特に女性に人気の占いですが、信じる人信じない人多種多様です。占いのいいところだけ信じて悪いところには耳を貸さないという人もいますよね。信じるも信じないも本人次第ではありますが、では敢えて信じないと言い切る人はどんな心理なのでしょう。両極端な2パターンとは?

何故女性に占い好きが多いのか

好きな人は自分でタロット占いなどの様々な占いに凝ってしまうことでしょう。占い好きな人の特徴で、ハマる人は何故そこまでハマってしまうのか、興味のない人からすると不思議でなりませんよね。そんな心理や特徴を紐解いていきましょう。

占いを信じる人の特徴・心理は?逆に信じない人はどう?
(画像=『Lovely』より引用)

占いを信じる人のタイプ

占いを信じる人の特徴とは

占いを信じる人は、基本ピュアな人が多いように見受けられますね。誰かの言葉が、すんなり心に入ってくるのでしょう。そして、あまり人を疑うといったことをしないのかもしれませんね。それはとても素晴らしいことで、誰からも好かれる要素のひとつだと言えるでしょう。そういう疑うことを知らない心理が、占いを信じるベースとなっているのではないでしょうか。

物事を素直に受け入れる心理が、当たり前のように占いを信じることに繋がり、占いにどんどんのめり込んでいってしまうのでしょう。自分にとっていいことも悪いことも受け入れてしまうので、少々面倒なこともありそうですが、占いを信じる人にとっては、面倒なことよりも占いを無視することのほうがよほど気がかりとなってしまうようです。

占いを信じない人のタイプ

信じない人の特徴とは

占いを信じない人の特徴としてまず挙げられるのが、自分にある程度自信があり、自分の道は自分で決めることが当たり前になっているのですね。他人の意見はもちろん聞くでしょうが、自分の意見や意志を持ったうえで他人の意見も聞く、といった感じです。

心理的に他人の意見に左右されにくいタイプで、何事も自分で解決していく人ですね。他人の助けを借りるよりも、自分でやった方が納得がいくのでしょう。このタイプの人は、占いを信じて、それに左右されるなんていうことは理解できないでしょうね。それだけ意志の強さを兼ね備えています。

信じる者は救われる?

占いを信じる人の素晴らしい面

先程も述べた通り、信じる人はピュアで他人の意見を柔軟に取り入れるタイプの人が多いですね。心理としては、子どもの頃のまま、ひねくれずに大人になり、他人を騙したりすることを考えもしないのでしょう。

そして占いを信じる人というのは、ラッキーカラーやラッキーアイテムに翻弄されますが、本人はそれを楽しむ余裕がありますよね。そのような心の余裕が、占いを信じて自分にとっていい方向に繋がっていくのでしょう。

でも、複数の占いを目にし、それぞれのラッキーカラーやラッキーアイテム、ラッキーデーなどを信じていれば、膨大な数になり、月の半分はラッキーデーとなってしまうでしょう。しかし、占いを信じる人にとっては、月の半分がラッキーに過ごせると信じるわけですから、考えようによってはとても羨ましいことですよね。 「今日はいいことがありそう」と思える朝が多い分、とても前向きに過ごせるはずです。占いを信じるのも悪くはないのです。

占いを信じない人は強いのか?

果たしてその心理とは

占いを信じない人の大きな特徴として、疑い深いということが挙げられるでしょう。疑い深いのは決して悪いことではなく、自分の目できちんと判断するということです。噂話を頭から信じることもせず、自分の目で確かめ、自分の信じる道を行く強さを持っていますね。 交友関係においても、大人数でつるむよりは、わかりあえる相手と深く付き合うことを選ぶタイプです。友達が多くなくても、その深さで補えているはずですね。

自分の意思をしっかりと持つことは素晴らしいことです。フラフラと周囲に流されないことは、生きる上で必要なことで、周囲から頼られる存在でしょう。そのぶん、敵も増やしてしまいがちではありますが、周囲に翻弄されて嫌な思いをするよりはよほど納得のいく結果が出るのではないでしょうか。

占いを信じるという女性心理

占いのページを見てキャッキャッと楽しそうに話している女性は、とても可愛らしくいかにも女性的な空気をまとっていますよね。女性は女性らしくありたい、女性としての魅力を引き出したい、そんな心理が働いているのも事実でしょう。客観的に自分を見たとき、より女性らしくありたいという心理が働いているものです。

自分を客観的に見ることができるというのは一つの才能で、自分をより高めるためには不可欠なものでもあります。悪い言い方をすれば、占いを信じる自分に酔っている面もありがちですが、それが自分の幸せに繋がるのですから、決して悪いことではないのです。

占いを信じることでプラスになることとは

占いは、言わば自己暗示です。「今日は赤いものを持っていればいいことが起きる」と信じて持っていれば、起こったことをいい方に解釈し、占いで言っていたことと繋げて考えてしまうのです。しかし、物事をいい方向に考えるということは、それだけ「いいこと」が増えるわけですから、こんなに幸せなことはありませんよね。 占いを信じる人には、出来事をより幸せに感じられるパワーがあると言えるのではないでしょうか。