あなたは「今よりもっと仕事ができる人になるには?」と思い悩んだことはありませんか?仕事が「できる人」と「できない人」って実際何が違うのでしょうか。仕事のできる人たちには、何か共通点があるのかもしれません。今回は「仕事ができる人」について詳しくご紹介します。

【はじめに】仕事ができる人とはどんな人?

仕事ができる人と聞いて、あなたは、どんな人が思い浮かびますか?一般的に仕事のスピードが早い人は、仕事ができる人と認識されているようです。それぞれの性格や習慣にしていること、プライベートの過ごし方も仕事のやり方と関係があるのかもしれません。仕事ができる人に共通する特徴や心理、仕事ができる人になるにはどうしたら良いのかなどをまとめてみました。

仕事ができる人の特徴(1)身だしなみ

いつも見だしなみが整っている人は、心理的に余裕がある人に感じます。逆に、身だしなみがだらしのない人の性格には、自分を顧みる余裕が感じられません。プライベートで自己管理ができていれば、自然と身だしなみにも気を遣うことができるし、仕事にも余裕を持って取り組めます。身だしなみが整っていると、自然と仕事ができる人という印象を持たれやすいでしょう。

仕事ができる人の特徴(2)挨拶

ビジネスでもプライベートでも、挨拶は社会人として基本です。しかし、挨拶ができない性格の人もいたりするものです。仕事ができる人かどうかが、最初の挨拶でわかるという人もいるくらい、挨拶はとても大切です。「会話が苦手」な人でも、挨拶がしっかりできていると、気持ちが良いものです。仕事はきっちりできるのに、挨拶ができない人はちょっと残念な感じがします。

仕事ができる人の特徴(3)笑顔

仕事ができる人は、概して明るい人です。人は笑顔の人を見ると、この人は明るい性格という印象を持ちます。そして、笑顔の人はいつも周りの雰囲気を明るくしてくれるので、心理的に人が引き寄せられていきます。頼み事なども、笑顔で明るく言われるので、その気でなかった相手もついついOKを出してしまいます。接客業や営業の人は特に笑顔は大切なので、習慣にしてみましょう。

仕事ができる人の特徴(4)整理整頓

仕事ができる人は、デスク周りがきちんと整理整頓されています。ファイルなども整理されているので、必要のなくなったファイルを溜めてしまうことがありません。必要のない古いデータや書類は、その都度廃棄することを習慣にし、いつでも重要な書類や頻繁に使うデーターが取り出せるようにします。その結果、既存のデータを使い回せないかを考え、資料作りの手間がなくなります。

仕事ができる人の特徴(5)時間厳守

時間を守る人に、仕事ができない人はほぼいないと思われます。時間厳守が習慣の人は、心理的に自分だけではなく、他人の時間も尊重できる気遣いのある人と言えます。同時に、時間の使い方が上手な人ほど、仕事が早い傾向があり、1日の仕事の時間配分が的確です。時間にルーズな性格の人は、相手にあてにされなくなり、仕事ができない人と思われてしまう可能性もあります。

仕事ができる人の特徴(6)気遣い

仕事ができる人は、気遣いができる人と言えるのではないでしょうか?プライベートでもさりげなく気遣いができる人は、周りからも慕われて、逆に困った時に気遣いをしてもらえるかもしれません。空気が読めずに、気遣いができない性格の人は、周りから無神経な性格の人というレッテルを貼られてしまいます。そして、いざという時に誰にも助けてもらえません。

仕事ができる人の特徴(7)礼儀

あなたの周りに、仕事はできるのに挨拶や礼儀がなっていない、惜しい人っていませんか?礼儀やマナーも仕事のうちという考え方もあります。仕事ばかりではなく、プライベートでも人との関わり方に人間の性格が出ます。基本的な挨拶はもちろん、感謝やお礼、お詫びがしっかりできないと社会人としても、仕事ができない人と思われてしまいます。

仕事ができる人の特徴(8)完璧主義でない

仕事ができないと思うあまり、心理的に完璧主義になり、休憩もとらずに仕事を続けている人っていませんか?仕事ができる人は、どんなに多忙でもしっかり休憩をしてメリハリをつけるため、集中力を持続させることができます。その結果、仕事がはかどります。また、仕事ができる人は、睡眠時間を削ったりしません。仕事ができない人ほど、注意していだきたいところです。

仕事ができる人の特徴(9)コミュニケーション能力

仕事ができる人は、コミュニケーション能力が高い傾向にあります。社交的で人脈が広い人が多いようです。また、頼み上手であったり、心理的に相手の気持ちをくみ取ることが得意です。聞き上手でもあるので、相手の話をどんどん広げていける人でもあります。仕事ができる人になるには、仕事だけではなく、プライベートのつきあいも大切にできる性格が大切だと考えられます。

仕事ができる人の特徴(10)優先順位

仕事ができる人は、優先順位のつけ方が上手です。やらなければならないことが多くても、とりあえず目の前の仕事を、片っぱしから手を付けることはしません。仕事ができる人になるには、抱えている仕事を一度整理する時間をとります。そして、仕事の重要度や緊急性が高いものから優先的に処理していきます。時間の使い方も上手な人が多く、毎日残業ということにはなりません。

仕事ができる人の特徴(11)断り上手

仕事が早い人は、頼まれた仕事でも無理であれば、上手に断る事ができます。仕事が遅い人は、本当はやらなくても良い仕事でも、たくさん抱えてしまいがちです。断ることが苦手だという心理が働き、自分のキャパを超えて何でも引き受けてしまうと、かえって相手に迷惑をかけてしまいます。仕事ができない人は、時には勇気を出して断ることも必要です。

仕事ができる人の特徴(12)進捗管理

仕事ができる人は常に行動しながら物事を考えていて、計画的に行動できる人です。タスク管理も、PCやアプリなどをフルに活用して、無駄なエネルギーを使わずに仕事を進めようと考えます。仕事ができない人ほど、タスク管理を頭で全て覚えようとしてしまいます。これはエネルギーの無駄遣いになってしまい、時間の無駄遣いにもなってしまいます。