Aloha!

ビル王子。
「イザベラバードのハワイ紀行」でそう紹介されているのはハワイ王国6番目の王、ルナリロ王です。

ルナリロ王は、たった1年の在位期間でした。

そして気になるポイントは、なんとハワイの二つの王家「カメハメハ家」と「カラカウア家」でもない王ということ。

今日はルナリロ王のお話です。

カメハメハ家でもカラカウア家でもない王

『LaniLani』より引用
(画像=『LaniLani』より引用)

カメハメハ大王とその直系のカメハメハ2世から5世までの王は5人。

カラカウア王と妹のリリウオカラニ女王の2人。

その間でたった1年の在位期間だったのが「ルナリロ王」でした。

まずは上の相関図をご覧ください。

即位順だけでなく、生まれもちょうどふたつの王家の間のような王ですね。

相関図の最下段、カメハメハ4世からリリウオカラニ女王まで、みんな同世代。 同じ時代を生きた王族だったことがわかりますね。

カメハメハ大王の父・ケオウアの血をひく王なのでカメハメハ家の王と言われることもありますが、ルナリロ王の生涯を見ていくと、王自身はそう思っていらしゃらなかったのではないでしょうか…

ハワイ王国が選んだ王

ルナリロ王は、ハワイ王国で初めて選挙で選ばれた王でした。

なぜ選挙が行われたのでしょうか。

ハワイ王国の王は指名制でした。

現王が次期王を指名しておいて、現王が逝去すると次期王が即位する。

ルナリロ王はハワイ王国で6番目の王です。

では、5番目の王は誰なのでしょうか? カメハメハ5世、ロットカプアイワですね。

カメハメハ5世は結婚しておらず、子どももいませんでした。

5世の次の王は当然ルナリロが指名されると、誰もがそう思っていたといいます。

5世は、自分と同じカメハメハ大王の孫にあたるバーニスパウアヒビショップに、次期王になってほしいと頼んだこともありましたが断られ、結局次期王を指名しないまま亡くなってしまいました。

そこでハワイ王国初の選挙が行われ、カラカウアを破ってルナリロが王となりました。