短いまつげ、細いまつげにお悩みの方も少なくないはず、出来ることな伸ばしたい!伸ばす方法を知りたい!そんな女性にお役立ちの、まつげを伸ばす方法をご紹介します。まずは自分の出来ることから、まつげを伸ばす方法を実践していきましょう!

まつげを伸ばす方法を知りたいあなたへ

美しくてきれいなまつ毛はそれだけで目を大きく見せてくれたり、美しさを底上げしてくれますよね。 一方でまつげが短い!まつげ手入れをしているのに伸びない!まつげが伸びないからつけまつげやまつげエクステに頼ってしまう!といったお悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。 この記事では、まつげを痛めてしまう原因の解説や、どう頑張ってもまつげの毛根力がたりない!という女性にできるだけまつげを伸ばすことが出来る体作りの紹介をおこなっていきます。 さらにまつげの美容液やニベアクリームを塗るといった方法、近年話題になっているまつげを伸ばす為には緑内障の目薬を差すといったことへも少々触れています。

まつげを伸ばす努力をしているのになかなか伸びない方、健康的なまつげの伸ばす方法を知りたい方はぜひご一読下さい。

まつげを伸ばす体の仕組み

まず、まつげを伸ばす仕組みですが、これは人の体の毛根に共通して言えることです。 毛根には、大きく分けて3つのステップが存在し休止期・成長期・退行期が存在するのです。そして休止期の時には毛根が映える準備を体のなかで整えています。どんどん成長して皮膚から見えるようになる時にはすでに成長期・そして伸ばす作業を終えて退行期に入るとビューラーなどで引っ張った時、つけまつげをはずすときなどに糊と一緒にくっつして抜けてしまうのです。

さらに、人の体毛は表面として見えるのは約30%がせいぜいだと言われています。つまりのこりの70%はまだ体内で眠っている状態です。

そう考えると、健やかなまつげを伸ばす方法として考えられるのは今あるまつげを抜けないようにケアすること、さらに休止期にはいっているまつげ毛根をできるだけ健やかな状態に導いて太く長いまつげを生やす環境を整えてあげることだと言えるでしょう。

まつげを伸ばすのに一番早いのはコレ

まつげに直接働きかけるまつげ美容液はまつ育の中でも最も効果が見込めるのは間違いありません。 しかし、まつげ美容液ってかなり出回ってますよね。 その中からどれがいいのか選ぶのって実は難しいことかもしれません。

そこで、Lovely編集部員愛用の一番効果がったものを紹介します! 販売から10年ほど経ってもまだ人気で実績豊富のエマーキットなら自信を持っておすすめできますので、まつげ伸ばしたいならお試しください。

まつげを傷める原因① アイメイク

まずは、まつげを伸ばす妨げになってしまう原因からご紹介します。一つ目はアイメイク。 アイメイクは、どうしてもまつげを伸ばす妨げ行為をこれでもかと行ってしまう方法です。

メイクの手順を思い出して下さい。まずはアイホールにしっかりとアイシャドウを重ね塗りし、アイラインを引いてまつげの間の毛穴を埋めます。

さらに、つけまつげをされる方は糊で地まつげの毛穴にさらに蓋をします。そして追い打ちをかけるようにホットビューラーでまつ毛を熱しながら水分を奪い取りつつカールさせ、場合によってはマスカラを塗ります。 こうして文章に起こすと、いかにアイメイクがまつげが伸びる妨げになっているのか、身に染みてわかります。

さらに、アイメイクを落とすときも、メイクオフの化粧品を使って丁寧に手をかけてメイクオフが面倒な日もありますね。そういった時はオイルやクリームを使わずにメイクをクイックオフできる化粧品を使ってパパッとメイクオフした記憶はありませんか。

つけまつげも面倒だからべりべりっとして化粧品にピタリ。なんてしていませんか。その動作一つ一つが、否全てがまつげを傷めつけて伸ばす妨げとなってしまっているのです。

まつげを傷める原因② 乱れた生活習慣

まつげを傷める原因の二つ目は乱れた生活習慣があげられます。 先ほどご紹介したように、表面に見えている体毛は約30%です。のこりの70%はこれから生えてくる毛。もちろんまつげも例外ではありません。 そんなまつげが健やかに伸びる体内環境が整わないような乱れた生活習慣を行っていれば、おのずと毛根も細く、弱く、伸びてくる速さも遅いうえにすぐ抜けてくるまつげになってしまうのです。

