離乳食の2回食が順調に進み、赤ちゃんのお口の発達が確認できたら3回食への移行を考えましょう。赤ちゃんが自分で手づかみ食べができるようになると、ママ・パパはお掃除が大変という場合もありますね。フォローアップミルクの要否や3回食でよくあるトラブルなども詳しく解説します。

離乳食の3回食を始める時期は?

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

1日2回の離乳食のリズムが順調になってきたら3回食へと進めましょう。

1日3回食の時期は厚労省が定める「授乳・離乳の支援ガイド」最新版では「離乳後期」、以前は「離乳後期」「カミカミ期」などともいいました。

離乳食を始めて4~5ヶ月経った生後9~11ヶ月頃が始める目安となります。

しかし、赤ちゃんの発達には個人差があるので、月齢にとらわれず赤ちゃんの様子をみて始める時期を決めましょう。離乳食の3回食を始める目安となるサインには下記のようなものがあります。

  • 食べている間、座った姿勢を保てるようになった
  • 口を閉じてモグモグしてから飲み込んでいる
  • 歯茎でカミカミするそぶりがある
  • 食べ物に興味があり、手をのばすことがある
  • バナナくらいの指でつぶせる硬さのものが食べられる
  • 少し繊維のある野菜や鶏肉が食べられる

離乳後期(カミカミ期)の赤ちゃんの発達

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

赤ちゃんは、ママや周りの大人が食事をとる様子をお手本として、噛んで食べることを真似します。

離乳後期は口に入った食べ物を舌で左右の頬へ運んで歯茎ですり潰す咀嚼機能と、砕いた食べものを纏めて飲み込む嚥下機能を獲得する時期になります。

また、赤ちゃんが自分の手で食材を掴んで食べたがることがあります。食べ物の温度や感触を確かめることや指でつまんで自分の口へ運ぶことは、赤ちゃんが「自分で食べる」ための練習として必要なことです。

テーブルや服を汚されたり、せっかく作った離乳食を台無しにされたりと大変な時期ですが、危険のない範囲で見守ってあげましょう。

3回食は食事の楽しさを意識しよう

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

離乳食の3回食は食材を徐々に増やしていきたい時期です。食べムラや好き嫌いはあまり気にせず、赤ちゃんと楽しく食卓を囲むことを大切にしてください。

赤ちゃんが食べるものはもちろん、大人の食事も赤ちゃんからよく見えるようにテーブルと椅子の高さを調節しましょう。

赤ちゃんが興味を持って見ているものや指さしするものを「これは人参よ」「人参が食べたいの?」「ママのと同じだね」などと言葉にして、食事の楽しさを教えてあげましょう。