前回の記事では、ジェンダー研究者の上野千鶴子さんに、「#わきまえない女」ムーブメントの背景にある日本の女性が置かれている現状について解説してもらった。

今回は、引き続き上野さんに、これからの時代の女性の働き方について相談。幸せに「長く働く」を実現するために大事なことを聞いた。

「好きを仕事に」なんて、誰が言ったの?

上野千鶴子が“好きを仕事に”を勧めない明白な理由「仕事とは何か。基本的なことが分かってない」
(画像=『Woman type』より引用)

今、長く働き続けていくためには、「好きなことを仕事にしましょう」と言う人が増えているようだけど、誰がそんなことを言い始めたんですか……?

私は「好きを仕事に」というフレーズには懐疑的ですね。まずは、「稼ぐ力を身に付けて」と若い女性たちには言っておきたい。

なぜなら、経済力は自由の最低条件だからです。自由であることは、幸せに生きるための非常に重要な要素。行きたいところに行ったり、食べたいものを食べたり、皆さんが自由に、幸せに生きるには、自分がそうできるだけの「稼ぐ力」が必要です。

仕事っていうのはね、生きていくために稼ぐ手段のことなんですよ。稼ぐには、誰かから必要とされ、役に立つことが欠かせません。これって、すごく基本的なことでしょ?

好きなことっていうのは、自分が自由に生きていけるだけの報酬を得られることを前提に、よそでいくらでもやればいい。でも、そうじゃないのに「好きなこと探し」だけしているのなら、ちょっと夢を見過ぎかも。

働くとは何か、仕事をすることの本質とは何か、そういう基本的なところを蔑ろにして「好きを仕事に」というフレーズに踊らされてしまうのは、危険です。

では、稼ぐ力を身に付けて、これから先の人生を自由に生きていくためにはどうすればいいのか。簡単なことです。人の役に立つスキルを身に付けましょう。

上野千鶴子が“好きを仕事に”を勧めない明白な理由「仕事とは何か。基本的なことが分かってない」
(画像=『Woman type』より引用)

スキルは何でもいいんですよ。語学、法律、営業、デザイン、販売、医療、マッサージ、ヘルスケア……例をあげればきりがありませんが、大切なのは、スキルを使ってあなたが生きていくのに十分な収入を得ることです。

中には、「好きなことを仕事にできていない」「やりたいことがない」と悩む人も多いと聞きます。でも、そんなことに悩む必要は一切ありません。

それは、これまでお話ししてきた通り、仕事は第一に、生きていくための手段だからです。

偶然出会った仕事でも、その仕事をあとから「好き」になることはできますし、それが「やりたいこと」になることも可能です。

なぜなら人の役に立って、それが評価され、対価を支払われるという経験は手応えがありますし、自己評価を上げるからです。

『あなたの会社、その働き方は幸せですか?』(祥伝社)の対談の中で、出口さんは「流されて生きてきた」と仰っていますし、私も教師になったのは偶然の要因が大きいですね。

自己投資を惜しまずに。陳腐化しないスキルを磨き続けて

また、コロナ禍の影響で、働き方がますます多様化していますね。どんな風に仕事をしていくか、見つめ直した人も多いのではないでしょうか。

例えば、ギグエコノミー(※)も、コロナ禍でさらに浸透した印象です。近年、案件単位で仕事の発注を受けて納品するギグワーカーが増えています。これは、政府も奨励しているものです。

(※)インターネットを通じて単発の仕事を受注する働き方や、オンライン上のプラットフォーム等を通じて短期的な労働がおこなわれる市場のこと

こうした案件ベースの働き方においては、労働の成果物にジェンダーは刻印されません。きちんとアウトプットさえ出せばいいので、ギグエコノミーの中で、性別による賃金や評価の格差が縮まる可能性は大いにあると思います。

上野千鶴子が“好きを仕事に”を勧めない明白な理由「仕事とは何か。基本的なことが分かってない」
(画像=『Woman type』より引用)

ただ、変化が起きる際には、良い面だけでなく悪い面もあります。会社に雇われずに働く場合、成果物の質が低ければ、仕事を継続的に得られる保証はどこにもありません。

時間や場所に縛られない自由な働き方に魅力を感じるかもしれませんが、発注者に買いたたかれて、安い労働力としてこき使われてしまう可能性もあります。ギグワーカーは組織化されないので、発注者との交渉力も持ちにくい。結果、使い捨ての労働力になる怖れもあります。

どんな働き方を選んだとしても、生活するのに十分な報酬を継続的に得ていくためには、「人の役に立つためのスキル」を磨き続けていく必要があります。

では、皆さんは仕事で使えるスキルを磨くために、自己投資をしていますか?

美容やファッション、趣味にはお金を使うけれど、「稼ぐためのスキル」を磨くために自己投資をしている20~30代の女性はどのくらいいるでしょうか。「女子力」に投資するより、「稼ぐ力」に対する自己投資をしたほうがよいでしょう。

女性たちは、自分たちのことを「人的資本」だと自覚してこなかったんだと思います。でも、ようやく社会の側も女性が使えることに気付き始めているようですね。

これからの時代、長く働き続けるために必要なのは、陳腐化しないスキルを磨き続けるための自己投資です。時代の変化を読み、この先も「稼ぐ力」として使えるスキルをしっかり身に付けていきましょう。