インターネットとの出会い

若い編集さんと話すと、皆さん小学生のときからインターネットに触れていて「世代が違うなぁ」と思う。私はと言えば、ネットを始めたのは高校生のとき。アラフォーの中でも早くはないほうだ。

そもそも、私が小学生の頃はパソコンが一般家庭に普及していなかった。当然、両親ともに「遅れてる」タイプの我が家にあるわけがない。私が初めてパソコンを目にしたのは小4のときだ。友達の家に大きなデスクトップパソコンがあり、友達のパパが塗り絵をさせてくれた。友達の家では、子どもが勝手にパソコンを使うのは禁止で、親の監視下でお絵かきや塗り絵をするのはOKだった。

その後Windows95が発売され、家庭用のパソコンとインターネットが爆発的に普及した……らしい。らしいと言うのは、地方在住の小学生には実感がなかったから。相変わらずクラスにはネットをしている子がいない。私たちにとってインターネットは、「なんか聞いたことのあるすごいもの」だった。

はじめて買ったパソコンは「なにがわからないかさえわからなかった」
(画像=『さくマガ』より引用)

そんなとき、インターネットを題材にしたスペシャルドラマが放送された。

堂本剛がチャットで知り合った少女に恋をするが、彼女の正体はおばあさん(森光子)で、子ども心に「なんてこと……!」と思った。※今調べたら、作中で登場人物たちがやっているのはパソコン通信だった。私はずっとインターネットだと思い込んでいた。

そのインパクトが強すぎて、長らく「インターネット」と聞くたびに森光子が脳裏に浮かんだ。同じ人、いないだろうか?

バイト代を貯めてパソコンを購入!

2000年代になると周りにもネットが普及しはじめ、高校生の私もパソコンが欲しくなった。パソコンを使ってやりたいことがあるわけではなく、漠然と憧れていたのだ。

私はミーハーで、スノーボードやギターなど、いろんなものに手を出してはすぐに投げ出してしまう。けれど、それは道具を借りていたからだ。自分のお金で道具を買えば続けられるはず。そう思い、バイト代を貯めてパソコンを買うことにした。

新聞の折り込みチラシでリサーチすると、パソコンは安くても10万円以上する(当時)。北海道の最低賃金でバイトしている身にはかなり高額だ。

それでも、通信制高校だからバイトはたくさんできたし、数ヶ月で軍資金を貯めることができた。

はじめて買ったパソコンは「なにがわからないかさえわからなかった」
(画像=『さくマガ』より引用)

いざ、念願のパソコンを買うぞ!

私は家電量販店ではなく、ダイエーの家電売り場へ赴いた。折り込みチラシで目ぼしい商品を見つけたのだ。灰色のバカでかいデスクトップパソコンで、たしか9万円くらい。古いため安くなっていた。

9万円と言えど、高校生にとってはそれまでの人生でもっとも高額な買い物だ。パソコンを自力で購入するなんて、まるで大人みたいで誇らしい。

これから始まるインターネットライフに思いを馳せ、期待で胸を躍らせた。