真夏です。暑いです。夏バテ気味の方も多いのではないでしょうか。暑中お見舞い申し上げます。

疲れると、食欲がなくなりますよね。 でも、疲れると味の感じ方も変わるんでしょうか?

今日は、「疲労・ストレスと味覚の関係」についてお話します!

私は中学生の頃、「つかれたー」が口癖になっていて、朝起きたばっかでも 「おはよー。ふう、疲れた」 「えー!寝てただけなのに疲れたの?」 とよく言われたものでした。きっと、子供ながらに慢性的に疲れていた(それか、枕の高さが合ってなくて寝てても疲れていた)のだと思います。

中学校では英語を授業で習い始めたばっかでもあり、 「I’m tired」 と言うのも口グセでしたが 「え?君、タイヤなの?」 とよく言われたものでした。私はタイヤではありません。もしタイヤだったら擦り減って疲れると思います。

こんなどうでもいい話を聞かされて、多くの方がきっと疲れが溜まってることでしょう。

そこで、今日は、文献「小学生における味覚閾値と疲労やストレスとの関連」から、味覚と疲労・ストレスに関する情報をご紹介します! (本研究内容は、奈良市内の一小学校での対象者58名の結果であり、一般論として結論付けるには人数が十分ではないですが、傾向を把握することはできると考えます)

ストレスと味覚の関係

本文献では、唾液中のα-アミラーゼ活性からストレス度合を測定しています。 結論としては、「ストレスがあっても、味覚には影響ない」ようです。 なので、もし、旦那さんが 「あれ?今日のご飯、味がしないなー。俺、ストレス溜まってるせいか味覚が悪いのかも」 と言っていたら、普通にあなたのご飯がマズイだけです。ストレスと味覚は関係ないので・・・。