赤ちゃんに靴下が必要なのはどんなとき?

はいチーズ!clip
(画像=はいチーズ!clip)

赤ちゃんに靴下は基本的に必要ありませんが、パパママは「大丈夫かな?」と不安になることもあります。もちろん、タイミングや状況によっては赤ちゃんに靴下を履かせた方がよい場合もあります。靴下が必要な場合についても知っておきましょう。

寒い日に外出するなら赤ちゃんに靴下を履かせる

寒い日の外出時は靴下を履かせましょう。抱っこ紐やベビーカーから素足が出てしまうと、しもやけや冷えの原因になることがあります。秋から冬にかけて生まれた赤ちゃんは、寒い時期に予防接種などで外出する機会もあるため、靴下が必要になるでしょう。赤ちゃんが寒い中でも暖かく過ごせるよう、服装を調節してください。

靴下は赤ちゃんの肌を乾燥から守る役目も果たします。肌がカサカサしてきたら、足首まですっぽり覆えるものを選ぶとよいでしょう。ただし、寒いからと厚手の靴下を履かせるのは避けるのが無難です。体温調節が上手くできない可能性があるので、薄手の靴下にし、気温や室温によってすぐに脱着できるようにするとよいでしょう。寒い日の外出の場合、初めから靴下を履かせておくほうが、急激な体温の低下を防げます。靴下の重ね着は避け、レッグウォーマーを併用したり、ブランケットでくるむとよいでしょう。

赤ちゃんが靴をはくようになったら靴下も

赤ちゃんがしっかり歩けるようになったら、靴を履いた外出の機会も増えます。我が子がファーストシューズを履く姿は、パパママにとっても忘れられない思い出となるでしょう。赤ちゃんには靴を履くタイミングで、靴下もセットで履かせましょう。靴下の上から靴を履くことで違和感もなく、靴擦れから足を守る効果があります。靴の臭い防止や、靴の汚れ防止にもなります。靴下を履かせる時は、赤ちゃんに「靴を履くときは靴下を履くもの」と教えることも重要です。

赤ちゃんに靴下を履かせるときの注意点

赤ちゃんの靴下を選ぶ時は、締め付けの少ない、ゆったりと履けるものを選びましょう。キツイものは足の血行を妨げる可能性があります。靴下を履かせてみて、足首にゴム跡がつくものはサイズが小さめです。もったなくても、サイズアウトしたと諦め、ワンサイズ大きなものを買いましょう。サイズは赤ちゃんの成長具合にもよりますが、下記の通りです。

赤ちゃんの月齢別 靴下のサイズ

0ヶ月
7cm~9cm
1ヶ月~5ヶ月
8cm~11cm
6ヶ月~11ヶ月
9cm~12cm
12ヶ月以降
11cm~13cm

靴下はなるべく吸水や通気性にすぐれたものを選びましょう。つかまり立ちやヨチヨチ歩きを始めた赤ちゃんは、滑り止めのついた靴下を履かせてあげると、滑って転倒するリスクを防ぎます。選ぶ時にはサイズにも注意しましょう。靴下が大きいと、脱げやすくなるだけでなく、靴の中でズレてしまうため赤ちゃんが歩きずらいことも。赤ちゃん用の靴下はゆったりとした作りが多いため、レッグウォーマーを使ったり、ズボンを上から被せることで脱げにくくなります。

赤ちゃんにおすすめの靴下

靴下は赤ちゃんの肌に直接触れるものなので、肌に合うものを選びましょう。シルクや綿の靴下なら、寒い冬・暑い夏と季節を問わずに履けます。肌触りもよく、吸湿性・放湿性はもちろん、通気性もいいので赤ちゃんの体温調節の邪魔になりません。季節の変わり目や冬などの寒い時期はウールや綿の靴下もよいでしょう。保温性があり、吸湿性・放湿性にも優れています。デザインも豊富に販売されているため、赤ちゃんが快適に過ごせる靴下選びをしましょう。

WADDLE(ワドル) ラトル付きソックス

はいチーズ!clip
(画像=はいチーズ!clip)

絵本から飛び出したような可愛いデザインが特徴! ラトル付きのベビーソックスです。赤ちゃんが靴下を振ると音がなるので、おでかけも楽しくなりますね。見た目も可愛いのに、ふわふわで暖かく、滑り止めも付いており機能性も抜群です。

Soggs(ソッグス) ベビー用靴下

はいチーズ!clip
(画像=はいチーズ!clip)

卵パックのようなパッケージに、コロンと丸くなった靴下が入っているユニークなベビーソックスです。6種類のデザインの靴下が入っており、その日のファッションや気分に合わせて靴下を選ぶ楽しみもできますね。カラフルなデザインの靴下はファッションのワンポイントになるでしょう。

年配の人が赤ちゃんに「靴下を履かせなさい」と言うワケ

はいチーズ!clip
(画像=はいチーズ!clip)

祖父母世代に「赤ちゃんに靴下を履かせなさい」と言われ、悩んだ経験はありませんか。外出先で「靴下履かせてないの」と知らない年配の女性に話しかけられ、びっくりすることも。SNSなどではあまりの頻出ぶりに、このような女性は「靴下おばさん」とも呼ばれています。 今のおじいちゃんおばあちゃん世代は、家の断熱機能や空調設備が整っていない環境だったため、室内でも靴下を履かせることが一般的でした。余分に1枚着せたり、靴下を履かせるのは寒い室内で育ってきたおじいちゃんおばあちゃん世代の感覚です。現在では、住宅の断熱性が高く暖房設備が整っているため「赤ちゃんは手の平や足の裏で体温調節をするため、なるべく裸足で育てましょう」と考えるのが一般的です。室内が外と同じぐらい寒い環境などでなければ、気にすることはありません。外出先で困ったら、笑顔で「今は昔と違って裸足でもいいみたいですよ。病院で言われてて…」などと返すとよいでしょう。「昔とは違うんですよ!」と反発するとトラブルになることもあり、衝突を避けてかわすのが無難です。

まとめ たかが靴下、でも初めての育児では気になる

はいチーズ!clip
(画像=はいチーズ!clip)

「靴下を履かせた方がいいのかな」その悩みは、パパママが赤ちゃんをよく観察し、真摯に向き合っている証拠です。現在は室内の温度が保たれていることが多いので、赤ちゃんに靴下を履かせる必要はありません。靴下を履かせる・履かせないで将来が大きく左右されるわけではありません。状況に応じて、パパママが判断してあげてください。

提供・はいチーズ!clip

【こちらの記事も読まれています】
【2020年最新】簡単ハーフアップのやり方 髪型別おすすめアレンジ14選
韓国の子供服がインスタで人気! 【2020年最新版】おすすめ子供服の通販12選 
マスクの簡単な作り方を解説! 100均の材料で手作りできるマスクや縫わないハンカチマスクも紹介
幼児食はいつから? 食べられない食材は? 楽しい食事のポイントは?
STEAM(スティーム)教育とは? STEAM教育の導入で日本はどう変わる?