多くの会社では、25日が給料日だと聞いています。 今月も給料ゲットされた方、羨ましいです。給料、たくさん欲しいですよね!

ところで、「給料(サラリー)」の語源は何だと思いますか?

実は、「塩(ソルト)」なのです!

昔は、給料として人々に塩が与えられていたようです。 (今、給料日に貰った封筒の中に、もし塩しか入ってなかったら僕は憤慨しますが・・・)

というわけで、今日は、塩味に関するお話をしたいと思います!

みなさんがよく食べている塩は、こんな感じのイメージだと思います。

塩味の基礎知識~味噌汁に入れる最適な食塩の量は?~
(画像=『味覚ステーション』より引用)

よく「食塩」と書いてあるのを見かけますが、 みなさんは「塩」と「食塩」の違い、分かりますか?

「塩」と「食塩」の違いは?

これは、塩を「えん」と読むか「しお」と読むかでも変わるのですが・・・・ (理系の人にとっては、一般的に「塩」は「えん」と読むので、ここでは、「塩(えん)」と「食塩(しょくえん)」の違いについてご説明します。

「塩」とは・・・

酸由来のアニオン(陰イオン)と塩基由来カチオン(陽イオン)がイオン結合した化合物 のことです!

ちょっと何言ってるか分からないよ、と心の中で思った文系の人のためにもう少し分かりやすくご説明しますと、下のような感じです!

塩味の基礎知識~味噌汁に入れる最適な食塩の量は?~
(画像=『味覚ステーション』より引用)

一方、「食塩」は、一般的に「塩化ナトリウム」を指します!

つまり、すごくたくさんある「塩」のひとつが、「食塩(塩化ナトリウム)」ということです!

※まあでも、理系じゃない人と会話するときに「塩」という言葉がでてきたら、普通は「食塩」のことを指していると思われます。

そして、5味(甘味、塩味、酸味、苦味、うま味)の中の「塩味」は、「塩(えん)の味」ではなく、「食塩の味」という意味です!

5味の中でも「塩味」だけは特別?

みなさん、「甘い」と感じる単一な物質は何だと思いますか?

「砂糖」「ブドウ糖」「果糖」、また、その他いろんな「甘味料」など、「甘味物質」は数えきれないほどたくさんあります! (参照:砂糖、果糖、ブドウ糖はどれが一番甘いの?)

同様に、「すっぱい」と感じるもの(酸味物質)も、「クエン酸」「酢酸」「リンゴ酸」など複数あります。

苦味物質も、「カフェイン」「キニーネ」など、結構たくさんあります!

うま味物質も、昆布の「グルタミン酸」、カツオ節の「イノシン酸」、しいたけの「グアニル酸」など、多くのものが知られています。

しかーし!!

「塩味物質」は、「食塩」だけなのです! (塩味+苦味などの複合的な味は食塩以外でも感じることができるが、純粋な塩味は食塩だけ)

「塩味」を感じるには、Na+(ナトリウムイオン)と、Cl-(塩化物イオン)の両方が影響を与えていると考えられています。塩味を感じるメカニズムとして、ENac(Epithelial Na+ Channel)と言われる上皮型ナトリウムチャネルが関与していることは知られていますが、詳細なメカニズムは現在でも解明されていません。