シンプルな生活を追求するミニマリスト!ミニマリストは生活の中で余計な物を持たないことを主義としていますが、実は毎日の食事についても超シンプルな考え方を持っているのをご存知でしょうか。当記事ではミニマリストの食事メニューや1日の食費等についてまとめてみました♪

話題のミニマリストっていったい何?

いまテレビや雑誌で頻繁に話題になるミニマリスト、皆さんは耳にしたことはありますでしょうか?

ミニマリストとは簡単にいうと、毎日の暮らしの中で必要最低限の物しか持たずに生活している人たちの事をいいます。シンプルイズベストな考えを追求し、省けるものはとことん省いて身軽に生きようという考え方をするのが大きな特徴で、若い人から年配の人まで幅広い年代の人に支持されている考え方になります。

ミニマリストの食事メニューや1日の食費は?【超シンプル】
(画像=『Lovely』より引用)

多くのミニマリストの人たちは家の中が非常にスッキリと片付いているのも大きな1つの特徴です。洋服、家電、家具、雑貨、書籍など自分で本当に必要だと感じる以外のものは一切身の回りに置かないことを徹底しています。

狭いスペースに物があふれている人から見ると、ミニマリストの人の生活はシンプルながらとっても洗練された暮らしに感じるかもしれませんね。

ミニマリストは食事も超シンプル!独特のその考え方とは?

毎日の暮らしの中で徹底して無駄を省くミニマリストの生活は、実は人それぞれ食事内容についても独特の考え方やルーティンを持っている場合があります。

食事はメニューからじっくりと考えて手間暇をかけて作り家族や友人と一緒に食べることを生活の楽しみにしている人たちとは異なり、ミニマリストの人は食事に関する手間暇も出来るだけ省いていきたいと考えていることがよくあります。

ミニマリストの食事メニューや1日の食費は?【超シンプル】
(画像=『Lovely』より引用)

ミニマリストの食事は基本的にまず食器の数も必要最低限で毎回同じ食器を使います。お皿や器なども使えればそれで良いという考え方のためどんなメニューにも合う無難でシンプルな無地の食器を使う場合が多く、様々な食器におかずを盛りつけて目で見て楽しむという考え方も一切ありません。

徹底したミニマリストの人は自宅での自炊を全く行わず全ての食事をお弁当や惣菜などで済ませてしまう人もいるほど、食に対してあまり執着がない人が多く食費もあまりかけようとしないのも特徴になります。

ミニマリストの食事メニューや1日の食費は?【超シンプル】
(画像=『Lovely』より引用)

シンプルが最高!ミニマリストの食事や食費の15の特徴

暮らしの中で食事に対してもとことんシンプルを追求するミニマリストですが、今回はそんなミニマリストの食事のメニュー内容や食費についての考え方などについて15の特徴をご紹介していきたいと思います!

ミニマリストのようにシンプルですっきりとした暮らしを楽しみたいと憧れる人や、または恋人や家族がミニマリストであるという人でも、読めばきっとミニマリストのそのストイックな性格や考え方に驚かされること間違いなし!

ミニマリストの食事メニューや1日の食費は?【超シンプル】
(画像=『Lovely』より引用)

ミニマリストの人たちの毎日の生活の独特な食事内容や食費についてのルーティンや特徴、皆さんは共感することはできますでしょうか?

気になる方はぜひ1つずつチェックして確認してみてくださいね♪

ミニマリストの食事メニューや1日の食費は?【超シンプル】
(画像=『Lovely』より引用)

ミニマリストの食事の特徴(1)食事の回数が少ない

ミニマリストの食事の特徴の1つめは、食事の回数が少ないことです。

ミニマリストの人は、毎日の食事は手間や時間や食費がかかる少し面倒なものであるという考えを持っていることが少なくありません。人は当然食べなくては生きていくことはできませんが、ミニマリストは毎日の食事を必ずしも3回とる必要はないと考えることも非常に多いようです。

ミニマリストの食事メニューや1日の食費は?【超シンプル】
(画像=『Lovely』より引用)

そのためミニマリストは朝食と夕食はきちんと食べても、仕事や外出で何かと忙しい昼食は抜いてしまう人が多くなります。食べたとしてもしっかりとしたお弁当などではなく、手軽に片手で食べられるパンや一口サイズのお菓子などの軽食メニューで済ませてしまうこともよくあります。

