Waffle×Woman type
ITをカラフルにする現場から

現在、日本のIT業界における女性技術者の割合は15%以下。日本で理系分野の学部に所属する男女比は、OECDワースト1位。この、テクノロジー分野のジェンダーギャップを解消するには…?一般社団法人Waffleの二人が「ITと女子」を取り巻く問題や、課題解決に向けての取り組みを発信していきます。

はじめまして。IT分野のジェンダーギャップの解消を目指し、女子中高生向けにIT教育や政策提言を実施しているWaffle Co-Founder & CEOの田中沙弥果です。

コロナ禍の今、改めて「女性のIT分野進出」が大事だと思う理由【連載:ITをカラフルにする現場から】
(画像=『Woman type』より引用)

皆さんは、日本国内のIT業界で働く女性技術者の比率が20%以下と低く、将来IT業界を目指す学生についても、大学の工学部を例にとると女性比率は15%以下ということをご存知でしょうか(*1)。私たちは、そのような社会課題に対して、もっと多くの女性がIT分野に進出してほしいと考え、日々活動しています。

(* 1)文部科学省「令和元年度学校基本調査(確定値)の公表について」より

なぜ、そのように考えるかというと、今後社会の重要な基盤となるIT技術に、異なるジェンダー間での不平等や不利益が起きると、社会に実害が起こる可能性があるためです。

コロナ禍の今、改めて「女性のIT分野進出」が大事だと思う理由【連載:ITをカラフルにする現場から】
(画像=『Woman type』より引用)

例えば、米国ではAIを活用した採用システムの開発中に、女子大生を選考で落とす出来事がおき、その後システムの開発中止に至りました。これからの社会にとって、IT分野の作り手が多様であることが、豊かな社会につながると考え、私たちは「 #ITをカラフルに 」と謳って活動しています。

私たちの主な活動は、女子中高生を対象にしたものですが、Woman typeをご覧になっている社会人の方々にも、ぜひ私たちの考えを知っていただき、IT分野にチャレンジしてほしいと思っています。

今回、Waffleの代表である私と共同代表の齋藤明日美(@AsumiWaffle)とで連載を持たせていただくことになりました。

ITをカラフルにする活動とは?

Waffleが女子中高生を対象に活動を行っている大きな理由は、日本の場合、中高生の時期に文理選択をしたり、大学でどの学部学科を選択するのかを決める必要があり、その後のキャリアに大きく影響を与える時期だからです。

コロナ禍の今、改めて「女性のIT分野進出」が大事だと思う理由【連載:ITをカラフルにする現場から】
(画像=『Woman type』より引用)

例えば、私と齋藤が留学していたアメリカでは、リベラルアーツと言って大学進学後に教養科目を取りながらメジャー(主専攻)を決めたり、マイナー(副専攻)を専攻できたり、それらを柔軟に変更することができるのですが、日本では多くの人が10代でその後の進路を決めなければなりません。

私たちは、その大きな意思決定の段階でITが選択肢に入ること、そしてできれば理系に進んで欲しいと思いながら活動しています。

Waffleの活動内容は主に3つです。IT関連企業を中心とした企業とのコラボレーション企画(共同でのイベントやキャンペーンの開催)、女子中高生限定のコーディングコース「Waffle Camp(ワッフル・キャンプ)」の実施、女子中高生に限定した国際的なアプリコンテスト「テクノベーション・ガールズ」の日本支部の運営です。

その他にも、女子中高生自身の意思でIT分野への進路を選択しないのではなく、そもそも、日本国内の制度面や構造面での課題も大きく影響しているため、それらを抜本的に変えるべく政策提言も実施しています。