感謝の気持ちを込めて相手に渡すお礼金、その渡し方にもマナーがあるのをご存じですか?感謝を込めて渡すお金だからこそ、自分の気持ちをしっかりと相手に伝えたいですよね。

日常のやり取りでも使える、お礼金を渡すときの封筒の使い方や渡すタイミングなど、お礼金を渡す際の正しいマナーについて学びましょう。

結婚式の司会者や友人へのお礼金の相場についても紹介していますので、必要な人は併せてチェックしてみてくださいね。

>>コロナ禍で変化はあった?「お金」「資産運用」に関する読者アンケート実施中(所要時間1~2分程度)

「お礼金」「謝礼金」とは?

「お礼金」「謝礼金」とは、誰かに何かをしてもらった時に、感謝の気持ちを込めて相手に渡すお金のことです。「報酬」や「代金」と混同してしまいがちですが、それぞれの違いは以下のとおりです。

・お礼金、感謝金

かかった時間や労力にかかわらず、提供された仕事やサービスに対する感謝の気持ちをお金に代えて渡すもの

・報酬や代金
仕事やサービスを提供してもらった際の対価として、その仕事やサービスを提供するためにかかった時間や労力をお金に換算して相手に支払うもの

お礼金とは、感謝の気持ちを表すお金のこと

「相手に対する感謝の想いをお金に代えて渡す」のがお礼金。これは日本独自の文化ではなく、世界各国で見られる習慣です。

例えば、海外のホテルに宿泊した際にポーターやドアマンに個別に渡す「チップ」。これは、宿泊費などとは別に、サービスを提供してくれた相手に感謝の気持ちを込めて渡すお礼金と言えるでしょう。

例えばどんな時にお礼金を渡す?

では、お礼金はどんな場面で渡すものなのでしょうか?代金や報酬のように、提供を受けたサービスをお金に換算して渡す場合と違って、お礼金には「こんな時に渡す」という決まりも、金額の計算方法もありません。

お礼金は、「助かったとき」「嬉しかったとき」の感謝の気持ちをお金で表すものです。お礼金を渡す主な場面は、以下のとおりです。

  • 引越しなどで重い荷物を運んでもらったとき
  • 講演会で講師をしてもらったとき
  • 車を出してもらったとき
  • 子どもの面倒を見てもらったとき
  • 結婚式当日、お世話になった方へ  など

お金を「裸」で渡すのはマナー違反

結婚式のご祝儀や不祝儀など、冠婚葬祭の場面ではきちんと作法に気を配っていても、日常生活のお金のやり取りの仕方に無頓着ではしっかりとした大人のマナーが身についているとはいえません。

感謝の気持ちを表すお礼金といっても、お渡しするお金が裸のままでは、お礼の気持ちがこもっていることが相手に伝わらないだけではなく、場合によっては「非常識」となりかねないのです。

特にウッカリしがちなのが、お金を郵送するとき。お金を郵送するときは、現金書留を利用しなければなりませんが、お金だけをそのまま入れていませんか?現金書留用の封筒のなかにも、違う封筒や祝儀袋を入れることができます。内側の封筒や祝儀袋を折らずに済むよう、小さめの封筒を用意してください。

「お礼やお見舞いの気持ちを伝えるべきタイミング」に忘れずに対応できるよう、普段から「お金を裸のまま直接渡すのはお買い物のときだけ!」と意識してくださいね。

封筒に紙幣をいれる時の基本ルール

封筒に紙幣を入れる時にもルールがあります。

感謝の気持ちを相手に十分感じ取ってもらうためにも、お礼金の正しい渡し方を覚えておきましょう。

郵便用封筒は使わない

お金を渡す場合に、郵便用封筒を使ってはいけません。お渡しする金額に応じて、のし袋もしくは白の無地封筒やポチ袋などを使いましょう。和紙などに包むのもマナー違反ではありません。

