子供を望む夫婦の中には、長年不妊治療を続けている人や医学的にやむを得ない事情で最初から赤ちゃんを断念せざるを得ない夫婦もいます。海外では代理出産で赤ちゃんを授かる夫婦もいますが、日本国内の代理出産の状況はどうなのでしょうか。くわしく解説します。

代理出産(代理母出産)とは?

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

日本では実に7~10組に1組のカップルが不妊症の治療をしているといいます。 不妊症の人が増えた理由には晩婚化というだけではなく、不妊に繋がる病気にかかる人が増えていること、そして不規則な生活習慣やストレスが体に影響を与えていることが挙げられています。

結婚して子供がいる温かい家庭を望む夫婦にとって、「自分たちの子供を得ることができない」という現実はとてもつらいものでしょう。

不妊治療を続けてもなかなか子供に恵まれない夫婦や、病気のために妊娠・出産が望めないけれどどうしても子供が欲しい夫婦が臨む1つの方法として「代理出産」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

代理出産とは、女性が何らかの理由で自ら妊娠・出産ができない場合に第三者の女性に妊娠・出産をしてもらい、生まれた子供を自分の子供として引き取り、育てることをいいます。

代理出産|日本人の事例

日本人の代理出産で有名なのは女優の向井亜紀さん、アナウンサーの丸岡いずみさんの事例です。

日本人が代理出産を実施した事例は少なく、生まれた子供との親子関係についての議論も含め、大変話題になりました。 向井亜紀さんは子宮頸がんの治療で子宮を全摘出したため妊娠・出産が望めず、丸岡いずみさんは不妊治療と2度の流産経験から、それぞれ代理出産を海外で依頼するという方法を選び、子供を得ています。

また代理出産が法律で禁じられているフランスでは、妻が子宮と膣の一部もしくは全部が欠損して生まれる先天性の病気「ロキタンスキー症候群」のため、アメリカで代理出産を行ったという事例もあります。

代理出産|サロゲートマザー

代理出産には2つの方法があります。 妻が病気で卵巣と子宮を摘出した等で、妻の卵子も子宮も使用できず妊娠できない場合に、夫の精子を第三者の女性の子宮に注入して妊娠・出産をしてもらうという方法です。

これを行う代理母をサロゲートマザーと言います。

夫の精子+第三者の卵子 → 第三者の子宮(サロゲートマザー)

この場合、卵子は妻のものではなく、実際に妊娠・出産を行うサロゲートマザーのものになります。

代理出産|ホストマザー

もう一つは、夫婦の精子と卵子は使用できても、妻が病気等で子宮を摘出していて妊娠ができない場合に、夫婦の精子と卵子を体外受精させてできた胚を第三者の女性の子宮に注入し、妊娠・出産をしてもらうという方法です。

これを行う代理母をホストマザーと言います。

夫の精子+妻の卵子 → 第三者の子宮(ホストマザー)

日本産科婦人科学会の見解

『はいチーズ!clip』より引用
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

代理出産や卵子提供などの生殖補助医療について、日本では2019年現在においても法整備がされておらず、関連団体がガイドラインを定めているだけです。

したがって、日本で卵子提供や代理出産を行っても罪に問われることはありません。しかし日本産科婦人科学会は、「代理懐胎(代理出産)は認められない」との見解を示しており、会員に代理出産に関わることを禁止しています。

その主な理由として、「生まれてくる子の福祉を最優先すべきである」こと、「代理懐胎(代理出産)は身体的危険性・精神的負担を伴う」こと、代理出産は「家族関係を複雑化する」こと、「代理懐胎(代理出産)契約は倫理的に社会全体が許容しているとは認められない」ことが挙げられています。