ズボンのアイロンがけの方法は?

ズボンをアイロンがけするときは、綿などの丈夫な素材でできたズボンならアイロンがけしても良いですが、ウールなどのデリケートな素材の場合はアイロンがけしても大丈夫か、必ずズボンに付いている洗濯表示のタグを確認してください。
アイロン温度の目安としては、高温は綿・麻などの上部な素材のみで、それ以外は中温以下を使用してください。

①ズボンをアイロンがけしやすいように形を整える
②アイロン台に乗せてしわを伸ばす
③腰回りからアイロンをかけ、ベルトの部分はアイロンの先端でしわを伸ばす
④脚の部分にアイロンがけしてしわを伸ばす、ひざ周りはしわが寄りやすいため入念にアイロンがけする
⑤ズボンの熱が取れるまでハンガーでズボンを吊り干ししておく

しわが取れにくいズボンの場合は、両面をアイロンがけすることでしわが伸びやすくなります。

ズボンをたたまない収納方法は?

制服やスーツのデリケートな素材のズボンはしわにならないようにするために、ハンガーにかけて収納する方法もあります。一般的なハンガーにズボンをかけても良いですが、ハンガーの幅が足りないなど使いにくい場合は、ズボン専用ハンガーやスラックスハンガーといった種類のハンガーを購入することをおすすめします。

ズボンをハンガーにかけるたたみ方は?

ズボンをハンガーにかけるたたみ方は、ズボンを二つ折りにします。二つ折りにしたズボンはハンガーに通してかけるか、クリップのついたハンガーでとめます。

ズボン専用ハンガーを使うことで、ズボンをコンパクトに収納することができ、一目でどこにズボンがあるか分かるため、コーディネート選びが楽になります。またズボンをたたんで収納するときのように、ズボン同士がこすれる心配もないため、ズボンが傷みにくくなるメリットがあります。

ズボン専用ハンガーの種類は?

ハンガーラックなどの収納スペースに空きがあれば、ズボンを専用ハンガーにかけて収納することもできます。ズボン専用ハンガーには、様々な種類のハンガーがありますが、頻繁に使うズボンであれば、たたむよりもハンガーに吊るして収納した方がズボンが取り出しやすくなります。

ズボンをハンガーにかけるときはズボン専用のハンガーを使用するとズボンがかさばらずに済むため、ハンガー収納を検討している場合はズボン専用ハンガーを選ぶことをおすすめします。

クリップタイプのズボン専用ハンガー(シングルタイプ)

クリップタイプのズボン専用ハンガーで、ズボンのウエスト部分をクリップにはさむだけでコンパクトにズボンを収納することができます。またクリップタイプのズボン専用ハンガーを使うとズボンが重量で伸びるため、ズボンがしわにならない収納ができます。

クリップタイプのズボン専用ハンガー(複数タイプ)

クリップが複数付いたタイプのズボン専用ハンガーは、ズボンをまとめてコンパクトに収納することができるハンガーです。ハンガーの種類によってはクリップを取り外しできるため、ズボンのサイズに合わせてハンガーを使うこともできます。

ズボン専用ハンガー(シングルタイプ)

ハンガーの片側が開いたつくりになっているため、ズボンを二つ折りにしてしわにならないようにかけやすくなっています。ズボンの重みでハンガーからズボンが滑り落ちるのではと思われるかもしれませんが、ズボンをかける部分が滑り止めになっているのでズボンが落ちる心配がありません。

ズボン専用ハンガー(複数タイプ)

複数のズボンを二つ折りにして重ねて収納できるズボン専用ハンガーです。ズボンを重ねて収納した場合、ズボンを取り出しにくいように見えますが、ズボンをかける部分が一つ一つ開くようになっているため、他のズボンの形を崩すことなくズボンを取り出すことができます。

複数のズボンをかけられる専用ハンガーでは、ハンガーをかけるフックの部分が回転できる機能もあるため、洗濯したズボンを干すときにも日当たりを調整しやすいです。

ズボン専用ハンガーラック

ズボン専用のハンガーラックを使用すれば、一度に数十着ものズボンをかけて収納することができます。ズボン専用ハンガーラックは、複数のズボンをまとめて一か所に収納したい場合におすすめのズボン専用ハンガーです。

上手なズボンの収納方法は?

上手なズボンの収納方法は、厚手のズボンは立てて収納し、薄手のズボンは重ねて収納します。ただしズボンを重ねるとしわが寄りやすいため、重ねるときは3枚までにするのがおすすめです。引き出しを開けたときにズボンが全て見渡せるようになれば、見た目もすっきりときれいな収納術が可能です。

ズボンのたたみ方まとめ

ズボンのコンパクトなたたみ方についてご紹介しました。ズボンは種類も多く大きな衣類のため、収納スペースを占領しやすいアイテムですが、コンパクトにたためばすっきりと収納することができます。

またズボンをコンパクトにたたむことによって、どこに何のズボンがあるか見付けだしやすくなります。制服やスーツのズボンはハンガーにかけて収納する方法もあるため、たたむものとたたまないズボンを分けて収納することでズボンを大切に長持ちさせることもできます。


提供・Lovely(感度の高いオトナ女性に恋愛や美容から占いまで幅広くリアルな視点でお届け)

【こちらの記事も読まれています】
香りが持続する!いい匂いのシャンプーランキング23選【2020最新】
当たる電話占いサイトまとめ♡口コミやレポも紹介!【Lovely厳選】
美容家電おすすめ人気ランキングTOP17!ヘアアイロンから脱毛器まで総まとめ!