仕事は楽しいれけどストレスがたまって会社に行きたくないという理由に、上司と合わないという理由があります。今回は上司と合わないときの対処法を厳選してまとめました。上司と合わない時の最終手段についても解説するので、上司との関係に悩んでいる人は参考にしてください。

上司と合わないから、会社に行くのがツライ

日々生活をしていく中で、我慢をしなくてはいけないことや、やりたくなくてもやらなくてはいけないことも出てくると思います。
社会人であれば、仕事仲間である同僚や部下、上司との人間関係もそのひとつになることがあります。
仕事の上司との関係が良好であれば問題ありませんが、上司と合わない場合、1日の大半を一緒にいる上司はあなたのストレスになってしまうかもしれません。

上司と合わないときの対処法11選!どうすればいいの?
(画像=『Lovely』より引用)

仕事仲間や同僚に、上司へのストレスを愚痴ることで、そのストレスを発散できるのであれば、まだ問題にはなりませんが、自分の気持ちの中では押さえきれなくなったり、会社に行くのがツライ、もう仕事を辞めたいと思うほどのストレスになってしまったら大変です。
あなたの心が少しでも軽くなって、仕事がしやすい環境になるように、合わない上司への対処法をまとめていきたいと思います。

上司と合わないときの対処法11選!どうすればいいの?
(画像=『Lovely』より引用)

上司と合わないときの対処法①必要以上に関わらない

仕事をしている中で、この上司とは合わないと感じた時には、必要以上に関わらないことが大切です。
上司と合わないと感じながらも、ストレスをため込んでしまう人には、なんとか合わない上司とも良い関係を築こうと頑張ってしまうという特徴があります。
しかし一旦合わない、と感じた上司を素敵だ、尊敬できる、と考えなおせるようになるのは、とても大変な作業になります。

上司と合わないときの対処法11選!どうすればいいの?
(画像=『Lovely』より引用)

合わない上司と関係を良くしようと関わることで、さらにストレスを溜めてしまい、仕事を辞めたいと思ったり転職を考えるようになってしまうのです。
そんなストレスを抱える前に、合わない上司と必要以上に関わるのをやめましょう。
仕事以外の会話をしなくてもいいように、休憩する時などは合わない上司から離れた位置にいるということも大切です。
合わない上司とは、無理にわかり合おうとはしないで、必要以上に関わらないことにしましょう。

上司と合わないときの対処法11選!どうすればいいの?
(画像=『Lovely』より引用)

上司と合わないときの対処法②マニュアル通りに働く

マニュアル通りに働くというと、なんだかつまらない仕事をしているイメージがあるかもしれませんが、上司と合わない場合、上司に質問したり、上司から指示を受けることすらストレスに感じることもあると思います。
合わない上司から、自分の仕事のやり方と合わない指示をされたり、自分の嫌いな仕事を指示されると、さらにストレスを溜めてしまったり、仕事を辞めたいと考えるようになってしまいます。
そうならないようにするためには、マニュアル通りに働くということも大切です。

上司と合わないときの対処法11選!どうすればいいの?
(画像=『Lovely』より引用)

合わない上司と、やっている仕事を切り離して考えるという方法にも繋がっていきます。
仕事は頑張るけれども、合わない上司のことは考えないようにすると、少し気持ちが楽になるようです。
合わない上司とだからこそ、冷静に着実に、マニュアル通りの仕事をするように心がけましょう。

上司と合わないときの対処法11選!どうすればいいの?
(画像=『Lovely』より引用)

上司と合わないときの対処法③できるだけメールを使う

合わない上司が、仕事ができない上司であったり、指示の出し方が下手な上司である場合は、仕事の指示を何度も何度も聞きなおしに行かなくてはいけなくなるという特徴があります。
何度も何度も、合わない上司の顔を見るだけでもさらにストレスが溜まりますよね。
さらに合わない上司が気分屋であった場合は、「そんな指示はしていない」と理不尽に怒られたりして、さらにストレスを溜める原因になってしまうこともあります。
そんな合わない上司の元では、ストレスが溜まるだけではなく、仕事を辞めたいと考えてしまうでしょう。

上司と合わないときの対処法11選!どうすればいいの?
(画像=『Lovely』より引用)

そんな合わない上司と仕事をしなくてはいけない時には、できるかぎりメールなど指示の内容が残る方法で指示をもらったり、報告をするようにしましょう。
メールでこまめに報告をしておくことで、「そんなことは聞いていない」と言われることを防ぐことができます。
またこまめに報告をしておくことは、必要以上に関わることもなくしてくれます。
合わない上司とは、メールでこまめに報告や連絡をすることが対処法のひとつになります。

上司と合わないときの対処法11選!どうすればいいの?
(画像=『Lovely』より引用)

上司と合わないときの対処法④悪い面を否定しない

先ほども書きましたが、人は一度合わないと感じてしまうと、それを良い方向へ向かせるのはとても大変なことです。
仕事でほとんど毎日顔を合わせる相手であれば、できるだけ合わないという人を作りたくはないですよね。
それは上司であっても同じことです。
上司が合わないと感じたときには、それが決定的になってしまう前に、対処する必要もあります。

上司と合わないときの対処法11選!どうすればいいの?
(画像=『Lovely』より引用)

上司だって人間ですから、悪いところや自分とは合わない考え方も持っていると思います。
でも見方を変えると、意外といい人だと感じることができるところをみつけられるかもしれません。
上から目線でもいいので、上司の良いところを探してみるというのも、上司と合わないかもと思った時の対処法になります。
ストレスで仕事を辞めたいと思う前に、上司の良さそうなところを探してみてくださいね。

上司と合わないときの対処法11選!どうすればいいの?
(画像=『Lovely』より引用)

上司と合わないときの対処法⑤多少のことは我慢

合わない上司の特徴で、気分屋だという特徴を持った人は多いようです。
気分によって機嫌が良かったり、きのうは怒らなかった出来事に怒ったりする上司のことです。
どこに導火線があるのかわからないので、ドキドキしながら仕事をしなくてはいけませんし、そんな環境で仕事をしていたら、ストレスだって溜まりますよね。

上司と合わないときの対処法11選!どうすればいいの?
(画像=『Lovely』より引用)

合わない上司が気分屋だという特徴は、残念ながら部下からどうしてほしいとお願いをして治るものではありません。
合わない上司の上司から注意をしてもらうか、合わない上司自身が気が付かなくてはどうにもならないことです。
気分屋だという特徴を我慢して、できるかぎり関わり合わない、何か言われてもスルーをする、くらいの心の余裕があると、ストレスを溜めたり仕事を辞めたいとは思わなくなるかもしれません。

上司と合わないときの対処法11選!どうすればいいの?
(画像=『Lovely』より引用)