幼稚園・保育園がお遊戯会をやる時期はいつ?

はいチーズ!clipより引用
(画像=はいチーズ!clipより引用)

お遊戯会は、年末や2〜3月に行われます。1年間でできるようになったことをパパママにお披露目する行事なので、1年の終わりごろに開催するのが一般的です。平日、土日のどちらで行われるかは園によって違うのでしっかり確認しておきましょう。

平日に行う園は、午前中にお遊戯会を開催し午後は帰宅、もしくは預かりを行ってくれる所もあるので1日のスケジュールを確認しておくと安心です。

幼稚園・保育園のお遊戯会でのママの出番は?

お遊戯会の主役は子供ですが、園によっては衣装制作や催し物などママの出番があるところもあります。しかし最近は働いているママが増えているため、時間の確保が難しく避けている園がほとんどです。ただ、中には伝統行事として残っている場合がありますので、園や他の保護者などに聞いて確認しておくと安心でしょう。

お遊戯会の衣装制作も、最近では服の色の指定や、自宅にあるもので代用する場合が多くなっています。もしパパママが手作りする必要があるときは、喜ぶ子供の姿を想像しながら作ってみましょう。

幼稚園・保育園のお遊戯会の衣装作りのポイント

はいチーズ!clipより引用
(画像=はいチーズ!clipより引用)

いざ衣装を作るとなると、裁縫が苦手なママや仕事でなかなか作業時間を確保できないママもいます。お遊戯会の衣装のポイントを紹介しますのでおさえておいてください。

お遊戯会の衣装作りのポイント:既製品をアレンジする

はいチーズ!clipより引用
(画像=はいチーズ!clipより引用)

シンプルな既製品を購入し、手芸店や100均一で購入できるアレンジ用品でリメイクする方法です。指定されたお遊戯会の衣装の色や形に合ったT洋服に、ビーズやスパンコール、綿や布などをつけてオリジナルの衣装を作るのもおすすめです。

お遊戯会の衣装作りのポイント:布用ボンドを使用する

はいチーズ!clipより引用
(画像=はいチーズ!clipより引用)

お遊戯会の衣装づくりに活躍するのは、布用ボンドです。最近ではミシンがない家庭も多く、お遊戯会のために慣れないミシンを扱うのも不安です。布用ボンドは接着力が強く、簡単に作業ができるので活躍します。

お遊戯会の衣装作りのポイント:手芸店に代行を頼む

はいチーズ!clipより引用
(画像=はいチーズ!clipより引用)

お遊戯会の衣装づくりがどうしても難しいときは、無理をせず早めに手芸店に代行を頼むのもおすすめです。アレンジするにもセンスに自信がなかったり、作る時間がなかったりする場合は代行してくれるところを探してみましょう。お遊戯会の時期は大抵近園と被ることもあり、手芸店が混雑している場合があるので早めに注文をするようにしましょう。