(本記事は、松本博樹氏の著書『この1冊でお金に困らない!節約ハック大百科』、KADOKAWA、2018年11月24日刊の中から一部を抜粋・編集しています)

【『この1冊でお金に困らない! 節約ハック大百科』シリーズ】
(1)「一生お金に困らない生活」へシフトする5つのステップ
(2)めざせ1億!「億り人」になる8つの重要なポイント
(3)ゴールドカードもメリットが?毎日使うものを賢く節約しよう
(4)「1000万貯金」を現実にする5ステップとは?
(5)1000万

「貯金を投資・運用するなら何がいい?」おすすめの貯金運用

貯金がある程度増えてきて、精神的に余裕が出てくると、そのお金を投資や運用にまわそうかと考えるのではないでしょうか。

今後の資産形成を考えるのであれば、貯金を運用にまわしたほうが、より増える可能性が高まりますからね。

私も余裕資金をコツコツと資産運用にまわしています。

自分自身がどんな感じでしているのかを例に、おすすめだと思うやり方を紹介していきます。

1)ロボアドバイザーでの自動運用は手間がかからない

個人的に一番ラクだと思うのが、ロボアドバイザーでの資産運用ですね。口座開設時に投資に対する方針についての質問を回答して、あとはお金を入れておくだけで、ロボアドバイザーが自動的に運用してくれます。

2)投資信託を毎月積み立てる

投資信託の積立も1回設定しておけば、基本的にはほったらかしで大丈夫な運用方法です。毎月コツコツと一定額を積み立てていくことが重要になる運用方法ですから、余裕があるならなるべく始めてみるのがおすすめです!

3)株主優待を目当てに運用する

株を買うと、銘柄によっては株主優待がもらえることがあります。優待内容によってはとても充実していて、価値が大きなものもあります。普段の生活の中でよく使うお店が株主優待に対応していないかチェックしておき、もし対応しているなら利用してみることで節約につながります。

4)配当金をもらいつつ長期で株を保有する

株主優待目当てて株を買って持ち続けていた場合、銘柄によっては配当金が出ます。保有している銘柄が増えれば増えるほどコツコツとお金がもらえますよ。仮に1億円以上の株を持って配当利回りが3%だとすると、それだけで年間300万円にもなります。

投資・運用で大切なのは、余剰資金で行うこと。

投資は必ずしもうまくいくものではなく、元本割れする可能性も大いにあります。

万一なくなっても問題ないように使っていくのが基本ですよ。

個人的には、5年以上、コツコツと運用を続けることの大切さを実感しています。

まずは、自分にできそうなことから小さく始めてみてはいかがでしょうか。
 

(画像=Webサイトより ※クリックするとAmazonに飛びます)

実際につみたてNISAを始めてみる

積立コースは3種類から選べる!ぎりぎり注文でNISA枠を使い切れる
>>SBI証券の口座開設はこちら

楽天ポイントが貯まる、貯まったポイントで積立投資もできる
>>楽天証券の口座開設はこちら

130以上の銘柄から選べてアプリが便利
>>松井証券で投資を始めるにはこちら

他社の口座もまるっと一括管理できて、運用サポートが無料で手厚い
>>マネックス証券の口座開設はこちら

松本博樹(まつもと・ひろき)
1983年生まれ、神戸市出身神戸市在住。5年間会社員としてプログラマーをした後、独立。独立時点で家を買う、次の仕事のあてがゼロ、子どもが産まれる直前だったことから、節約生活を決意。それと当時にブログで記事を書けばおもしろいのでは、というアイデアから2011年5月に「ノマド的節約術」がスタート。Web制作やせどりなど複数の仕事にチャレンジしながら最終的に自分に一番合っていたブログ・サイト運営の事業に一本化し、日々節約や貯金などのお金に関する情報を発信中。

【こちらの記事もおすすめ】
苦しくない、続く「節約術」まとめ
40代シングル女性のリアル貯蓄と節約
目指せ食費1万円!「ゆる節約術」5選
デパコスのオトクな買い方
免税店で得する3つの裏ワザ
欧州旅行でデタックスを活用しよう