昔からある「安物買いの銭失い」という言葉。安物を買ってお得な買い物をしているように見えても、実際のところ損をしているという意味です。安物買いの銭失いをしてしまう理由とは何なのでしょうか。また、やめるにはどうすれば良いのでしょうか。

「安物買いの銭失い」とはどういう意味?

昔からよく使われている「安物買いの銭失い」という言葉。 あまり良い意味では使われませんよね。というよりむしろ悪い意味で使われています。 今回は、その安物買いの銭失いをしてしまう理由ややめる方法についてご紹介していきます。 まずは安物買いの銭失いという言葉の意味を確認しておきましょう。

安物買いの銭失いをやめるべき9つの理由!やめるにはどうする?
(画像=『Lovely』より引用)

安物買いの銭失い
【読み】 やすものがいのぜにうしない
【意味】 安物買いの銭失いとは、値段が安いものは品質が悪いので、買い得と思っても結局は修理や買い替えで高くつくということ。
引用元: http://kotowaza-allguide.com

安物買いの銭失いにはこんな意味があったんですね。

確かに安いものは原価を抑えているので粗悪なものが多く、ちょっと使うと壊れてしまうという評判があとを絶ちません。 しかし、大量消費の今は、粗悪とはいってもそこそこの品質のものがありますよね。 安物でもそれほど粗悪品ではないのであれば、銭を失っていることにはならないのではないでしょうか?

安物買いの銭失いをやめるべき9つの理由!やめるにはどうする?
(画像=『Lovely』より引用)

安物買いの銭失いをしてしまうのはなぜ?

確かに、暮らしの中でより安い物を買い求めるのは当然のこと。 できるだけ安く抑えることで貯蓄にまわし、その分別の贅沢をしたり老後の貯金や教育費に回すことが出来ます。 そう。その方向で筋は通っているはずです。 そこそこ使える安物を買い、そこそこ使えればものを買わずに済み、その分貯金に回せます。 そのはずなのです。

安物買いの銭失いをやめるべき9つの理由!やめるにはどうする?
(画像=『Lovely』より引用)

しかし、実際にはどうでしょうか。 安物を買って、その分浮いたお金でとても貯金が貯まっているという話はなかなか耳にすることが出来ません。 やはり時代が変わっても安物買いの銭失いという法則は変わらないようです。 ではなぜ、安物買いの銭失いをしてしまうのでしょうか。 ここからは安物買いの銭失いをしてしまう理由を見て行ってみましょう。

安物買いの銭失いをやめるべき9つの理由!やめるにはどうする?
(画像=『Lovely』より引用)

【安物買いの銭失いをする理由】ネットショップが増えた

ネットショップが増えて、いつでもどこでもネットにつなげる環境にあればショッピングが楽しめるというのが、安物買いの銭失いをしてしまう理由の1つでしょう。 特にネットショップは店舗が無いため、その分のお金を削って全てを商品の値段に還元することが出来ます。 しかし、ネットショップは実物を目にすることが出来ない為に失敗も数多くあるのも事実です。 つい安さに釣られて意味のないものを買ってしまったり、暮らしに必要がないものを買ってしまったり、使えないものを買ってしまったりすることも…。

安物買いの銭失いをやめるべき9つの理由!やめるにはどうする?
(画像=『Lovely』より引用)

【安物買いの銭失いをする理由】低価格商品が増えた

ユニクロやGU、しまむらなどをはじめとした安価なファッション店舗は増えましたよね。 今やこうした安価な服はどこにでもあります。 また、100円均一などもテレビなどで良くとりあげられるようになり、実際100円均一でも使えるものが多いので重宝されています、 ただ、やはり100円均一といえる商品も少なくはありません。また、安いものが沢山あるので、意味のない物を買ってしまうこともあります。

安物買いの銭失いをやめるべき9つの理由!やめるにはどうする?
(画像=『Lovely』より引用)

【安物買いの銭失いをする理由】それほど粗悪品ではない

安物買いの銭失いとは言っても、実はそれほど粗悪品が出回っているわけではありません。 100円均一でもそこそこの質のものが売っていることがありますし、ユニクロは薄利多売という中でも特に質を重視した手法で人気を集めましたよね。 昔は安物といえばすぐに壊れてしまうものだというイメージがありましたが、安物でも実はそれほどの粗悪品ではなく、値段相応のものが多いのです。 少なくとも買ってすぐにゴミになるということはあまりありません。