封筒の色が白でも、郵便番号の記入欄がついているものは使用しないでください。当然ですが、茶封筒や銀行の封筒も使ってはいけません。

表書きはマジックや筆ペンではっきりと

表書きは、「御礼」「謝礼」「謝金」と記載するのが一般的です。マジックや筆ペンを使用し、はっきり記載しましょう。鉛筆やボールペンで書くのはマナー違反です。

表書きは封筒の真ん中よりもやや上に記載し、その下に自分の名前や団体名を記載します。名前は「御礼」「謝礼」「謝金」の文字よりもやや小さめに書きましょう。

また、表書きは必ず縦書きで記載しましょう。横書き用の封筒は選ばないようにしてください。

封筒に金額は書かない

封筒には、渡す金額を書きません。冠婚葬祭などで使用するのし袋では、便宜上内袋に金額を記入する場合もありますが、お礼金の場合は中にいくら入っているかわからないように渡すのがマナーです。

お礼の気持ちを表すのに金額を書いて渡すのは、気持ちの良いものではありませんよね。

紙幣は新札を用意する

お金を贈るとき、渡すときは基本的に新札を用意します。弔事の場合は新札に一度折り目をつけてから入れるのがよいでしょう。

新札が手元にない場合は、銀行で両替をしましょう。例えば、三井住友銀行の両替機なら1日1回は無料、2回目以降は手数料200円で500枚まで両替できます。窓口の場合は、口座を持っている人なら30枚まで無料、口座を持っていない人は330円の手数料で新札に交換できます。 

急なお祝い事で慌てないように、家や会社などに新札を用意しておくのがおすすめです。

紙幣の向きを揃える

見落としがちなのが、封筒へ入れるお金の向き。封筒にお金を入れるときは、封筒の表側(表書きを書く方)に、紙幣の肖像画を上にして、向きを揃えて入れます。

お札が2枚以上になる場合は、必ずお札の向きを揃えて入れるのも忘れてはならないマナーです。

のし袋を使う場合と略式のものを使う場合の違いは?

日常のお付き合いのなかでお金を包むときにも、蝶結び・のし付きの袋を使うのがマナーです。

ただし、少額のお礼や月謝などに豪華な水引がついたのし袋を使うのは、かえって失礼にあたります。のし袋を購入する場合は、のし袋のパッケージに中に入れる金額の目安が書かれているので参考にしてください。

また、数千円~1万円以下の少額の場合には水引やのしが印刷されている略式のものを使いますが、迷う場合には無地の白い封筒に表書きを書くだけでもかまいません。お礼、金一封、寄贈といった表書きを使う日常の贈答では、蝶結びで紅白の水引のついたもの、または白封筒の、どちらを使ってもマナー違反ではありません。

封筒を使ってもマナー違反ではないお金のやりとり

日常生活でお金を包むときは、蝶結びやのし付きの袋に入れて渡すのが基本的なマナーとされていますが、封筒を使用してもマナー違反にならない場合もあります。

ただし、封筒でも問題ないからといって、郵便用の茶封筒などを使用するのは避けましょう。切手や郵便番号の枠などのない、無地の白い封筒やポチ袋などを使ってください。中身が透けて見えないように、厚みのある封筒を選ぶのも大切なポイントです。

次からは、「封筒を使用してもマナー違反ではない場合」について説明します。

月謝

お茶やお花、日舞といった作法が大切なお稽古事などの月謝を納めるときは、白い封筒に「月謝 氏名」と表書きをしましょう。ダンスサークルやカラオケレッスンなど、気軽なものであれば、ポチ袋や和紙に包んでお渡しするのもよいでしょう。

用意された決まった月謝袋があれば、指定の月謝袋を使用します。

会費

忘年会や新年会、歓送迎会など、会費を集める場合は、お釣りがでないようにピッタリの金額を封筒に入れて準備しましょう。幹事が受け取ったことの確認もできるため、封筒には名前を書いておくといですね。

お礼

忘れ物を届けてもらった、コンサートのチケットを譲ってもらったなど、交通費や実費をお礼として渡したいときにも白い封筒が使えます。表書きを入れるなら、「御礼」もしくは「お礼」とするのがよいでしょう。

「寸志」には、「わずかながらですが」と言う軽少なお礼という意味がありますが、目上の方や同僚に対しては使ってはいけません。上司から部下、年長者から年少者など、目上から下の立場の方にむけての表書きになります。

立替など、借りていたお金のお返し

共同購入やお取り寄せで建て替えてもらった費用をお返しするときも、「買い物感覚」でお金を渡すのではなく、あらかじめ準備をしておくとスムーズです。

会う日まで金額がわからない時は、小銭や細かい紙幣を準備しておくように気遣えるとなお良いでしょう。

お礼金の相場は?