乱れた生活習慣と言えば、たとえば生活リズムが不規則であったり、食べ物の好き嫌いが激しく変色気味である。 過度なアルコールを毎日飲む習慣がある、たばこがどうしてもやめられなくてヘビースモーカーであるといった傾向も、身体が健やかにならない原因の一つ。 身体や細胞が健やかでない限りは、健やかなまつげが生えてくることはありません。

まつげを傷める原因③ ストレス

まつげを傷めてしまう原因の三つめはストレスです。 それも、身体の生命維持活動さえも鈍化させてしまうほどの過度なストレスも健康的な毛根を培うことができずに美しいまつげを伸ばすことができません。 家庭内での過度なストレス。仕事内での過度なストレスなどが本人を苦しめている場合も、心だけでなく体までもぼろぼろになってしまう、ストレスが体の機能にブレーキをかけてしまいます。

まつげを伸ばす方法11選!効果的な美容液はどれ?
(画像=『Lovely』より)

まつげに限らず、過度なストレスで心身共に負荷がかかると、頭髪などにも影響しますよね。髪の生える速さが遅くなったり、5円玉ハゲ、10円玉ハゲなどができたりします。 それほどに、心身的なストレスというものはまつげを含めて体毛が生える速さ、体毛が抜け落ちる速さに影響してくるものなのです。

まつげを伸ばす方法11選!効果的な美容液はどれ?
(画像=『Lovely』より引用)

まつげを伸ばす方法① 禁煙

ここからは、まつげを伸ばす為の方法や心がけていくことをご紹介していきます。 生活習慣や嗜好は一気に変えようとしても難しいですが、自分ができることからコツコツ進める努力をすれば、改善の速さは違えど、健やかで美しいまつげが生えてきてくれるでしょう。

早速ですが、一つ目は、禁煙をする・喫煙を控えるということです。タバコは体の血液の循環を悪くします。 その為体の細部の細胞にまで体の栄養素が行き届かなくなるという結果を招くのです。

身体の細部、この記事ではまつげと限定するとまつげを伸ばす為の細胞に栄養が行き届かなくなります。 そうすると、目元にあるまつげを伸ばす細胞に元気がなくなり、休止期にはいっているまつげの毛根が成長期にはいる速さが鈍化するのです。

その為、できるだけタバコを吸う本数を抑える、できれば禁煙をするという行動を続けるだけでも体の毛細血管へ栄養がきっちりといきわたり、健やかなまつ毛を伸ばす毛根を作ってくれるでしょう。

まつげを伸ばす方法② 飲酒は控える

まつげを伸ばす方法の二つ目は、アルコールの摂取を控えるということ。 こちらもタバコと同じで趣味や趣向となっている人もおおいはず。なかなかスッパリとやめるにはハードルが高い物です。その為、少しずつ量を減らしてみる、一日で飲む限りを決めて必ず守るという方法で飲酒を抑えていきましょう。

飲酒を抑えることが、なぜまつげを伸ばす結果につながるのかというと、アルコールを体で分解するときには肝臓が非常に多くのエネルギーを消費します。 その時に本来は各細胞へ届くはずだった栄養素やエネルギーまで消費してしまい、結果体を健康にするために回るはずだった栄養素が肝臓でアルコールを分解する為の栄養素に変わってしまいます。

ですので、体の栄養素は正しく各細胞へ届けてあげる体を作る必要が結果的にまつげを伸ばす方法へとつながるのです。

まつげを伸ばす方法③ 食生活の見直し

まつげを伸ばす方法の三つ目は、食生活の見直しです。 食べることは生きること。私たちの体の何兆もの細胞は日々食べるものを材料として出来上がっています。 まつげを健やかに伸ばす細胞も、そういった食べたものから出来上がっています。 それならば、体の細胞を元気にするための食生活へ改めていくことで、休止中のまつげの毛根がいざ成長期に入ったときに健やかで美しいまつげを伸ばしてくれる身体づくりをしておくにこしたことは無いのです。

毎日怒涛の速さで過ぎていく私たちの日々ですが、食事のバランスを考えるということは自分たちの体を労わることに繋がります。 出来るだけ偏食のない食事を心がけることやビタミンやミネラル等に気を使った食事をしましょう。それらの栄養素は身体の内側から美しさを作る、いわば体内の化粧品です。 どうしても摂取できない人はサプリメントにお願いしても良いでしょう。好き嫌いをせずにしっかりと食事をとって自分の体を労わってあげると、体自体が健康になり、必要な毛根をしっかりとした強さを育んでくれます。

