一人暮らしをしていると、どうしても寂しい夜を迎える日ってありますよね。寂しい夜と感じると、寂しさをどうにかして掻き消したいのに、寂しさが募ってばかり・・・という状態になってしまうこともあるでしょう。そこで、寂しい夜の過ごし方を紹介します!

一人暮らしで寂しい夜の心理とは?

一人暮らしで寂しい夜を迎えたとき、「なんか切ない・・・」、「なぜか悲しい」という心理が働きませんか?

特に、友達や彼氏が帰った後とか、皆で遊んだ後一人で家に帰ったときなど、「寂しい・・・」と感じることが多いでしょう。

そこで、寂しいときの過ごし方を知って、一人暮らしをより快適に送るようにしましょう!

一人暮らしで寂しい夜は一人を楽しむべき!

一人暮らしで寂しい夜というのは、「寂しい」「切ない」という心理はもちろんあるのですが、「なんか暇・・・」という心理から、寂しさが募ったりもするものです。

そのため、一人暮らしで寂しい夜にこそ、一人を楽しむべきなのです。

一人を楽しむことができたら、寂しい夜を迎えても、「辛い」とか「悲しい」という心理は働かなくなるでしょう!

一人暮らしで寂しい夜の対処法①TVを見る

一人暮らしで寂しい夜のおすすめの過ごし方は、好きなテレビを見ることです。

好きなアーティストのライブDVDを見たり、録画していたドラマやお笑い番組などを見る時間にしましょう。

なるべく、感動系や切ない系の番組は見ないようにして、笑えたり、心がスッキリするような番組を選びましょう!

感動系や切ない系は寂しさを倍増させるので、注意してください。

テレビに夢中になれると、1時間や2時間ぐらいの時間はあっという間に過ぎます。

そのため、日頃から、寂しい夜を迎えたときのために、お気に入りのバラエティー番組などを録画しておくと便利ですね!

好きなお菓子やお酒をつまみながら、好きなテレビ番組を一人で見るなんて、寂しい夜には贅沢でいい過ごし方だと思います。

一人暮らしで寂しい夜の対処法②ゲームをする

今はスマートフォンが普及しているため、アプリなども充実しており、ゲームに詳しくない女性でも、夢中になれるスマホアプリが沢山あります。

例えば、ツムツムなどですと、友達と競い合うこともできたり、クリアしなければならないミッションも沢山出てくるので、飽きずに楽しむことができますね!

一人暮らしをしていて、「なんだか今日は寂しい夜だな。」と感じたときは、気を紛らわすためにも、スマホゲームなどをするのもおすすめです!

あっという間に時間がたって、寂しさなんて忘れられるかもしれませんよ!

一人暮らしで寂しい夜の対処法③本を読む

寂しいときは、「暇」という心理が働いているときが多いので、その時間を利用して、読書をすると、とても有効な時間の過ごし方を送ることができるでしょう。

仕事や、資格に役立つ本を読んだり、今話題の本を読んで過ごすと、自分の知識にもなるし、寂しい夜を乗り越えることもできるので、一石二鳥ですね!

本は苦手!という人は、漫画でも構いません。

集めている漫画や、久しぶりに読む漫画などを最初から読み直すのもいいでしょう。

とっても夢中になって最後まで読まないと気が済まなくなるので、寂しいなんて言ってられなくなると思います!

一人暮らしで寂しい夜の対処法④お風呂に入る

「なんだか寂しい夜だな」と思ったときは、お気に入りの入浴剤を入れて、ゆっくりお風呂に入るのもおすすめの過ごし方です。

お風呂に入ると、気分もリフレッシュできますし、ダイエットにもつながりますよ!

寂しい気持ちを紛らわしたいので、サッと終わらせるのではなく、いつもより長めに入ってください。

長風呂になるので、お風呂に水分を持っていって、特別な空間を楽しみましょう!

上がった後はスッキリしているので、「さっきまでの寂しさはどこに行ったのかな?」と、自分でも思えるでしょう。

また、長風呂をした後は、体が温まって、よく眠れるようになるので、「寂しい」という心理が再び働き出す前に、寝ることができると思います!

一人暮らしで寂しい夜の対処法⑤掃除をする

「寂しいけど何をして紛らわせたらいいの?」と、悩んでしまうときは、掃除をしましょう!

掃除は、やりだしたら止まらなくなって、終わりがなかなか見えてきませんし、こだわると時間もかかるものなので、寂しい夜には持ってこいの作業です。

こだわって掃除すると、「今日はキッチンをしたから次はリビング!」のように、次に寂しい夜が訪れても、やることを作っておけますね。

部屋がキレイになって、おしゃれになると、心もスッキリして、なんだか楽しくなってくるので、寂しさなんて忘れることができると思います。

また、掃除するほどに、自分にとって快適な空間を作ることができるので、逆に一人で楽しい!と、一人暮らしを満喫できるようにもなるでしょう。

実は掃除こそが、一人暮らしの寂しい夜の過ごし方に適しているのかもしれませんね!