また食事をしながら常に何か作業をしていることも多く、どれだけ時間や食費を抑えられるかに重点を置いている人もたくさんいます。

ミニマリストの食事メニューや1日の食費は?【超シンプル】
(画像=『Lovely』より引用)

ミニマリストの食事の特徴(2)1日あたりの食費を決めている

ミニマリストの食事の特徴の2つめは、1日あたりの食費を決めていることです。

ミニマリストは食事を生活の楽しみの1つだとは考えていません。そのため食事のメニューは安ければ安いほど良いと感じている場合もあります。

余分なものを買い込んだり無駄遣いをすることに抵抗があるミニマリストは食事のメニュー内容を充実させることよりも、1日あたりの食費ルールを守る事の方が大切だと考えます。

ミニマリストの食事メニューや1日の食費は?【超シンプル】
(画像=『Lovely』より引用)

ミニマリストは例えば1日あたり食費は1000円と決めた場合は朝は卵かけご飯とお味噌汁、お昼はなし、夜ご飯は半額割引のお弁当といった感じの食事メニューが毎日続いたとしても全く平気です。

ミニマリストの食事メニューは生活の中で食事が最も大切だと感じる人にはあまり理解してもらえないことも多くなります。

ミニマリストの食事メニューや1日の食費は?【超シンプル】
(画像=『Lovely』より引用)

ミニマリストの食事の特徴(3)安い食材を厳選している

ミニマリストの食事の特徴の3つめは、安い食材を厳選していることです。

ミニマリストは同じ食事メニューが何日も続いても特に苦に感じることはありません。買い物では常に底値の安い食材を厳選して購入し、「絶対にコレが食べたい」という執着もあまり持っていません。

ミニマリストを極めている人は米と海苔、うどんやソバをルーティンすれば生きていけると考えている人もいるほどです。

ミニマリストの食事メニューや1日の食費は?【超シンプル】
(画像=『Lovely』より引用)

ミニマリストの食費は人によって差はありますが、一人暮らしであれば嗜好品や付き合いでの飲み会などを含めても月に15000円から30000円以内に収まる人が多く、世間の食費の平均金額よりもかなり低くなるのが特徴です。

ミニマリストの食事メニューや1日の食費は?【超シンプル】
(画像=『Lovely』より引用)

ミニマリストの食事の特徴(4)曜日でルーティンを決めている

ミニマリストの食事の特徴の4つめは、曜日でルーティンを決めていることです。

「食事のメニュー内容を決める時間がもったいない!」「暮らしていく中でいちいち予算内か確認するのが面倒くさい」というミニマリストの人は、なんと曜日で食事メニューのルーティンを決めている人もいます。

月曜はこれ、火曜日はこれと曜日で食事メニューを決めて何も考えずに流れ作業的に食事を済ませてしまう人は、かなりの上級ミニマリストといえますね。

ミニマリストの食事メニューや1日の食費は?【超シンプル】
(画像=『Lovely』より引用)

また曜日単位でルーティンを決めている人の他にも、1ヶ月単位で食事メニューのルーティンを決めている人やお弁当や総菜でルーティンを決めている人もいます。買い物に行く頻度もルーティンに組み込んでいるミニマリストもたくさんいます。

暮らしの無駄を省くことに喜びを感じるミニマリストはルーティンを好む傾向が強いといえますね。

ミニマリストの食事メニューや1日の食費は?【超シンプル】
(画像=『Lovely』より引用)

ミニマリストの食事の特徴(5)時短調理を意識している

ミニマリストの食事の特徴の5つめは、時短調理を意識していることです。

ミニマリストは毎日の生活の中での食費の無駄遣いや時間の無駄遣いを嫌います。そのため自炊をする時は自然と時短調理を追求するという特徴もあります。

全てのメニューをお鍋1つで手早く作ったり、炊飯器でご飯を炊きながら蒸し料理をしたりと時短テクニックを駆使してあっという間に食事のメニューを作り上げます。

ミニマリストの食事メニューや1日の食費は?【超シンプル】
(画像=『Lovely』より引用)

食事メニューの見栄えなどにはこだわりを持たない人も多いため例えお弁当を作ったとしてもシンプルな丼ものや大皿メニューが多くなりますが、一人暮らしであれば十分です。

時短調理を意識するあまりオリジナルメニューを考えるのが得意な人も多いようですね。

ミニマリストの食事メニューや1日の食費は?【超シンプル】
(画像=『Lovely』より引用)