ハラミちゃん プロフィール
YouTubeを中心に活躍しているポップスピアニスト。2019年6月から「ハラミちゃん」として本格的に活動開始。「ピアノを身近な存在にする」を目標に活動している。
絶対音感、即興演奏などの特技を活かし、各地のストリートピアノ動画で人気急上昇中。2020年7月に発売した1stCDアルバム「ハラミ定食〜Streetpiano Collection〜」ではビルボード週間総合ランキング1位、オリコン週間総合ランキング2位、オリコン週間J-POP部門で1位を獲得。
2020年にはワンマンライブを都内2カ所で開催。8月には中野サンプラザで無観客ワンマンライブ・a-nation出演など活動の幅を広げている。

4歳からピアノをはじめて、6歳ごろには絶対音感を身につけていたというハラミちゃん。自身のYouTubeチャンネル登録者数は145万人、チャンネル総再生数は約3億回(取材時)にも迫ります。そんなハラミちゃんは音楽大学を卒業後、音楽とはまったく関係ない会社で働いていました。

音楽大学を卒業してから、なぜ音楽とは関係ない会社で働きはじめたのか。その後なぜYouTubeをはじめることになったのか。「やりたいことをできるに変える」心得についてオンラインで聞きました。

会社員からYouTubeをはじめようと思ったきっかけ

ーー2019年6月から本格的に活動開始され、YouTubeのチャンネル登録者数が140万人超え(取材時)とすごい勢いで増えています。まずはYouTubeをはじめようと思ったきっかけと名前の由来について教えてください。

1年半前までは会社員でした。ただ、仕事をしていくうちに体調を崩してしまい、休職してお家にこもっていたんです。それで心配してくれた先輩が連れ出してくれて、ストリートピアノに出会いました。ちなみに、その連れ出してくれた先輩がいまマネージャーをしてくれています。

最初はYouTubeのことを考えずにピアノを弾いていたんです。それを先輩が撮影していて、ノリでYouTubeにアップしました。たくさんの方に見ていただけて驚きましたね。

名前は、チャンネルを開設するときに名前を決める必要があり、お肉の「ハラミ」が好きだからという理由と、親しみやすさを込めて「ハラミちゃん」に決めました。先輩と焼き肉ランチを食べた帰りに決めたんです。とても気に入っています。

ーー音楽大学から一般企業に就職しようと思ったのはどうしてでしょうか?

音大に通っているときに二つの挫折を味わいました。一つは、自分よりもはるかに音楽に対する愛情が深い人たちに出会ってしまったこと。休み時間にもピアノのことをずっと考えていて、ピアノのそばで寝ているような人がいるんです。そういう人たちと、ピアノの世界で戦っていくことを諦めてしまいました。

もう一つは、音大以外の大学の学生も参加できるインカレサークルに参加しているときの話です。私は音大に入ってピアノ一本でやっているのに、そのサークルに通っている人たちは勉強もできて、運動もできて、オシャレもしています。それなのに演奏も自分と同じくらいうまいんですよ。

それを見たときに、「自分ってなにをやっているんだろう」「自分のピアノは趣味のレベルなのかな」という気持ちになりました。

それでピアノの世界でやっていくことに不安を感じ、ここからはセカンドライフを歩もうと思って一般企業に進む道を選びました。

自己分析をすることが大事

ーー先ほどのお話のなかにもありましたが、ハラミちゃんは体調を崩して仕事を休職することになりました。現在同じような状況にある方に向けてアドバイスをいただきたいです。

「自分を知ること」が大事だと思います。就職するときにも自己分析をする人が多いと思うんですけど、学生のときに考えた自己分析と社会に出て働いてから考える自己分析は違ってきます。

私は体調を崩して休職していた期間に、ノート1冊分に自分のことを書いたり、いろいろな本を読んだりして、自分がどういう人なのかを細かく知ることができました。

そのときに自分はどうなりたいのか? と考えると「幸せになりたい」だったんです。「幸せ」ってなんだろう? と考えたときに人にピアノを聞いてもらうことが幸せだし、それによって自分が笑顔になれると気づきました。それがいまの活動につながっています。

これには原体験があります。小学生時代に音楽授業の前後に、同級生からリクエストを聞いてピアノを弾いていたんです。みんな笑って喜んでくれて幸せでした。ストリートピアノにはじめて挑戦したときも、小学生時代の経験を思い出しましたね。

一回立ち止まって、あらためて「自分ってどういう人間だろう?」「自分が死ぬときに後悔しない生き方ってなんだろう?」と考えることが大事だと思います。

ハラミちゃん「自分のやりたいことをやることが、幸せになる結論」
(画像=『さくマガ』より引用)

ーー自己分析されている、ということでうかがいます。YouTubeでもピアノを弾いている方がたくさんいますが、そうした方たちと比べて、ご自身の強みは何だと思いますか?

原曲の良さをちゃんと伝えることを大事にしています。そこが、ほかの方と比べると強みになると思います。

私のモットーとして、自分が主役になるというよりも曲が主役になるように意識していますね。なので、あまり大きくアレンジしないようにしています。私は「曲」というコンテンツが好きで、どうしてこの曲が生まれたのかとか、背景を考察するのがすごく好きです。アーティストの方が大切に作った原曲へのリスペクトを残したままのほうが美しいと思っています。

原曲の良さやメッセージを受け取って、それを私がピアノで発信するイメージですね。