Aloha!

皆さん、虫はお好きですか?

綺麗で可愛い虫は写真に撮りたくなりますよね。

ハワイのパワースポットやショップに関する情報は多いけれど、虫についてはあまり耳にしません。

今回は、ハワイの害虫事情、とくに蚊についてお伝えしたいと思います。

楽園ハワイの動植物

『LaniLani』より引用
(画像=『LaniLani』より引用)

ハワイ諸島は、海の底から出る溶岩から成り立った島々なので、元々生き物は生息していませんでした。

そこへ、海鳥や風、波や人によって様々な動植物が島へ運ばれました。

ハワイアンのルーツとなる人々が渡って来た頃、島に生息していた哺乳類はコウモリとモンクシールだけだったと言われています。

その後、人々が犬・ブタ・鶏や食用となる植物を持ち込み、ハワイ諸島の生態系が作られていきました。

1778年に、西洋船がハワイへ渡ってきた際に、蚊も一緒にやってきました。

その結果、蚊による病原菌が流行し、100年の間にハワイアンは4分の1に減少するという被害がありました。

ハワイの蚊

『LaniLani』より引用
(画像=『LaniLani』より引用)

ところで、オアフ島のワイキキは「水が出る」という意味のハワイ語です。

その名の通り、昔はタロ芋の水田があり、近年は稲の水田として活用されていました。

この水田の水にボウフラが湧くため、蚊が大量発生します。

観光スポットとして、蚊が多いのは大きな問題点でした。

そこで、ボウフラが発生しないように、アラワイ運河を建設して水の流れを作りました。

現在、ワイキキの水田は無くなり、ボウフラが生息する場所は消失。

ワイキキで蚊に遭遇する機会はほとんど無いそうです。