ハワイに移民として渡った日本人が、自分たちの着物をリメイクして作ったものが起源とされているアロハシャツ。

今回は日本人でも小粋に着こなせるアロハシャツブランドを4つご紹介します。

イオラニ/‘Iolani

『LaniLani』より引用
(画像=『LaniLani』より引用)

人気バンド「マノアDNA」のカワカミファミリーが経営するハワイの老舗アロハシャツメーカーが「イオラニ」です。

イオラニの創業は、ハワイがアメリカ50番めの州になるよりはるか昔の1953年のこと。

創業者であるケイジ・カワカミさんは日系二世で、第二次世界大戦中はアメリカ軍第442連隊戦闘団に所属していました。

戦後、復員兵援護法によってニューヨーク大学を卒業し、ハワイ州に戻って妻のエディス・カワカミさんとともに「イオラニ・スポーツウェア」を設立しました。

ハワイ語で「天国の鳥」という意味を持つイオラニという名は、当時工場の近くにあったハワイ王朝の宮殿「イオラニパレス」から名付けられました。

創設当初は雨漏りがする小さな小屋で、たった4台のミシンを使って丁寧な縫製作業が行われていました。

その職人気質は現在も受け継がれており、商品、モノづくりに注ぐ情熱は変わらず、質の高いアロハシャツを製造し続けています。

こちらのアロハシャツはトラディショナルなスタイルと現代的なセンスが融合したデザインが特徴的。

年齢を問わず、誰でも簡単に着こなせるアイテムが取り揃っています。

場所はアラモアナセンター山側のコナ・ストリートを西へ歩いて約3分。

アラモアナ側の紫色の建物のスロープを上がった裏手に入口があります。

イオラニ/’Iolani

  • 住所: 1234 Kona St., 2F, Honolulu
  • 電話番号: 808-593-4520
  • 営業時間: 10:00~17:00
  • 定休日: 無休
  • URL: https://iolani.com/

ラニーズ・ジェネラルストア/Lani’s General Store

日本のフラダンサーのあいだで人気のパウスカート、着心地のよいドレスやムームーなどを扱う「ハレ・ノエアウ」をご存じでしょうか。

2005年より、ホノルルのアトリエでパウスカートなどの製造販売を行っているメーカーです。

100種類以上のなかから好みの布地を選ぶ、オリジナルスタイルでドレスやフラ衣装などを作っています。

2018年4月に「ハレ・ノエアウ」の縫製を行っていた工房が、「天国の雑貨店」をテーマにリニューアル。

「ラニーズ・ジェネラルストア」としてアトリエショップをオープンしました。

「ハレ・ノエアウ」のアイテムとともに、「ラニーズ・ジェネラルストア」ブランドのアロハシャツも取り扱っています。

2020年、111-HAWAII AWARDの「アロハシャツ・ウクレレ」部門で銅賞を受賞したアロハシャツはトラディショナルなハワイアンスタイル。

ほかのお店ではほとんど見かけない日本製のリネン生地やレーヨンを使用したホワイトアロハシャツもラインナップされています。

縫製は高級シャツにも使用されるシングルニードルの本縫い。

アームホールや身頃脇には折り伏せ縫いが施されているため、その丈夫さも魅力のひとつとなっています。

お店の場所は「ポンゴズ・キッチン」や「パラダイス・サイダーズ」に近いカリヒ地区。

治安にやや不安がある地区なので、タクシーなどの利用がおすすめです。

現在は臨時休業中ですが、2021年3月末から再開する予定です。

ラニーズ・ジェネラルストア/Lani’s General Store

  • 住所: 411 Puuhale Rd., Honolulu
  • 電話番号: 808-754-5005
  • 営業時間: 9:00~16:00
  • 定休日: 土曜・日曜
  • URL: https://lanisgeneralstore.com