安物買いの銭失いをやめるべき9つの理由!やめるにはどうする?
(画像=『Lovely』より引用)

しかし、ほとんどの場合それほど長くは持たずして壊れてしまうでしょう。 その値段相応か、そこそこ使えるという点でどんどん安物を買ってしまうのです。 そしてそこそこ使うとダメになり、また買ってそこそこ使うとまたダメにするということを繰り返しています。 安物でもそこそこ使うことが出来るという意味があるので、また安物を買ってしまうんですね。

安物買いの銭失いをやめるべき9つの理由!やめるにはどうする?
(画像=『Lovely』より引用)

安物買いの銭失いはやめるべき!

安いものでも使えるものがある一方で、やはり安いものを買うとお金が出ていくのは事実です。 ついついお金がないからと安いものを買ってしまいがちですが、高くても良いもの、気に入ったものを買いましょう。 ここからは安物買いをやめるべき理由9つをご紹介します。

安物買いの銭失いをやめるべき9つの理由!やめるにはどうする?
(画像=『Lovely』より引用)

【安物買いの銭失いをやめる理由】①すぐに使えなくなる

安物といっても最近では馬鹿にできません。特にユニクロやGUなどは薄利多売が横行する中でも特に商品の品質に目を着けて、今や海外でもユニクロ店舗は重宝されています。 そうしたユニクロなど、品質を重視するような店舗では安くても使えるものが多いですが、中には買うとすぐに使えなくなってしまうことも…。 特にユニクロなどが売りだしている暖かい下着などは洗濯するとその効果が無くなってしまったり、肌が乾燥することもあります。

安物買いの銭失いをやめるべき9つの理由!やめるにはどうする?
(画像=『Lovely』より引用)

【安物買いの銭失いをやめる理由】②結局損する

商業施設には、売り上げを少しでも伸ばす為に様々な工夫が凝らしてあります。 例えば、「〇〇を1つで98円。3つ合わせて250円!」という張り紙、良く見ますよね。 この張り紙を見た時あなたならどうしますか? 安物買いの銭失いをしてしまう人は、ついついやすくなるならと手を伸ばし、暮らしに必要のないものまで買ってしまいます。

安物買いの銭失いをやめるべき9つの理由!やめるにはどうする?
(画像=『Lovely』より引用)

そうして安さに釣られて買ってしまったものは結局使わず、そのままになっていることが多いでしょう。 安くなるからにはそれなりの理由があるものがほとんどです。 例えば賞味期限が近いだとか、味に問題があり在庫が余っているだとか、新商品が出るからだとか…。 安いからといって必要のないものまで買ってしまうと、結局損をするのです。

安物買いの銭失いをやめるべき9つの理由!やめるにはどうする?
(画像=『Lovely』より引用)

【安物買いの銭失いをやめる理由】③部屋が整わない

安いからと沢山のものを買ってしまうと、部屋もどんどん物であふれかえってきます。 高いものならそれほど沢山変えなくても安いものなら沢山買うことが出来ますもんね。 そうして部屋にものがあふれかえり、そのための収納を買ってまた部屋にものが増えるということも…。 素敵な暮らしをする為に買った物でより暮らしを悪くしてしまっているんですね。 それでは本末転倒。安いものを買う意味がありません。

安物買いの銭失いをやめるべき9つの理由!やめるにはどうする?
(画像=『Lovely』より引用)

部屋が汚いとストレスにも…

部屋が汚いと暮らしに影響が出てきます。 汚い部屋で寝起きしていると気持ちも暗くなりがちで、なぜ自分はこんなに部屋が汚いんだろうと自己嫌悪に陥ってしまうこともあります。 そうしてため込んだストレスは買い物をしたいという欲求につながり、再び物が増えてしまうという悪循環…。 部屋を綺麗に保つことは心の安定のためにもとても大切なことなのです。

安物買いの銭失いをやめるべき9つの理由!やめるにはどうする?
(画像=『Lovely』より引用)