。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

[WordPress]のブロックにある[新規追加]を押し、[WordPressのインストール]画面に進みます。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

これからインストールするWordPressの情報を下のように入力していきます。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

インストールURL

WordPressをインストールしたいURLを選択します。もしもここに希望のURLがない場合はドメインとサーバの紐づけがうまくいっていませんので、サーバコントロールパネルからドメインの設定を見直してください。

[サブディレクトリにインストールする]は、サーバ上のあなたが利用しているドメイン領域下にWordPress以外のファイルなどを配置したい場合などに利用しますが、今回はチェックしなくてよいでしょう。

利用データベース

新しいWordPressサイトが利用するデータベースを選択します。さきほどつくった新しいデータベースを選択してください(ここにある[データベース作成]からデータベースを新規作成することもできます)。

データベース接続パスワード

先ほど作成したデータベースの接続パスワードを入力します。

テーブルの接頭語

あなたのWordPressサイトの情報を格納するデータベースのテーブル名に割り当てられるランダムな文字列が入っています。デフォルトのままで構いません。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

サイトのタイトル

あなたがつくるブログのタイトルを入力します。これはインストール後でも変更できますので、思いつかないなら空欄のままでも構いません(空欄だと「untitled」という名前がつきます)。

WordPressユーザー名

あなたのWordPressサイトへのログインに利用するID(半角英数文字列)を入力します。これは後から変更することができませんので、気をつけてください。

WordPressパスワード

あなたのWordPressサイトへのログインに利用するパスワードです。データベース接続パスワードと同じく、単純で短い文字列にせず、できるだけ文字数が多い(少なくとも12文字以上)ものを強く推奨します。また他サービスで利用しているパスワードを使い回さないようにしてください。WordPressの不正アクセスのおもなルートは単純にログインパスワードを破られることです。強固なパスワード※にし、確実に控えておくことをおすすめします。

※さくらのレンタルサーバの場合、「大文字と小文字を含めた英字/数字/記号を組合わせた12文字以上32文字以内」とかなり強固なパスワードにするための入力制限がかかっています。

メールアドレス

あなたが確認しやすいメールアドレスを入力しておきます。WordPressサイトの異常や自動アップデートの報告などは、このメールアドレスに送られることになります。

検索エンジンでの表示

新しくつくられるWordPressサイトを一時的にGoogleなどの検索エンジンにインデックスさせたくない場合はチェックをつけます。すぐにブログを運用するのでなく、しばらく準備が必要な場合などに利用します。ひとまずチェックをつけておきましょう。もちろんこの設定はインストール後に変更できます。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)

ライセンス・利用規約

確認し、[同意]にチェックをつけます。

最後に[作成する]を押せば、[インストール済みパッケージ一覧]というページに移動します。あなたが先ほど設定したサイトの情報が見つかったら無事インストールは完了しています。

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=▲インストール済みパッケージ一覧に表示されるWordPressの情報、『さくマガ』より引用)

さっそくあなたのサイトのURL([インストール済みパッケージ一覧]の[設置先]にURLが表示されています)にブラウザからアクセスしてみましょう。無事WordPressの画面が出てくればインストール成功です。おめでとうございます!

レンタルサーバで快速スタート! WordPressサイト立ち上げの全手順
(画像=『さくマガ』より引用)