青春の甘酸っぱさや眩しさをお家でも楽しめる方法としておすすめなのが青春映画です。映画内における恋愛や情熱に自分の中の青春時代をつい思い出してしまう方も多いと思います。そこで今回はそんな青春映画のおすすめをランキング形式でご紹介していきます。

心がときめくような青春映画が見たい!

青春映画のおすすめ人気ランキング31選♡恋愛・スポーツ!2020年最新
(画像=『Lovely』より引用)

現代社会において青春時代のような胸キュンや熱い情熱を感じるといった機会は少なくなってきます。特に社会人として働いている人たちは毎日の現実に追われそれどころではなくなってきているのではないでしょうか。

そんな時には心がときめくような青春映画を見て、輝かしかったあの頃を思い出しながら有意義なひと時を過ごしてみることをオススメします。

そこで今回はそんな青春というキーワードをもとに恋愛やスポーツに関するオススメの映画をそれぞれランキング形式でご紹介していきます。

たまの休日にぜひそんな甘酸っぱくも若々しい情熱に溢れた青春というものに触れる時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

【恋愛】青春映画おすすめ人気ランキング11選

青春映画のおすすめ人気ランキング31選♡恋愛・スポーツ!2020年最新
(画像=『Lovely』より引用)

それではまずご紹介していくのが恋愛に関する青春映画のオススメです。皆さんも青春時代において恋愛というものを経験したことがある方が多いのではないでしょうか。また現在においても恋愛を楽しんでいる方も多くいるかと思います。

そんな恋愛に関する甘酸っぱさや切なさ、または喜びといった感情を映画を通して改めて体感してみましょう。自分に通ずる何かや共感できる部分、憧れのシチュエーションなどに出会えるかもしれません。

第11位:リバーズ・エッジ

高校生である二人が複雑に歪んだ関係性を持ちながら、そのことに身をすり減らしていったしまうといった物語で、岡崎京子さんの同名漫画を原作とした作品となっています。

青春の友情、恋愛などにおける周りを傷付けてしまう刃物のような痛々しさや衝動を持った儚い少年少女の物語です。

第10位:パッチギ!

朝鮮学校に通う生徒たちの生活の中に、ひょんなことから一人の日本人学生が混じり込んできます。そんな中で、それぞれの登場人物の中にある迷いや葛藤が描かれながら友情と恋愛を織り交ぜたストーリーは必見です。

第9位:セトウツミ

学校が終わった放課後に河原で過ごす二人の男子生徒のやりとりが妙に癖になってしまう映画です。友情も恋愛もただただシュールな時間が流れながらも、関西弁で行われるやりとりは妙にリアルでつい見入ってしまう作品となっています。

第8位:桐島、部活やめるってよ

神木隆之介さんが主演を務め、映画界においても話題となった作品です。桐島という生徒がバレー部をやめるといった出来事からその周りの生徒たちの日常が変化していきます。

その中で描かれる青春時代ならではの友情や恋愛における 独特な人間関係が妙にリアルで引き込まれてしまう映画となっています。

第7位:ソラニン

漫画が原作となった作品です。都内でOLとして働く芽衣子と、バンドマンでフリーターの彼氏。そんな二人は小さなアパートで一緒に暮らしていました。しかし、徐々に二人の間にはすれ違いが生じてきてしまい、なかなか会えない日々が続いていきます。

夢を追いかけるバンドマンとの恋愛を描いたこの作品は、甘くも悲しい様々な思いを抱えたような作品となっています。

第6位:恋空

当時一世を風靡したケータイ小説が原案となった映画です。ひょんなことから出会った二人が織りなす、切なくも眩しい青春のラブストーリー。

様々な困難に直面しながらも二人が想い合う気持ちで乗り越えていく姿に涙なしでは見られない感動のストーリーとなっています。

第5位:俺物語!!

イカツイ顔と巨体をもった高校生の剛田猛男は心優しい人物でした。しかし彼が恋心を抱いた女の子はみんな彼のイケメンの親友に対して恋心を抱いてしまいます。

そんな恋愛に対して不器用な男の不器用ながら優しさに溢れた姿勢がつい応援してしまいたくなるような映画となってきます。

第4位:あの頃、君を追いかけた

台湾で大ヒットした映画をリメイクした作品。優等生の早瀬真愛に対し鬱陶しく思いながらも次第に心を惹かれていく水島浩介。

そんな二人の淡く不器用な初恋を描いた「あの頃」を思い出すような映画となっています。

第3位:ヒミズ

漫画「ヒミズ」を原作とし、園子温監督が映画化したことでも話題となった作品です。主演には染谷将太さんと二階堂ふみさんを迎え、その作品に奥行きを加えてくれています。

青春時代の多感な時期に親からの愛に恵まれなくとも普通の生活を求め逞しく生きようとする男女二人、様々な葛藤や困難を二人が抱えながらも懸命に生きる姿が鮮やかに、かつ強烈に描かれています。

第2位:ぼくは明日、昨日のきみとデートする

主人公である南山高寿が電車で恋に落ちた彼女へ声をかけました。しかし声をかけた彼女はいきなり泣き出してしまいます。その後また会える約束をし、二人は意気投合していくこととなります。しかし、彼女はとても重要で微妙な秘密を抱えていたのです。

誰かを愛する気持ちの素晴らしさを感じれる作品です。大切な人との時間を大切にしてほしい。そんなメッセージを受け取ることができる映画ではないでしょうか。

第1位:君の膵臓をたべたい

青春恋愛もの映画として第一位となったのが映画「君の膵臓をたべたい」です。住野よるさんの小説を映画化した作品ですが、映画にしかないオリジナルストーリーも含まれています。

病院の待合室で「僕」がたまたま手に取った一冊ノート。それはクラスメイトである桜良が密かに記していた闘病日記でした。そこから始まる二人の男女の悲しくも儚く、そして何よりも尊い時間がそこには流れています。