「エコバッグはたたむのが面倒‥」「付属の袋にきちんと入らない‥」そんな不満を解消してくれる、両端を引っ張ると一気にたためるエコバッグ「Shupatto(シュパット)」!

Shupatto(シュパット)とは‥

『カワコレメディア』より引用
(画像=『カワコレメディア』より引用)

「エコバッグってうまくたためない」「たたむのが面倒‥」という声をきっかけに「たたみやすいエコバッグ」づくりを始めた生活雑貨メーカー“マーナ”。

エコバッグについた折り跡を探りながらたたんでいる人に気づき、「最初から生地にプリーツ加工を施し、しっかり折り目をつけることで、たたみやすさを実現できるのでは‥?」と考えたのが始めだったのだそう。

プリーツ加工がしやすい生地で、長く使ってもらえる強さ、コンパクトになる厚さ、持ちやすい軽さなどを試行錯誤し、試作を重ねる日々。

それぞれのバッグを使うシチュエーションにあった最適な生地を採用し、「Shupatto(シュパット)」が誕生したのだそうです⭐︎

エコバッグに対する潜在的な不満を解消する新発想のバッグなんですよ! どんな特徴があるのでしょうか。

『カワコレメディア』より引用
(画像=『カワコレメディア』より引用)
〈左〉Shupattoコンパクトバッグ Drop L/2020(ポピー)
〈右)Shupatto コンパクトバッグ M/2020(HAGIRE)

まずはこちら!折り畳んだ状態です。

  • 【コンパクトバッグ Drop L/2020】は、約φ10×8cm。
  • 【コンパクトバッグ M/2020】は、約φ6×8cm。

かなりコンパクトです!

『カワコレメディア』より引用
(画像=『カワコレメディア』より引用)
〈左〉Shupattoコンパクトバッグ Drop L/2020(ポピー)
〈右)Shupatto コンパクトバッグ M/2020(HAGIRE)

ゴムを外してみます。

クルクル〜と解けていくのですが、この時点でプリーツが綺麗!こんなに綺麗に折り目が付いているエコバッグに出会ったことがなかったので、バッグとして使う前から感動してしまいました‥♡そしてこの伸ばした状態から大容量を感じる、この大きさ‥!!早速物を入れてみましょう。