一流の仕事人には、譲れないこだわりがある!
プロフェッショナルのTheory

今をときめく彼・彼女たちの仕事は、 なぜこんなにも私たちの胸を打つんだろう――。この連載では、各界のプロとして活躍する著名人にフォーカス。 多くの人の心を掴み、時代を動かす“一流の仕事”は、どんなこだわりによって生まれているのかに迫ります

メールのレスポンスが速い人。見やすい資料を作れる人。プレゼンやファシリテーションが巧みな人。仕事のできる人の条件は人それぞれ。

だけど、一緒に仕事をしたくなるのは、どんなときも明るくご機嫌で、その人がいるだけで周りまで楽しくなるような人なんじゃないかなと思う。

ももいろクローバーZの百田夏菜子さんは、まさに一緒にいる人の気持ちまで上げる力を持った人。

【ももクロ・百田夏菜子】大嫌いだった自分の声が武器に。“どんな仕事も楽しむ自分”でいられる秘訣
(画像=百田夏菜子(ももた・かなこ)
1994年7月12日生まれ。静岡県出身。ガールズユニット・ももいろクローバーZのリーダー。同ユニットメンバーでメインキャストを務めた映画『幕が上がる』でグループとして報知映画特別賞と第39回日本アカデミー賞話題賞を受賞。2016年、連続テレビ小説『ぺっぴんさん』に出演するなど、アイドルだけでなく女優としても活躍。近作に『プラスティック・スマイル』『約束のステージ ~時を駆けるふたりの歌~』など、『Woman type』より引用)

だから、あの有名な“エビ反りジャンプ”で一躍トップシーンに駆け上がってから10年経った今も、こうしていろいろな場所で百田夏菜子という存在が求められているのだろう。

そんな百田さんの最新作が、3月12日(金)公開の映画『すくってごらん』。本作で、百田さんはある秘密を抱えたヒロイン・生駒吉乃を演じている。

アイドルとして、女優として、輝きを増し続ける百田さんは、どんなことを大切にしながら日々の仕事に向き合っているのだろうか。

百田夏菜子は、コンプレックスをどう乗り越えたのか

映画『すくってごらん』は、挫折を知る者たちの再出発を描いた、ポップで不思議な新感覚エンターテインメントムービーだ。

百田さんが演じるのは、金魚すくい店「紅燈屋」を営む美女・吉乃。劇中、百田さんは、軽やかな奈良弁を披露。撮影中は、慣れない方言に悪戦苦闘したそうだ。

【ももクロ・百田夏菜子】大嫌いだった自分の声が武器に。“どんな仕事も楽しむ自分”でいられる秘訣
(画像=『Woman type』より引用)
  • 百田さん:劇中、「最初の一匹ってほんまにうれしいですよね」って台詞があるんですけど、その一言がすごく難しかったんですよ。

    「最初の“一匹”ってほんまに“うれしい”」って、どんどんイントネーションが上がっていくんですけど、もうこれ以上高い声出ません! って思いました(笑)

そう百田さんは少女のように屈託なく笑う。

映画の中で見せたちょっとミステリアスな表情とは別人。百田夏菜子は内側からパワーが湧き上がってくるような女性だ。

だけど、演じた吉乃と重なる部分もある。ピアノを弾くことが大好きな吉乃だが、そんなピアノが吉乃のコンプレックスにもつながっている。

カメラの前で、ステージの上で、いつもファンを笑顔にする百田さんもまた同じようにコンプレックスに悩んだ時期があった。

  • 百田さん:私、自分の声がすごくコンプレックスだったんです。

    歌が思うように歌えないのはこの声のせいなんじゃないかって思っていて。いま考えると、声は全然関係ないって分かるんですけど(笑)

    当時は、カッコいい歌声が出せないのは、「全部この声のせいだ」って考えていたんです。

耳にするだけで百田さんだと分かるその特徴的な声は、百田さんにしかないオリジナルのもの。でも、誰しも人と違うことにコンプレックスを抱いてしまう時があるもの。

  • 百田さん:すごく悩んでいた時期は、お母さんに「こんな声、嫌いだ!」って言っちゃったこともありました。

今も思い出すと、ちょっとほろ苦い気持ちになる。そんなコンプレックスを克服できたのは、周りの人のおかげだった。

  • 百田さん:一番は、私の声を好きだと言ってくださる方たちがいてくれたことですね。私は自分の声は好きじゃないけれど、この声を好きだと言ってくれる人もいる。

    だったら、きっとそこに私ならではの良さがあるんじゃないかなって思えるようになりました。
【ももクロ・百田夏菜子】大嫌いだった自分の声が武器に。“どんな仕事も楽しむ自分”でいられる秘訣
(画像=『Woman type』より引用)

最近は、声優の仕事に取り組む機会も増えてきている。オファーが入る度、思い出すのは母から言われた一言だ。

  • 百田さん:お母さんが、「ほら、声を嫌いになることはなかったでしょ? その声が、あなたなんだから」って言ったんです。

    「こんな声、嫌いだ」なんてひどいことを言ってしまったこともあったので、その言葉はすごく響きました。

今、自分の声は好きですか――。そう尋ねると、「そうですね。好きです」と自分に確かめるように百田さんは答えた。

  • 百田さん:これが私の声なので。もちろんあんな声を出したいな、こんな風に歌いたいなって、いろいろ目標はあるんです。

    それはなかなか難しいことなんですけど、だからこそ追求のしがいがあるし、自分ができないと思っていることには伸びしろがある。

    そう考えたら、受け入れられるようになりました。