祖父母から赤ちゃんに靴下を履かせるように言われるパパママも多いでしょう。一方で、出産した病院などでは「赤ちゃんに靴下は不要」と言われることも多いです。そもそも赤ちゃんに靴下は必要? 履かせるならいつから? など赤ちゃんの靴下について、パパママが気になる疑問を解説します。

赤ちゃんに靴下は必要なの?

はいチーズ!clip
(画像=はいチーズ!clip)

赤ちゃんの足を触ると、ヒンヤリ冷たく「寒いのかな?」を不安になるパパママもいるでしょう。ベビー用品売り場では、新生児用の靴下もよく見かけるため、「赤ちゃんに靴下は必要なのでは」と悩んでしまいます。しかし、赤ちゃんは手足が冷たくても、おなかや背中などの体幹部分が冷えていなければ、靴下は必要ありません。寒いからとたくさん着せすぎてしまうのは、あせも・転倒の原因になったり、乳幼児突然死症候群(SIDS)の危険性を高める可能性が指摘されています。赤ちゃんと靴下の関係について知っておきましょう。

赤ちゃんの暑い・寒いは体幹で知ろう

赤ちゃんの暑い・寒いを判断するためには、手足よりも体幹部分で判断しましょう。体幹とは胴体部分を指し、胸や背中・腰回り・腹筋あたりです。赤ちゃんは汗腺が大人と同じくらいあるため、とにかく汗をかきます。頭や首筋を触ってみて、じっとりと汗をかいていたら暑がっている証拠です。

寒がっている時の判断は難しいですが、顔色や唇の色が悪い・お腹や背中部分がひんやりしていれば、冷えを感じていると考えられるでしょう。手足はむき出しになっているため外気の影響を受けやすく、どうしても冷たくなります。手足が冷たくても、お腹や背中に触れてぬくもりを感じるようなら、赤ちゃんにとって快適な状態であると判断してかまいません。

室内では赤ちゃんに靴下は不要

赤ちゃんは足先で体温調整をしているため、冬でも部屋が暖かい場合は靴下を履かせる必要はありません。足が冷たくも、体が暖かければ、靴下は履かせなくても大丈夫。室内で靴下を履かせると、熱が体内にこもってしまいます。その結果、脱水症状や熱中症を起こすことも考えられます。同じ理由で、室内では足つきロンパースの使用も避けるのが無難です。赤ちゃんは自分で体調不良を訴えることはできないため、パパママは気づけないこともあるでしょう。体温の上がり過ぎを防ぐためにも、室内で赤ちゃんに靴下を履かせるのは避けましょう。

赤ちゃんが寝るときは靴下を履かせない

眠っている赤ちゃんにも、靴下は必要ありません。赤ちゃんは体温調節が未熟なため、靴下を履くことで、熱が体内にこもってしまう「うつ熱」の状態になる危険があります。うつ熱とSIDSの関係は明確にされていませんが、うつ熱による体温上昇が乳幼児突然死症候群の原因になる危険性が指摘されています。 乳幼児突然死症候群(SIDS)は健康だった赤ちゃんが突然死亡することをいいます。発生原因は完全にわかっていませんが、日本でも毎年300人程度が乳幼児突然死症候群で死亡しているので注意が必要です。乳幼児突然死症候群から赤ちゃんを守るためにも必要以上の厚着はさせず、寒いと感じたらまずは室温で調節を行うのが基本です。