こんにちは。さくマガ編集部です。この記事では、キャリアアップのために転職したいと考えている人に向けて、その方法を紹介します。

キャリアアップとは、身につけたスキルや能力を活かして自身の経歴を高めることです。

キャリアアップ、スキルアップ、キャリアチェンジのそれぞれの違いを確認したうえで、転職でキャリアアップするためのステップや面接での注意点を説明します。キャリアアップ転職に成功する人の特徴や転職せずにキャリアアップを目指す方法にも触れるため、ぜひ参考にしてください。

キャリアアップとは

自分自身の経歴を高めることを「キャリアアップ」といいます。たとえば、雇用形態が非正規から正規になったり、役職が上がったりすることです。処遇改善も期待できます。

キャリアアップするには、目指すキャリアに求められるスキルや能力を身につけておく必要があります。社内でのキャリアアップも可能ですが、よりよい条件を求めて転職する人も多くいます。

スキルアップとの違い

キャリアアップと似た言葉として「スキルアップ」があります。スキルアップとは、自分自身の技術や技能を高めることです。

たとえば、新しい知識を学んだり、資格を取得したりすることを意味します。キャリアアップは他者に認められないと実現できませんが、スキルアップなら自分の努力次第で目標達成が可能です。

キャリアチェンジとの違い

「キャリアチェンジ」とは、いまの職種とはまったく異なる職種に変わることです。たとえば、営業職として働いていた人が事務職として新しくスタートすることが当てはまります。異動など社内で実現できる場合もありますが、キャリアチェンジするには基本的に転職が必要です。

キャリアアップすると地位が向上するのに対し、キャリアチェンジでは他の職種でゼロから経歴を積むことになります。

転職でキャリアアップするには?成功する人の特徴・事前準備や面接のポイントも紹介
(画像=『さくマガ』より引用)

転職でキャリアアップを目指すための事前ステップ

ここでは、転職でキャリアアップを目指す場合に事前にやっておくべきことを説明します。自分を客観的に見ることでキャリアアップしやすくなるでしょう。

キャリアプランを具体的に定める

キャリアアップを目指すなら、将来を意識したキャリアプランを立てる必要があります。なぜなら、最終的に自分がなりたい姿が明確になっていなければ、キャリアアップの方向性もみえてこないからです。目先のことしか考えていないと、本当に実現したかった目標を達成できなくなる恐れもあります。

はじめに長期的なプランを立て、実現するために必要な要素を考えましょう。自分のプランをしっかりと把握したうえで、それぞれの要素を満たすにはどうすればよいかを考えます。そうすると中期的なプランも立てやすくなるでしょう。

自分の目指すキャリアから転職先を探す

具体的なプランが立てられたら、それを実現しやすい企業を転職先として探します。たとえば、裁量をもってどんどん仕事をこなし、実績を増やしたいと考えているなら、成果主義の企業がおすすめです。

外資系企業やベンチャー企業などではその傾向が強くみられます。企業によって方針はそれぞれ異なるため、比較しながら自分に合いそうな企業をみつけてください。

希望条件に優先順位をつける

キャリアアップのために転職するなら、希望条件に優先順位をつけておきましょう。条件をそろえることにこだわるのも悪くはないですが、すべてを完璧に満たせる企業ばかりではありません。

将来的なキャリアアップを見据えて転職するなら、待遇面にこだわりすぎないことも大切です。なぜなら、入社時の条件がそれほどよくなくても、あなたが優秀な人材で成果を出せれば評価をされ、どんどん昇格や昇給できる場合もあるからです。

業界・企業研究を入念におこなう

転職では、業界や企業に関して熟知しておく必要があります。事業者ごとに経営理念などが違います。理解が薄い状態では、面接時に自分のスキルや経験をどう活かせるかをうまく伝えられません。

また、よくわからないまま転職した結果、思っていた業務ではないと感じてミスマッチが起きる可能性もあります。自分に適した企業へ転職するためには、業界や企業の研究が重要です。人材紹介会社に登録することで、人材コンサルタントのサポートを受けることができるので、検討してもよいでしょう。