妊娠中のつわりで仕事に行くのがつらい、休みすぎると周りの目が気になる…など、仕事をしながらの妊娠生活で悩む人は多いでしょうか。会社には妊婦さんの負担を軽減するためのサポート義務があります。つわりはいつまで続くか、どんなサポートが受けられるかなどを紹介します。

つわりとは? いつからいつまで続くの?

はいチーズ!clipより引用
(画像=はいチーズ!clipより引用)

つわりとは妊娠すると少しずつあらわれてくる体調不良の諸症状のことで、妊婦さんの約8割が何かしらのつわりの症状を経験しています。妊娠初期の急激なホルモンの変化やそれに伴う自律神経の乱れが原因とも言われていますが、いまだにはっきりとした原因は明らかになっていません。

つわりは妊娠がわかる4~6週ごろから始まるとされ、妊娠8~10週頃につわりのピークを迎え、妊娠12週頃からつわりの症状が落ち着きはじめます。妊娠16週頃(妊娠5ヶ月初め)までにはつわりの症状が消失する場合が多いです。ただし、つわりの始まる時期や終わる時期は個人差が大きく、つわりの時期が出産まで長引くケースもあります。つわりの代表的な症状を、以下で詳しく見ていきましょう。

吐きつわり

はいチーズ!clipより引用
(画像=はいチーズ!clipより引用)

「吐きつわり」は、何もしていなくてもとにかく気持ち悪く、吐き気を感じ、時に嘔吐してしまうつわりの状態をいいます。吐きつわりを感じる度合いや頻度には個人差があり、吐き気を毎日感じる人もいれば、昨日は吐き気が強かったのに今日はそれほどでもない、というように日によって症状に差がある人もいます。実際に嘔吐してしまうかどうかも人によってそれぞれで、毎日のように嘔吐が続く人もいれば、吐き気を感じるだけで嘔吐はしない人もいます。吐き気を感じるきっかけも、食事をしようとすると気持ち悪くなる、食べ物のにおいを嗅いだだけで吐きそうになる、などさまざまです。

吐きつわりがある期間は、今まで通り食事を取るのが難しくなる場合が多いです。自分なりに吐きつわりのリズムをつかんで、少しでも気持ち悪さや吐き気が和らぐ時間帯に食事を取るようにしましょう。また、自分が苦手とする食べ物やにおいを特定して、なるべく避ける工夫をすることも大切です。食べ物のにおいがつらい場合は、吐きつわりの期間は無理に料理をするのはやめ、お惣菜などをうまく利用してつわりを乗り切りましょう。

嘔吐してしまう場合は、脱水症状を起こす危険性があります。食べ物が食べられなくても水分だけは欠かさず取るように気をつけましょう。嘔吐が続きあまりにひどい状態の場合は、迷わず医師の診察を受けてくださいね。

食べつわり

はいチーズ!clipより引用
(画像=はいチーズ!clipより引用)

「食べつわり」は、お腹が空くと気持ち悪くなったり吐き気を感じたりするつわりの状態をいいます。血糖値が下がると気持ち悪さを感じやすくなるため、こまめに何かを口にするようにして空腹状態を作らないようにすることで食べつわりを軽減できます。すぐに食べられるものを常に用意しておくといいですよ。

ただし、妊娠中は体重コントロールも大切になってくるので、1回の食事量を少なく食事の回数を多くすることで体重管理をしましょう。間食には、プレーンヨーグルトや、豆腐、ゆで卵など低カロリーで高タンパクな食品を取ることがおすすめです。

においつわり

はいチーズ!clipより引用
(画像=はいチーズ!clipより引用)

「においつわり」は、今まで何とも思わなかったにおいに敏感に反応し、気持ち悪くなってしまうつわりの状態をいいます。例えば、先ほど説明した食べ物のにおい以外にも、たばこやお酒、香水、体臭、ごはんが炊けたにおいなどが苦手になってしまう人が多いです。ごはんが炊けたにおいが苦手になるのは意外かもしれませんが、実に多くの妊婦さんが経験しています。

これまでいいにおいだと感じて好きだったにおいが、妊娠を機に嫌いになってしまう場合もあります。自分が苦手なにおいを把握して、マスクで対策することもひとつの方法です。においつわりも他のつわりの症状と同様に一時的なものなので、においつわりがおさまるまでは苦手なにおいを避け、マスクを活用しながら乗り切りましょう。

その他(眠い、唾液がたくさん出る)

はいチーズ!clipより引用
(画像=はいチーズ!clipより引用)

つわりの症状はさまざまで、吐きつわり、食べつわり以外にも、以下のような症状があらわれることもあります。

  • 熱っぽく体がだるい
  • きちんと睡眠を取っているのに、常に眠い
  • 無性にイライラする
  • 情緒不安定になり、気分が落ち込む
  • 頭痛がする
  • 胸が張ったり、乳首に痛みを感じたりする
  • 唾液が大量に出る(よだれつわり)