損得勘定で動く人は好きですか?もしかして自分って損得勘定がひどいタイプかも?そう思う人はぜひ目を通してみて下さいね。損得勘定で動く人の性格と心理的特徴を7選ご紹介します。どんな人間関係を築くのか、幸せになるためにはどうすればよいのかまでもまとめていきます。

『損得勘定』ってみんなしてるよね?

損得勘定をすると損をする。

このような言葉を耳にしたことがあると思います。

とは言え、多かれ少なかれ人は「欲」が行動の原動力な部分も大きいわけですから、「得したい」とか「損したくない」なんて、みんなそれなりに考えますよね。

けれども、損得勘定があからさまな人とは付き合い方を考えたくなるのも事実。度が過ぎる損得勘定は、人間関係を構築しにくいし、結果的に「損をする」ことも多そうです。

これから、詳しく損得勘定についてまとめていきたいと思いますよ。

お付き合い、よろしくお願いしますね♪

「損得勘定」とは?

損得勘定という言葉を辞書で引いてみると、

「自分にとって損か得かを打算的に判断する様子。利害の有無を視野に入れて物事を考えること」

などというような意味合いが書かれていました。

世間一般ではどうなのかは別として、自分にとっての「損をする」とか「得をする」という基準を設けて物事を判断することを、「損得勘定」と表すのですね。

そういう意味合いで言うのならば、誰だって多少は損得勘定して生きているのではないかと思うのですが、どうでしょう?

損得勘定のあやふや感が半端ない!

私なんて損得勘定の塊りかもしれません。だけど、私の損得勘定の基準が曖昧なのもすごく気になるんです。

例えば、

「A店で買ったミカン。同じブランドのものがB店ではセールをしていて30円安く売っていたらしい」

そう聞いたら、一日中なんだか気分が悪くなってしまいます。 たかが30円のことなのに…。

逆に、

「30円あげるから、スーパーでミカン買ってきて」と言われても、多分行きませんけどね。 30円得するっていうのに…。

損得勘定って、一体何なんだろうと不思議に思えてきました。

というわけで、

(1)損得勘定な人の性格や心理的特徴
(2)損得勘定の心理とメカニズム
(3)損得勘定な人の人間関係の築き方
(4)損をしない人間関係の築き方について

と、こんな感じでまとめていきたいと思います!

損得勘定する性格&心理的特徴7選!

「目先の損得勘定で損をする」とか「安物買いの銭失い」なんてことわざは、それらのほとんどが、「目の前にある損と得だけに心を奪われないで」という勧告をしてくれていますよね。

損得勘定をする人の性格や心理的な特徴、そして人との付き合い方とはどんなものがあるのでしょうか。

損得勘定を続けていると損をするかどうかを、予測しながらこの先を読んでもらえると嬉しいです♪

【損得勘定する性格&心理的特徴】1.独自のルールがある

損得勘定の基準は、その人自身の価値観に基づいてルールがあるようですね。

なにを「得」と思い、なにを「損」と考えるかによって、損得勘定の基準に明確な違いが現れます。

損得勘定をする人で、自分の好きなモノに対しては惜しまないけれど、そうではないモノに対してはお金を一切出したくないという人もいます。

また、割り勘分はちゃんと支払うけれど、「奢り分」とか「差額」に対しては出し渋るという人もいる。

だからといって、一般的な「ケチ」とは違い、お金を出すのが嫌なわけではなく、「損」をするのが嫌なんですね。

「得」だと感じられるのならば、お金も時間も使う。 けれど、「損」と感じるものにはお金も時間も使いたくない。

そして、その損得の基準は人それぞれなわけですが、損をしたくないという気持ちが強いと、手に入れたことがわかりやすい物質的なものに対する執着が強くなりがち。

精神面を満たすための投資に対しては、「得した感」が曖昧になることが多いため、無駄だと判断する傾向が強いのでしょう。

【損得勘定する性格&心理的特徴】2.人を信用できない

損得勘定をする人の心理には「人を信用できない」という特徴があります。

信じられるのは「お金」だけ。そう豪語する人の内心には、傷ついた経験や、裏切られた傷跡がたくさんあるのかもしれません。

人から与えられる「愛情」を信じられないので、どうしても物質にこだわりを持ちやすくなります。約束をしても守ってもらえる保証が得られないため、人との関わりをあまり持ちたくないと考えがちになります。

こうなると人間関係を築くのに不具合が生じ、仕事にも影響がでることもあるでしょう。

「人のため」の行動を「損」だと認識してしまう人は、他人から援助を貰える可能性も少なくなってしまいます。そういう意味においては、結局のところ大きな損をしてしまうかもしれませんね。

