気遣い・心遣い・気配りの意味や使い方:心遣いの使い方

続いて「心遣い」の使い方です。
先程の「気遣い」よりも少し使い方が高度になります。

メールでの使用もできることはできますが、もし「心遣い」の文言を入れるとしたら、「気遣い」よりも少なくしてください。
「心遣い」を示した文言を盛り込んだメール(特に仕事でのメール)だと、変になってしまいます。

例えば「心遣い」を示した文言を入れたメールだと、
"いつも〇〇の件について、お心遣いありがとうございます。"
など、冒頭にさりげなく入れる程度が良いでしょう。

カップルで必要なのは「心遣い」

カップルでいちばん大事だと思うスキルは、気遣いでも気配りでもなく、心遣いです。
下手な言い方をすれば、心遣いひとつあればどうにかなります。

逆に気遣いばかりをしてしまうカップルはその内ギクシャクしてくる可能性もありますし、気配りも何となく違います。

カップル、特に恋愛関係にある相手に対しては"心"がどう思っているかどうかが大事になってきます。
心遣いの方法が分からないという人は、本当に彼氏・彼女もしくはパートナーを心から大事に想っているかどうか、自問自答してみるのも良いと思います。

恋愛関係は"心"が遣えれば、何とかなります!

気遣い・心遣い・気配りの意味や使い方:気配りの使い方

さて、続いて「気配り」の使い方になります。
ちなみに、前項・前々項と違い、「遣い」ではなく「配り」なので、そこもポイントになります。

「遣う」はひとりに対してでした。ですので、一対一で成立するものです。
「配る」は全体に対してです。ですので、使い方も意味も変わってきます。

それでは、「気配り」の使い方としては、仕事におけるメールや個人的なメールとしての文言としては成立しにくい感じがします。

ちなみに、こう考えたら分かりやすいです。
気配り=(全体に対しての)クッション言葉
です。

自分対大勢の人に対して、何かアクションを起こす時に、何かをお勧めするとします。
その際にクッション言葉を添えることが、「気配り」に繋がります。
例えば、"お口に合うかどうか分かりませんが…"、"些細なものですが…"などです。
全体の雰囲気を壊さないように下手に立ったような立ち位置です。

気遣いのできる男性とはどんな男性?

では実際に気遣いのできる人ってどんな人?ということで、まず、気遣いのできる男性とはどんな男性なのかを紹介していきたいと思います。

一言で言うと、気遣いのできる男性はモテます。
更に、気遣いのできる男性は仕事ができます。

どういった気遣いができるのかというと、ビジネスシーンに見られることが多いです。
例えば、先回りして仕事を手伝ってあげたり、相手の立場に立って上手に気遣いをし、人から敬われる存在となります。
ですので、仕事場において、男性からも女性からも憧れの存在といった男性になることが多いです。

気遣いのできる女性とはどんな女性?

気遣いのできる女性とはどんな女性でしょうか。
まず、気遣いのできる女性は、大勢の人がいる集団の中で気に入られる存在になります。

主に、仕事場において重宝される存在となります。
ただ、女性の場合妬まれる対象になることもありますので、気遣いのできる女性が本当に気遣いが上手なのか、それとも仮想の姿なのかを見分けた方が良い場合もあります。

心遣いのできる男性とはどんな男性?

心遣いのできる男性は、モテる男性でもありますが、イイ男の部類になります。
先程の気遣いのできる男性は、モテる男性に留まります。
気遣いに加えて、心遣いもできる男性はモテる男性に加えてイイ男となります。

心遣いは仕事場よりも、どちらかというとプライベートで活躍するスキルです。
プライベートで女性と接する際は、気遣いはもちろん心遣いもできるようにしておくと好感度がアップします。

心遣いのできる女性とはどんな女性?

心遣いのできる女性とはどんな女性でしょうか。
キーワードは"さりげなさ"です。

女性は心遣いができるかできないかで、モテる女性かそうでないかが判断されます。
ということは、心遣いのできない女性は、モテない女性ということになります。

同性に対する心遣いはもちろん、異性に対する心遣いができるできないで、その女性の、女性としての格付けをされるようになります。
ですので、女性にとって「心遣い」は恋愛のスキルの一貫だと思っていただくと良いと思います。

気配りのできる男性とはどんな男性?

気遣い・心遣いに加えて、更に「気配り」までできる男性は、本当の意味でモテる男性と言っても良いでしょう。
見た目はそんなにイケメンではないのに、なぜかモテるといった男性は、気遣い・心遣い・気配りの3拍子揃った男性と言っても過言ではありません。

例えば、気遣いは主にビジネスシーンで活躍させ(もちろん心遣いも仕事において使ってはいるけれども、気遣いの方が使う割合が大きい)、心遣いは主にプライベートで活躍させるとします。
気遣い・心遣いの両方に加えて、気配りがあると、本当の意味でモテる男性になります。

もっと簡単に言えば、気遣いや心遣いといった料理があるとします。
それぞれは非常に美味しい料理で、そのままでも十分満足できる料理です。
でも気遣いや心遣いといった料理に、更に、「気配り」というスパイスを加えると、更に美味しく完璧なものに仕上がるといったイメージです。

本当の意味でモテる男性を目指すのであれば、気遣い・心遣いはもちろん、気配りといったスパイスを加えることができるようになりましょう。

気配りのできる女性とはどんな女性?

女性の場合、気配りのできる女性は男性からの支持が大きくなります。
気遣い・心遣いに加えて気配りまでできれば、女性の中の女性といったイメージがして、清楚で完璧な女性という絵が思い浮かびます。

ただ、女性の場合、そういったキャラを作っている場合もあるので、見極めが必要です。

気配りのできる女性とはどんな女性かというと、大勢の人に対して様々な配慮ができる女性になります。
ですので、優しいイメージだったり、柔らかいイメージの女性が多いです。
男性から見ると、優しい・柔らかいイメージの女性を気配りのできる女性と勘違いしてしまう場合もあります。
必ずしもそうでないので、見極めが必要なところでもあります。

気遣い・心遣い・気配りの違いや意味、使い方:まとめ

気遣い・心遣い・気配りの違いや意味などを解説してきましたが、どうでしたでしょうか?
改めて日本語って難しいなと思ったと思います。

日本語独特のニュアンスが盛り込まれた微妙な意味合いひとつで、モテる男性や女性、気が利く利かないといった見方をされてしまうこともあります。

持って生まれた天性や、生まれ育った環境によることもあるので、自分が気遣いや心遣い、気配りができない人間かも…と落胆する必要はありません。
また、わざとらしい気遣い・心遣い・気配りは、いやらしい感じがしたり逆に、嫌われてしまう要素にもなったりします。

気遣いや心遣い、気配りの使い方については、それぞれ解説してきましたが、本当の意味で自然に使う方法は、本当の意味で大事だと思う人に出会うことから始まります。
本当の意味で大事だと思える存在に出会うことによって、気遣いや心遣い、そして気配りができるようになるのです。

まず、自分が、偽りなく本当の意味で心から大事だと思える人に出会えるようにしてみてはいかがでしょうか。
そうすることによって、気遣いや心遣い、気配りができるだけなく、それに加えて総合的に優しいオーラのある人になれます。


提供・Lovely(感度の高いオトナ女性に恋愛や美容から占いまで幅広くリアルな視点でお届け)

【こちらの記事も読まれています】
香りが持続する!いい匂いのシャンプーランキング23選【2020最新】
当たる電話占いサイトまとめ♡口コミやレポも紹介!【Lovely厳選】
美容家電おすすめ人気ランキングTOP17!ヘアアイロンから脱毛器まで総まとめ!