日本代表のGKとして長年活躍した楢崎正剛氏が引退したのは2019年。その後は名古屋グランパスの「クラブスペシャルフェロー」、アカデミーダイレクター補佐、アカデミーGKコーチとして活動している。(楢崎氏の崎は、正確には「大」の部分が「立」)

選手の引退後の活動はどういうものなのか、私生活は変わったのか、そして現在の夢とインターネットではどういうことをやっているのか。現役時代とは違う穏やかな表情を浮かべながらオンラインで語ってくれた。

元サッカー日本代表の守護神 楢崎正剛が語る現役引退後の生活とは?
(画像=『さくマガ』より引用)

現役引退後の活動

2019年に引退した後、パブリックの部分で言えば名古屋グランパスの「クラブスペシャルフェロー」という役職をいただいて、最初の1年はGKの普及や指導、自分の経験を伝えるなどの活動をやってました。そのころはやっぱり引退して間もないということで、メディアの仕事も多かったですし、日本サッカー協会の活動もやらせていただきました。

クラブのアカデミーでも指導しましたし、日本中いろんな場所にも行きました。グランパスでいうとスクールが愛知県内の各地ににありますから、そういうスクールを廻ったり、アカデミーの練習試合に帯同したりしました。

他にも依頼を受けて日本全国各地のサッカー教室に参加したりという、そういう活動も結構多かったですね。教室ではフィールドプレーヤーであってもGKを体験してもらうとか、参加者にグローブを渡してGKの練習メニューをやってもらったりということもやってました。

GKのトレーニングとしては初歩的なメニューだと思うんですけど、意外に知らない方もいます。でもサッカーを経験している子たちがメインだったので動き方もよく知ってたりしてて、スムーズにやれたかなとは思います。

細かく指導していけば本当にいろいろできると思いますし、イチから始めるのであれば本当に細かい作業からやらなきゃいけないんですけど、でも僕はいろいろ技術的な指導をするよりも、「GKも楽しいよ」って、そういう部分を伝えたいという思いでやっていました。

日本におけるGKというポジション

日本ではGKっていうポジションは、自分から進んでゴール前に立つより、人から言われて始めることが多いのではないかと思います。

今でこそGKをやりたいという子は増えたと思うのですが、まだそんなに多くないというのも感じています。僕は小学校4年生でサッカーを始めたのですが、すぐ当時の監督に「GKをやってみないか」と言われてGKになったのがスタートでした。

僕は学校の休み時間によくドッジボールをやっていて、取ったり投げたりすることが得意だったので、すんなりGKをやれたという感じです。ただ、GKって痛いとか怖いとか、点を取られるっていうか、何か少しネガティブな方向のイメージが先行しがちだと感じます。

でもそうではなくて、FWがゴールを決めるのと同じか、もしくはそれ以上の大事なプレーができる、とても素晴らしいポジションなんです。

そういうのを、ボールを手で掴んだりシュートを止めたりとかする中で知ってほしい、「楽しみ」があることを知らせたいという思いでやっていました。

自分の経験を次世代に繋げたい

元サッカー日本代表の守護神 楢崎正剛が語る現役引退後の生活とは?
(画像=(撮影:TOMOYA SAITO)、『さくマガ』より引用)

僕はプロとしてプレーしてからは「楽しい」ってこと以上にしんどいこともいっぱい経験しました。でも、そういう経験もサッカーの一部だとは思います。ただ昔で言えばフィリップ・トルシエ監督や、最近で言えばヴァイッド・ハリルホジッチ監督が、日本のGKはもっとやらなきゃいけないという主旨の発言をしてたのは、GKだった自分にはやっぱりちょっと悔しかったというか。

日本のGKには早く世界と同じレベルに達してほしいと思うし、まだ足りない部分があるのは事実だと認識していますが、そのためには指導を含めて「GKをやりたい」と思える環境作りが大事だと思います。

現役のときや今でもヨーロッパの選手に話を聞くと、GKが花形で、みんなやりたがるという環境だと言っていて、そこはやっぱり日本とちょっと違うなと感じます。

これまで志を持ってGKの育成をやり続けてきた方々もいますから、そういう方たちと一緒になってやることも大事だと思っています。それに自分だけが経験しているものも生かしながら、次世代に繋げていきたいという気持ちです。

ただ、1年目はクラブをアピールするアンバサダー的な役割もこなし、今もそのような活動をしたいのですが、コロナ禍ということで人が集まるようなイベントを開催するようなことが出来ず、それがとても残念でした。

先日、川島永嗣がインタビューで僕のことを「超えられる気が全くしなかった」って言ってくれてたようですが、それって2004年から2006年までグランパスで一緒にやってた当時は、ってことでしょう(笑)。永嗣はずっと立派に戦って、日本代表のキャリアも輝かしいし。

そういう選手が僕と一緒に練習したり、僕のことを見たりして、そう感じてもらえたというのはすごくうれしいですね。永嗣は野心があって、とってもギラギラしてて、若さ溢れるいい部分は残しつつ頭が良くって賢くて。すごくバランスが取れて大人な感じでしたね。一緒にやってポジションを争ううえで、本当に一番脅威を感じた選手でした。