エンタテイメント業界に向けたデータ×デジタルマーケティングサービスを提供するGEM Partners株式会社(ジェムパートナーズ)は2月24日(水)、エンタメコンテンツランキングやデータ情報を発信する「GEMランキングクラブ」プロジェクトにて作成した「定額制動画配信タイトルの視聴者数ランキング」を発表いたします。

本ランキングは、GEM Partnersが実施する週次の調査に基づき集計しています。Amazonプライム・ビデオやNetflixなど様々な定額制動画配信サービスを横断し、利用者全体の中で、どんなタイトルが観られているのか、エンタメファンと事業者の参考としていただくことが目的です。成長著しい定額制動画配信サービスと映像エンタテイメント産業の更なる発展に資することを目指しています。

※ 視聴者数pt:下記の実査日において過去1週間以内にそのタイトルを見た人の多さを示す

情報提供元:PR Times

全体 ウィークリーランキングTOP20

『呪術廻戦』が1位をキープ、『進撃の巨人』が僅差で『鬼滅の刃』を上回り、2,3位が入れ替わりました。引き続きアニメ作品上位の構図は変わらずですが、『相席食堂』がトップ10入りを果たしました。

注目は12位にランクインした『PUI PUI モルカー』。こちらは現在放送中のストップモーション・アニメーションで、何度もTwitterでトレンド入りするなど話題度が高まっています。そのほか、『ホリミヤ』も新たにTOP20に入りました。

定額制動画配信ウィークリーランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

定額制動画配信サービス タイトル別ウィークリーランキング全体Top20(2月20日実査)

男女別 ウィークリーランキングTOP10

男女とも『呪術廻戦』が変わらず1位で、全体ランキングで2位となった『進撃の巨人』が男性でも順位を上げています。また、12位にランクインした『PUI PUI モルカー』は女性ランキング中7位につけ、女性の支持が強いことが分かります。

定額制動画配信ウィークリーランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

定額制動画配信サービス タイトル別ウィークリーランキング男女別Top10(2月20日実査)