お礼金は、感謝の気持ちを表すお金です。お礼金を渡す場面や状況は人それぞれであり、代金や報酬のような決まりや計算方法があるわけではありません。

とはいえ、相場を把握しておかないと、かえって相手に不快な思いをさせてしまいます。

ここでは、お礼金の相場をご紹介します。相手やケースによって相場は異なりますので、それぞれの状況に応じて参考にしてください。(結婚式でのお礼金の相場については後述します。)

助けてもらった、お世話になった

相場:5,000~1万円

「引越しを手伝ってもらった」「子どもを預かってもらった」など、知人や友人に助けてもらった場合のお礼金は5,000~1万円が相場です。その地域の時給水準に、かかった時間を乗じて算出した金額が目安です。

ただし、好意で手伝ってもらった場合などは、お金を受け取ることを嫌がられることがあります。その場合は、菓子折りなどを渡すといいでしょう。

車を出してもらった

相場:3,000~5,000円

「自宅や最寄り駅まで送ってもらった」など、相手に車を出してもらった際のお礼金は、3,000~5,000円が相場です。送迎してもらった距離が基準になり、短距離であれば少なく、長距離であれば多くなります。

講演会で講師をしてもらった

相場:5万~10万円

講演会の規模や講師の知名度、講演時間の長さによって相場は変わります。一般的には5~10万円が相場ですが、名の知れた人や有名人であれば相場は高くなります。また、講演時間が長いとお礼金は多くなり、短いと少なくなるのが一般的です。

お礼金に税金ってかかるの?

給料や報酬を受け取った際、所得税や住民税などの税金が差し引かれますよね。実は、お礼金を受け取った場合にも税金がかかります。お礼金は、原則として「雑所得」として所得税が課税されます。

名目上はお礼金であっても、受け取る側にとっては給与や報酬と同様に「所得」になります。渡す側にとっては感謝を伝えるためのお礼金でも、受け取り側の財務上は収入と見なされ、税金がかかってしまうのです。

お礼金は「雑所得」扱い

「雑所得」とは、給与や退職金、不動産などの家賃収入、利子や配当金などに当てはまらない所得のことをいいます。代表的なものは老後に受け取る年金ですが、会社員や主婦がネットオークションで得た利益や、仮想通貨による利益なども「雑所得」にあたります。

「雑所得」として支払う所得税額は、給与所得などその他の所得と合算して総所得金額を算出し、税率を乗じて計算します。

講演へのお礼金などの場合は、消費税がかかることも

物やサービスを購入した際に負担する消費税ですが、講演へのお礼として渡したお礼金にも消費税がかかり、受け取り側は消費税を負担しなければなりません。

国税庁の消費税法基本通達には、講演会で講師に支払うお礼金は「講演を受けたことに対する対価である」と定められています。よって、講演のお礼金は消費税の課税対象となります。

お礼金を渡すタイミングは?

その日のうちに渡すとスマート

お礼金を渡すタイミングはその内容によって様々ですが、多くの場合は何かしてもらった後、「本日はありがとうございました」と感謝の言葉を添えて渡すのが一般的です。

先に渡しても後日渡してもマナー違反ではありませんが、その日のうちに渡すのが最もスマートと言えるでしょう。

気持ち良く受け取ってもらえるような言葉を添えて

相手が好意で何かをしてくれた場合、お礼金の受け取りを拒否されることもあるかもしれません。

受け取りを拒否する気持ちにも配慮し、「返されても困りますのでどうぞ受け取ってください」という言葉を添えるなどして、相手に気持ち良く受け取ってもらえる工夫をすることも、渡す側のマナーと言えます。

結婚式でのお礼金の渡し方

お礼金を渡す場面として最もイメージしやすいのは、「結婚式」でしょう。結婚式は人生の一大イベントであり、自分たちの門出を祝ってくれる友人や知人・式場スタッフには、大きな感謝の気持ちを抱く人が多いです。

結婚式においてお礼金を渡す際は、どういったマナーに気を付ければいいのでしょうか?封筒の選び方や、お礼金の渡し方についてご紹介します。

誰に渡すもの?

