常に笑顔でのほほんとした雰囲気で人生を楽しんでいる楽天的な人は、誰が見てもハッピーそうですよね。暗い顔をしていることが多い人にとってはそんな輝かしい表情をしている人は羨ましく感じます。そこで今回はそんな楽天的な人についてと性格などをご紹介します。

人生を謳歌!楽天的な思考で生きる人

一人一人異なる人生はなるべくなら楽しく過ごしていきたいですよね。ニコニコとした笑顔でいられる状況や環境というのは誰もが望む環境です。しかし、人生は谷あり苦ありと言うように楽しいことばかりではありません。

時には苦しい思考やネガティブな思考で事を考えざるを得ない時も訪れます。数々のピンチや困難を潜り抜けてきたといってもあと何度襲ってくるのか分からない崖の淵に立たされる状態は精神的にも肉体的にも疲労困憊になってしまいます。慎重に人生を生きてきた人ほど大らかで楽天的、そして過度に考えすぎる思考から脱却したいと考えているでしょう。

しかし、楽天的という言葉に似た楽観的という言葉も存在します。違いがはっきりせず、どちらが良い意味での正しい言葉なのか分からないといった人もいますよね。楽観的の方が何となく物事を要領良くこなしそうな印象を受けますが、実際のところはどうなのでしょうか。

楽観的・楽天的の意味や違いとは?

日々楽しそうに暮らしている楽天的な人ですが、自分のことを楽天的と言う人や楽観的が長所だと言う人がいます。確かに大らかな性格や思考が全面に出ているそんな人たちは楽天的な部分は長所だと言えるでしょう。しかし、言う人によっては楽天的と楽観的の二つの言葉にして表現する人に分かれますが、その違いは何にあるのでしょうか。

一文字の違いだけでほぼ同様の意味をイメージさせる「楽天的」と「楽観的」という言葉。違いが分かりづらく、混合して使用している人も多いことでしょう。そんな楽天的と楽観的の違いはまず、楽天的の意味には「前向きにポジティブに物事を乗り越えていく思考」という意味が含まれています。一方で楽観的の意味には「人生何とかなる精神であまり物事を深く考えない思考」という意味が含まれているため、実は違いがあります。

どちらも同じ意味がありそうですが、違いは明確ですよね。楽天的は意味に前向きで明るく乗り越えようとする力強さを感じますが、楽観的は問題点を軽視するか全くの無視をする状態で時間が経てばなんとかなるだろうという根拠のない思考をしている様子が伺えます。

そのため、意味合いでは楽観的よりも楽天的という言葉を使った方が意味を知っている人にとっては良いイメージを与えられるでしょう。楽観的の方が印象が良いように捉えられ、字も一文字しか違いがないため分かりにくい言葉ではありますが、的確に違いを把握し、意味も一緒に知っておくと真の楽天的を目指せるでしょう。

楽天的な人は困難に負けない精神力を持つ

楽天的な人は身近にいると大らかで包容力や器の大きさを肌で感じることができます。周囲にいる人がそんな器の大きさを雰囲気で感じることができるほどですから、それだけ楽天的な人は多くの人にプラスの感情や思考を与えます。切羽詰っている状況に置かれると多くの人が様々なことをグルグルと考えてしまい、頭がパニックになってしまいますが、楽天的な人は一味違い、どんなに大きな問題に直面しても困難に負けない強い精神力を持つことで並大抵のことでは動じません。

日本人は元々の性格上、慎重派をモットーに行動する人が多く、何か問題が発生するとパニックに陥るタイプも少なくない人種です。冷静にその場を切り抜けなければいけないという偽の余裕は誰しもが本当はしたくないことですが、社会に出れば強制的にそんな精神的に辛いことばかりを求められます。

そんな毎日精神を擦り減らせている人がいる一方で、楽天的な人は人生はゲームくらいの考えで肩の力を抜いた状態で暮らしていることで問題を解決するまでの道筋を様々なルートで考えられるのです。楽天的な人は精神を擦り減らせている人から見ると余裕があり、いかにも大人の道を歩んでいるように見える魅力があります。

