これから進む道、20代でどう決める?
「私の未来」の見つけ方

今、女性の働き方・生き方は多種多様。何でも自由に選べるって素敵だけど、だからこそ、何を選択し、どこに進めばいいのか悩んでしまう。「私らしい未来」は一体、どの道の先にあるんだろう……?
そこで今回Woman type編集部では、さまざまな女性たちに聞いてみました。「私らしい未来」、みんなはどうやって見つけたの!?

結婚する・しない、子どもを産む・産まない――今、働く女性たちには、さまざまな生き方の選択肢が広がっている。でも、だからこそ自分が進むべき道が分からなくなってしまうこともある。自分はどう働き、どう生きたいのか、未来を決めるにはどうしたらいいんだろう?

そんな悩める若者世代にさまざまなロールモデルとの出会いを提供するのが、新居日南恵さんが代表を務める株式会社manmaだ。今年、大学院を卒業予定だという新居さんは、現在25歳。“家族留学”と呼ぶ家庭インターンシップ事業を行なうmanmaを創業したのは、今から5年前のことだった。

事業と研究に打ち込んできた彼女が今、見据えている“私らしい未来”とは? 20代、等身大の言葉を聞いた。

子どもは親を選べない、だけど親から受ける影響は一生モノ「そんなのアンフェア」
(画像=<プロフィール>
新居 日南恵(におり・ひなえ)さん
1994年生まれ・東京出身。慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科所属。2014年に株式会社manma(元任意団体manma)を設立。15年1月より学生が子育て家庭の日常生活に1日同行し、生き方のロールモデルに出会う体験プログラム「家族留学」を開始。内閣府・文部科学省・総務省などの検討会の委員も務める、『Woman type』より引用)

家族のカタチは多種多様。

でも、知っているのは自分が育った家庭だけ?

結婚のタイミングはいつがいいのか。そもそも、自分は結婚したいのか。子どもは欲しいのか。子どもを持ったらどんな働き方がしたいのか……。考えるに足りる情報を持っている20代は少ないのではないでしょうか? 家族の形はいろいろあるけれど、私たちが知っている情報はほんの一握り。基本的には、自分が育った家庭のことしか知らないという人が多いはずです。

だから私はmanmaを立ち上げて、子育て家庭と若者をつなぐ事業を始めました。一つでも多くのロールモデルを実際に自分の目で見てみることが、その人がより良い未来を選択するための手掛りになるのではないかと考えたからです。

子どもは親を選べない、だけど親から受ける影響は一生モノ「そんなのアンフェア」
(画像=『Woman type』より引用)

家族留学に参加する人は、結婚や子育てに前向きな人ばかりではありません。仕事が大好き、キャリア優先で生きていきたいという人もいます。結婚、出産って、大変そうな話ばかりが耳に入ってくるじゃないですか。「保活」なんて、まさに戦いみたいな語られ方をするし、ワーキングマザーは仕事も家事も子育てもすごく大変だよというメッセージも多いです。だから、私たちの世代の中には「そういうのはいいや」と考える人もいます。

でも、本当にそれでいいのかという不安は心の中にあって。家族留学を通して子どもと触れ合ったり、子育て中の大人たちの姿を見たりして、「自分の本当の気持ちを確かめたい」という人もいるんです。そして、実際に家族留学に参加した後に価値観が激変する人もいて、「意外と子育ても楽しそう」とか「自分にもできそう」って話してくれる人がこれまでにたくさんいました。

また、インターン先の家庭のお母さんが不妊治療の経験者で、話を聞けて「勉強になった」という人もいましたね。多種多様なロールモデルとの出会いが、インターン参加者の方と受け入れ先家庭の方の人生を変えていると実感しています。