結婚式におけるお礼金は、結婚式当日にお世話になった人に渡します。受付やスピーチ、また余興や二次会の幹事などを担当してくれた友人や知人、また結婚式の構成を担当してくれたウエディングプランナーやヘアメイク、カメラマン、司会者など……お礼金を渡す対象は多岐に渡ります。

お礼金はあくまでも感謝の気持ちを込めて渡すもので、この人に必ず渡さなければならないという決まりはありません。結婚式当日までに、誰に渡すかを決めておきましょう。

相手と金額の目安

お礼金の金額の目安は、以下のとおりです。結婚に関係するため、お札の枚数は2で割り切れない数字(奇数)にするのがマナーです。
 

誰に? いくら?(金額目安)
友人・知人(受付・スピーチ) 3,000~5,000円
友人・知人(余興・二次会幹事) 3,000~5,000円
スタッフ(プランナー) 3,000円
スタッフ(ヘアメイク) 3,000円
スタッフ(カメラマン) 1,000円
スタッフ(司会者) 3,000円

友人・知人へのお礼は、結婚式当日に渡しましょう。新郎新婦に時間がない場合は、ご両親から渡してもらってもいいでしょう。

式場スタッフへのお礼も、できるだけ結婚式の当日に渡したいもの。忙して難しい場合は、後日訪問しましょう。ただし、カメラマンや司会者は外部に委託しているケースも多く、後日渡すのが難しいこともあるため、できるだけ当日に渡しましょう。

日常の些細な場面でもスマートな気遣いを

お礼金は、自分を支えてくれた人への感謝を表すものです。金額の相場や封筒の選び方、渡すタイミングなどのマナーはありますが、最も大切なのは「相手に感謝を伝えたい」という気持ちです。

日常の些細な場面でも、こうした感謝の気持ちを持つことで、より良い人間関係を構築することができます。人生を充実させる意味でも、大人のマナーを実践してみてください。

つみたてNISAを始めてみる

つみたてNISAは投資信託で資産運用をする制度であり、少額で投資を始めることができます。つみたてNISAには3つの大きな魅力があります。

・非課税期間は最長20年
・少額から始められる
・手数料が安い

始めるハードルも低く、リスク分散にも効果的なつみたてNISAに、おすすめのネット証券をご紹介致します。
 

つみたてNISAにおすすめのネット証券比較表
(2020年6月時点)
証券会社名 SBI証券 楽天証券 松井証券 マネックス証券 auカブコム証券
商品数 160本 158本 152本 150本 150本
売買手数料 無料 無料 無料 無料 無料
ポイント還元 Tポイント 楽天スーパーポイント
資産形成ポイント
松井証券ポイント マネックスポイント 毎月ポイント
サービス スマホアプリ
「かんたん積立アプリ」
でラクラク資産管理!
・楽天銀行口座と連携で
普通預金金利が0.1%
・日経テレコンの無料利
用可
・サポートサービスにつ
いて問合せ窓口格付け9
年連続三つ星獲得
・「投信アプリ」で投資
提案からメンテナンスま
でサポート
「MONEX VISION」で資
産設計をサポート
「NISA割®️」で現物株式
の取引手数料最大5%割引
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

文・世良真貴男(ファイナンシャル・プランナー)

>>コロナ禍で変化はあった?「お金」「資産運用」に関する読者アンケート実施中(所要時間1~2分程度)

【こちらの記事もおすすめ】
出産祝いのマナーと相場
喜ばれる出産祝いを選ぶには?
甥っ子、姪っ子の入学祝はいくら?
弟、妹が結婚!ご祝儀相場はいくら?
新婚さんが喜ぶ結婚祝いとは?