まつげを伸ばす方法④ ストレスの解消

まつげを伸ばす方法の4つ目はストレスを解消するということ。 先述したようにストレスと毛根には深い関係がありストレスを抱えて心に強い負荷がかかり続けると頭皮に影響がでて小銭ハゲができるようにまつげという毛根にとってもけしてよい影響はありません。

その為、ストレスは順次回避・逃避・発散していくことが大切です。 突発的なイライラや怒り、感情の爆発などはストレス発散といういわゆる「遊ぶ」ことがとても大切です。 しかし、慢性的に負荷がかかっているストレスは、癒す、寝る、何も考えないといったいわゆる「休む」ことが非常に大切になってきます。 社会人になると本当にむずかしいことですが、できるだけ自分にストレスという負荷がかからない環境へ身を置くことが大切になってくるのです。言い換えてみれば心の美容液です。 局所的ではありませんが大きな視点でみると、結果的にまつげが伸びる方法へとつながります。

まつげを伸ばす方法11選!効果的な美容液はどれ?
(画像=『Lovely』より引用)

まつげを伸ばす方法⑤ 薄化粧

まつげを伸ばす方法の5つ目は、化粧をあまり濃くしないということ。つまり薄化粧で過ごしましょう。 特にまつげ周辺のメイクには要注意です。化粧品ではありませんがビューラーなどは無理やりまつげを引っ張り上に曲げる行為ですので、おのずとまつげに負担がかかります。せっかくまつげを伸ばす時期になっていた成長期の毛根も驚くべき速さで退行期へと進んでしまい、細く短いまつげしか生えてこなくなってきてしまうのです。

そのため、化粧品のなかでもアイラインやマスカラなどは要注意です。こういった目やまつげに負担を図らずともかけてしまう化粧品は、使わなくて良い日には厚化粧をしないというスタンスを心がけていきましょう。

化粧品関係の仕事についている人や、美容関係でどうしても化粧品をこってり塗ったメイクをしなくてはいけない人はお肌を休める日を作ることを心がけると良いでしょう。 特にまつげ周辺の化粧品はまつげを伸ばす準備を妨げるだけではなく、負担をかけて毛根まで傷つけてしまうものも少なくありません。 できるだけ、化粧品などを使わずにアイメイクをしない日をつることを心がけましょう。

まつげを伸ばす方法⑥ 目をこすらない

まつげを伸ばす方法の5つ目は、目をこすらないこと。 摩擦もまつげにダメージを与える大きな要因となります。そのため、メイクブラシで化粧品を乗せるためにゴシゴシとこすったりアイラインを引く為にブラシやペンシルで擦ることも、一度や二度ではなく毎日になってくると負担が大きくなります。

そのため、できるだけ目をこすらないことも、まつげを伸ばす方法としては有用な手段なのです。

さらに目をこするという好意は毎日の化粧品を落とすメイクオフのタイミングでも行われています。 比較的摩擦を少なくさせるためにオイルやクリームなどのメイクオフ化粧品を使っていても肌に負担はかかってしまうもの。 さらに、洗顔料を使う時も十分に泡立てずに顔をゴジゴジとこすってしまったら、摩擦で皮脂を落としているのも同然です。できるだけ泡立てて、優しく摩擦を掛けないように洗顔してあげましょう。 こういった日々の努力がまつげを伸ばす一番手っ取り早い方法といえます。

まつげを伸ばす方法⑦ 目薬も控える

まつげを伸ばす方法の7つ目は、目薬を控えること。 ドライアイの人やお医者様に処方されている目薬がある場合は仕方がありませんが、市販の目薬を常用している人は目薬を使用する回数を減らしてみることもまつげケアの一環です。 目薬には目を守る有効成分の他にも添加物などが沢山入ってしまいます。そのため、できるだけ目薬を差した後位は目頭や目尻にはみ出た目薬は拭き取った方がまつげへの負担は軽くなります。

どうしても目がかわいてしまう人や疲れ目がひどい方は過度に目薬を差すのではなく、定期的な目の休息を取る、パターンを変えて瞬きの回数を増やしたりする工夫をするとよいでしょう。 さらに、温タオルなども目をリラックスさせてくれるだけではなくその湯気で目を潤いしてくれますので、目薬を打ったり、目をごしごしとこするよりもずっと目にもまつげにも優しい方法といえます。