結婚・妊娠・出産・育児・介護。さまざまなライフイベントの影響を受けやすい女性のキャリア。

第一子の平均出産年齢は30.7歳という現代社会で、仕事を続けることと母になることの間で揺れ惑う女性は少なくない。 そんな「仕事と家庭の両立」にまつわる葛藤と格闘を描いたのが、ドラマ『ホットママ』だ。

【西野七瀬・千葉雄大インタビュー】突然の妊娠、仕事かキャリアか―夫婦を演じて考えた「子育てと仕事」
(画像=『Woman type』より引用)

夢だったファッションディレクターの職に就き、新規事業のメンバーにも選ばれ、今は仕事一筋と考えていた矢先に、妊娠が発覚。

産むか、産まないか――。重大な選択と向き合いながら、自分らしい生き方を模索していくヒロインの姿が、ポップかつリアルに描かれている。

ヒロイン・松浦夏希を演じるのは、西野七瀬さん。夏希の大学時代の同級生・三村元哉には千葉雄大さんが扮する。現代の働く女性を取り巻く妊娠や育児というテーマに二人はどんなことを感じたのだろうか。

誰もが「今日は休みます」を普通に言える世界になれば

【西野七瀬・千葉雄大インタビュー】突然の妊娠、仕事かキャリアか―夫婦を演じて考えた「子育てと仕事」
(画像=『Woman type』より引用)

積み上げてきたキャリアが、出産・育児によって途切れてしまうことに対し、不安を感じる女性は多いのではないだろうか。

子どもを産んでも仕事を続けたい女性たちへの支援がまだまだ行き届いていないのが日本の現状。西野さんは 今回『ホットママ』で夏希を演じたことを通して、その現実に改めて向き合った。

  • 西野さん:私は結婚したいとか子どもがほしいってあまり強く思ってこなかったタイプで。

    今回、この作品に関わったことで、初めて母になること、子育てと仕事を両立することについて考えました。

ドラマの中では、ワーキングマザーがぶつかる壁が赤裸々に描かれている。

【西野七瀬・千葉雄大インタビュー】突然の妊娠、仕事かキャリアか―夫婦を演じて考えた「子育てと仕事」
(画像=『Woman type』より引用)
  • 西野さん:子どもができると、夜あまり寝られないというのは聞いたことがあったんですけど、ドラマでもそんな場面があって。

    私は人より睡眠時間が必要なタイプなので、これは大変だと。

    他にも、早く仕事に復帰したいのに、なかなか保育園が見つからないということも。ニュースでも目にしていたことが描かれていて。

    私はあくまで演じただけで、当事者として何か体験したわけではないので大きなことは言えないんですけど、本当に子育てというのは大変だと感じました。

    そして、仕事と育児を両立していらっしゃる方たちはすごいなと尊敬の気持ちが湧きましたね。

無事に保育園が見つかって職場復帰を果たしても、突然子どもが熱を出したり、思うようにいかないのが子育ての難しさ。千葉さんもまだまだ女性側に対して負担の大きい現状に疑問を感じている。

  • 千葉さん:「子どもが病気だから休みます」とか「早退します」とか、別に悪いことではないのに、ちょっと気を使うところってまだまだあると思うんですね。
【西野七瀬・千葉雄大インタビュー】突然の妊娠、仕事かキャリアか―夫婦を演じて考えた「子育てと仕事」
(画像=『Woman type』より引用)

そう慮る一方で、千葉さんはサポートを求められる周りの気持ちにも優しい目線を向ける。

  • 千葉さん:お子さんを育てる人たちが休んだり早退することで、独身の方たちが結局全部代わりにやらなくちゃいけないことになる。

    そのことに対して「何でこっちばっかり」という気持ちになるのも分かります。

    だから、どっちが悪いということではなくて、難しいですけど、この現状を変えるには、まず社会が変わるしかない。

    例えば、子育てに限らず、何かあったときは誰でも「今日は休みます」「今日は帰ります」と普通に言える世界に早くなったらいいなと思います。

赤ちゃんとの撮影。初めて「子どもが欲しい」と思った

【西野七瀬・千葉雄大インタビュー】突然の妊娠、仕事かキャリアか―夫婦を演じて考えた「子育てと仕事」
(画像=『Woman type』より引用)

劇中では、二人が子育てに奮闘する場面も描かれる。

  • 西野さん:撮影中にも赤ちゃんがよく泣いて大変でした。

    赤ちゃんとどう接したらいいのか分からなくて、世の中の新米ママ、パパたちもこんな感じなのかなって思ったり。

    ほんの少しだけですけど、子育ての苦労が分かった気がします。

  • 千葉さん:最初は何を考えているのか分からなかったんですけど、何が好きか、何が嫌か、そういうことが少しずつ分かるようになってきて。

    毎日一緒となるとそうはいかないと思うんですけど、良いとこ取りをさせてもらえたおかげで、初めて子どもが欲しいなと思いました。

  • 西野さん:千葉さんはすごく子煩悩になりそう。撮影中も赤ちゃんをあやすのが上手だったんですよ。

  • 千葉さん:泣いている赤ちゃんに僕が何かしたら泣き止んでくれたことが何度か続いて。

    その後、また赤ちゃんがグズり始めたから、スタッフさんに「出番です!」って呼ばれるようになったんですよ。

  • 西野さん:頼りにされていましたよね!

  • 千葉さん:「千葉くん出番だよ!」って呼ばれてあやしに行ったら、そういう時に限って全然泣き止んでくれなかったりして。

    ちょっと恥ずかしい思いもしましたね(笑)

【西野七瀬・千葉雄大インタビュー】突然の妊娠、仕事かキャリアか―夫婦を演じて考えた「子育てと仕事」
(画像=『Woman type』より引用)

今や性別を問わず、誰もが生涯働き続けることが前提の時代。西野さん、千葉さんは、今後の理想のワークライフバランスをどんな風に考えているのだろうか。

【西野七瀬・千葉雄大インタビュー】突然の妊娠、仕事かキャリアか―夫婦を演じて考えた「子育てと仕事」
(画像=『Woman type』より引用)
  • 西野さん:結婚や出産はまだ予定もなくて、この先のことは全然分からないですけど、仕事は大好きなのでずっと続けたいですね。

    理想を言えば、仕事と家庭で50:50が一番いいバランス。なかなかそうはいかないと思うんですけど。

  • 千葉さん:僕は独身ですけど、いつか子どもができたりしたら、「もっと一緒にいたい」と思う日が来るのかもしれない。

    だから、理想のワークライフバランスはその時々で変わっていくんじゃないかな、と思います。

    でも、「これがいいな」と思う働き方を実現していけるように、しっかり今のうちに頑張っておかないとなっていうのが今の気持ちですね。