【損得勘定する性格&心理的特徴】3.見返りを求める

損得勘定をする性格の人は、何事にも「見返り」を求める傾向があります。

人間関係とはお互い支え合って上手く機能するものですが、損得勘定をする人にとっては、「してもらう」ことは当たり前の権利であり、「してあげる」ことには見返りが必要だと感じてしまいます。

大きな視野で判断すれば、支えてもらっていることを理解できるはずなのに、損得勘定をする人は目先の行動でしか判断をしません。

「自分ばかり仕事をしている」と思いがちになり、損をしていると勘違いしてしまうのです。

損得勘定をする人は、「してもらったこと」に対する記憶は曖昧で覚えていないケースが多いですが、「してあげたこと」に対する記憶はずっと覚えていたりしますよね。

「してあげた」と思っている行為も、実は「お返し」をしているに過ぎないかもしれません。

見返りが無かったと嘆く人もいますが、直接の「お返し」が無かったとしても、巡り巡って返ってくることを知る必要があるでしょう。

【損得勘定する性格&心理的特徴】4.出世意欲が強い

損得勘定をする人の性格として、出世意欲が強かったり、ランクアップすることばかりを優先する特徴があります。

仕事関係での人の付き合い方でもそれは明確で、「自分の出世に繋がるか否か」で、付き合い方を判断することも多いです。

同僚が仕事に関して上手くいかずアドバイスを求めたとしても、自分の得にはならないのでスルー。上司や自分の出世に繋がると判断した相手のお願いは積極的に聞き入れる。

こんな感じでは人間関係が上手く行くとは考えにくいですね。

上昇志向が高いことや、出世意欲が強いのが悪いという意味ではなく、自分のルールだけで付き合い方に差をつけたり、ないがしろにすることは、得が無いという意味になります。

損をしたくないばかりに意識が行き過ぎると、結果として得に繋がらないという典型的な例ですね。

【損得勘定する性格&心理的特徴】5.要領がいい

仕事上での人間関係でのお話をもう一つ。

損得勘定をする人の多くは要領がいいという特徴がみられます。

自分にとってのメリットを優先して、面倒な作業はなるべくやらないような立ち回りをします。

「自分がやる必要がない」という意味合いの説明を延々とし、同僚や部下を辟易させることもあるでしょう。それで相手が面倒な仕事をやってくれれば、自分としては得した気分になれます。

損得勘定で動く人の性格と心理的特徴7選!どんな人間関係を築くの?
(画像=『Lovely』より引用)

そして、「目立つ仕事」や「出世に繋がる華々しい業績」などには目がありません。同僚を押しのけてでも自分が結果を出そうと躍起になります。

さらに損得勘定の要領の良さがひどくなると、人がこなした仕事をさも自分がやったように見せることすらあります。

これでは、人の信用を勝ち取ることは難しいですし、ボロを出さないまま上司の機嫌を取り続けるのも大変な作業になるでしょうね。

損をしているか得をしているかは、一目瞭然蚊と思いますが、どうでしょう。

【損得勘定する性格&心理的特徴】6.忍耐力がある

損得勘定をする性格の人は、忍耐力があるという特徴を持っています。

自分のルールに従って行動し、「得になる」機会をジッとうかがうことができます。

普通の人なら、「この辺で手を打とう」と思い妥協する場面でも、損得勘定をする人なら「まだここは待ちの時」だと、忍耐強く待ち続けられるのです。

仕事上でも、「自分の得になる」作業では忍耐強く、コツコツ頑張れます。ある意味において誰よりも我慢強く、一生懸命に作業ができる性格をしています。

お客様からのクレームも、「得になる」と判断すれば真摯な態度で応対できますし、嫌いな上司であってもそんな素振りをみせない付き合い方ができるでしょう。

我慢して得られる物が大きいのなら、ずっと我慢し続けられます。

損得勘定で動く人の性格と心理的特徴7選!どんな人間関係を築くの?
(画像=『Lovely』より引用)

損得勘定をする人は、セールに強い

また、損得勘定をする人は、セール品を購入するのが上手いという特徴もあります。

欲しいブランド品があっても定価では買いません。セールが来る日を忍耐強く待ち続けます。結局、セールにならなかったとしても、「それならそれでよし」と、諦めがつくのも潔ささえ感じますね。

損得勘定をする人は、「損をしない」ことを重点的に考えがちなので、欲しいものが手に入らなかったとしても、「損していない」現状があれば、ある意味満足できる心理を持っています。