トゥー・パームス/Two Palms

アロハシャツに造詣の深いアロハシャツマニアでさえ、まだその名を知らない人も多いという新生ブランド「トゥー・パームス」。

1989年、ハワイに関連する衣類を販売するビジネスをスタートし、2000年に製造と卸売を始めた家族経営のアロハシャツメーカーです。

創業当初は女性縫製師が一人しかおらず、商品はプリント柄のみ、たった数点という小さなメーカーでした。

しかし、メイドインハワイのハイクオリティなアロハシャツは徐々に評判となり、それに従って会社も拡大。

今ではバラエティに富んだスタイルと豊富なプリントのアロハシャツを世界中で販売しています。

オリジナル生地を使ったアロハシャツはたしかな品質と着心地がよさが多くの人の心を掴み、高い評価を得ています。

このメーカーのポリシーは結婚式に使えるアロハシャツ。

ハワイで結婚式に参加する人たちが、安心して着られるように商品をラインナップしているため、派手なものから渋いものまで多彩なバリエーションを幅広く取り揃えています。

また、プリント、縫製ともに高いレベルにあるにもかかわらず、ほかのアロハシャツメーカーと比較してもお値段はリーズナブル。

アロハシャツ選びで失敗したくない初心者にもおすすめのブランドです。

トゥー・パームス/Two Palms

  • 住所: 1023 Kawaiahao St., Honolulu
  • 電話番号: 808-524-4004
  • 営業時間: 9:00~16:00
  • 定休日: 土曜・日曜
  • URL: https://www.twopalmshawaii.com/

コナ・ベイ・ハワイ/Kona Bay Hawaii

『LaniLani』より引用
(画像=『LaniLani』より引用)

2001年、ハワイ島コナにて設立。

2012年にワイキキ西端のエンドロード沿いに直営店をオープンさせたアロハシャツメーカーが「コナ・ベイ・ハワイ」です。

オーナーを務めるのは、日本人の木内 九州生(きうち くすお)さん。

アメリカ映画に出てくる主人公が格好よく着こなしているアロハシャツに憧れて、自身が満足できる一着を作りたいという思いのみでハワイに渡った情熱の持ち主。

彼が目指すのは1930年から1955年頃までにハンドメイドされた、クオリティの高いメイドインハワイのビンテージアロハシャツです。

「抜染」という製法で模様をつけた日本の生地をハワイに運び、30~50年代の製法で一点一点こだわりをもって仕上げています。

袋縫いの襟にポケットの柄合わせはもちろん、高価な貝で作られたボタンを使用したアロハシャツは昨年、111-HAWAII AWARDの「アロハシャツ・ウクレレ」部門で銀賞に輝きました。

最近ではレーヨンだけでなくコットン生地を使ったり、オリジナルカラーのアイテムの製造を始めるなど、高品質で着心地のよいアロハシャツも販売しています。

ぜひ一度袖を通してみてくださいね。

コナ・ベイ・ハワイ/Kona Bay Hawaii

  • 住所: 444 Ena Road., Honolulu
  • 電話番号: 808-223-3390
  • 営業時間: 10:00~18:00
  • 定休日: 無休
  • URL: https://www.konabayhawaii.com/

リゾート感を強く感じるアロハシャツですが、実はそのルーツは日本にあります。

素敵なアロハシャツを小粋に着こなせば、誰しもきっと素敵に見えるはず。

今回ご紹介したメーカーのアロハシャツを着て、おしゃれにキメてみませんか。

提供・LaniLani

【こちらの記事も読まれています】
思わず共感する40代独身女性あるある
100均グッズで宅飲みをワンランクアップ
生活費月100万円超「ご近所セレブ」の実態
旅行のお土産、いくらが適切?
あぁ、癒やされる。飼いやすいペット5選