楽天的な人の性格

楽天的な人の性格は非常に周囲の人たちに羨ましがられる性格をしていると言えます。一般的な人は自分の悪口や陰口などの批判的な意見を真っ向から受けると、意味や根拠もなく聞く耳を持たずに批判し返すなどの行動を取ってしまいますが、楽天的な人は自分の評価を悪く言われたからと言っても、長い期間思い悩むような思考はしない性格をしています。

自分のことを悪く評価されたとしても、「よそはよそ。うちはうち。」という思考を持っているため、批判されることがそこまで大きな問題ではないと感じています。そのため、周囲からは精神面が強い人間なのだという見方をされ、見ている人は楽天的な人を良い方向に評価するようになります。

また、楽天的な人は困難にぶつかっても冷静に考え、ある程度の自分が決めた時間内で答えを出します。深く考えすぎても自分の体力や気力が奪われることを熟知している性格でもあるため、肩の力を抜いての暮らしは様々な道に歩めるための思考を潰さないのです。

「自分には明るい未来が待っている」という思考や、「一つ一つの問題をその時に解決していけば良い」という前向きでポジィティブな思考である楽天的な人は、人生をハードだとは感じていないのです。

楽天的な人の暮らしは楽しいことばかり!

楽天的な人が苦手や嫌いとしているものは負の道に突き進むことです。しかし、実際にそんな場面に直面したとしても、自分に実害がなければ良いと考えている楽天的な人は人生を可能な限り謳歌し、実りのある充実したものに変えていく大きな力を持っています。

人生は人によって様々な道があり、産まれてからこの世を去るまで選択の連続です。自分が好み、信じた道であっても時に残酷な体験や想いをすることがあるでしょう。一人の人が選んだ道がその人がこれから先歩んでいくことになる人生と言えますが、楽天的な人は自分を信じる力も強く持っているため、「自分が選んだ道なのだから最高に楽しまなきゃ損だ」という思考で日々の暮らしを楽しんでいます。

楽天的になりたい多くの人たち

楽天的な性格や思考を持つ人はどのような環境に遭遇しても回避できそうな力や、この社会を生きにくいと感じている人たちの希望の光でしょう。暗い表情はほとんどせず、楽天的な人が暗い表情をしている誰かの手を取ってリードしていく訳ですから、ネガティブ思考の人には尚更、羨望の眼差しで「自分もあぁなりたい」と思い始めます。

自分の意見を言うことをせず、喉まで出かかっているその意見は発信しなければ何の効力も発揮しません。しかし、社会に生きる多くの人たちは言いたいことも言えない息苦しい環境でじっと自分に課せられた仕事を遂行することだけを目標に生きている状態です。

ストレス社会と叫ばれている現代では一切のストレスを回避することはほぼ不可能に近いことですが、楽天的な人はそんな多大なストレスの裏と表の位置を把握し、バランス良く調整していくことで上手に人生をコントロールしているのです。

人は成人になり、大人と呼ばれる年齢になれば強制的にそのレベルに見合った基準に達することを求められます。そこでもしも、その基準から外れでもすれば周囲からは異様な目線を浴びせられるでしょう。お互いを深く知らない間柄では先入観が先走ってしまうため仕方のないことなのですが、楽天的な人はそんな決められた型を全く意識せず、自分の価値観をしっかりと持っていることで周りに流されることなく、自分という一人の人間を確立し続けていくことができます。

楽天的な人は無意識に壁を乗り越える

上記でも触れたピンチを解決する力や前向きに物事を見る楽天的な人は意識してそういった思考や性格を作っているのではありません。慎重で対応し切れないことがあるとどうして良いのか分からなくなってしまう人から見ると、意識して自分を良い方向に変えていっているのではないかと捉えられがちですが、楽天的な人は無意識にそれらの思考を基礎として様々なことを考えていきます。

身近に楽天的な思考や性格の人がいるという人はご存じかもしれませんが、楽天的な人に相談するとふっと肩の力が抜けるような返答が返ってきます。例えば仕事場で嫌な人がいるといった対人関係の問題であれば「付き合うのをやめたら良いよ」や、「無理なものは無理だよ」といった単純でありながらも、まず口に出せないような真っ直ぐな返しをします。

しかし、楽天的な人はそれらの返答を適当にしているのではなく、その後も自分の思考や考えを惜しむことなくさらけ出してくれます。フォローやアドバイスも忘れることない姿勢は楽天的な人が行う人情の強さでもあるでしょう。