「介護について」。実際にそれに関わる人が身近にいない限り、なかなか知る機会・考える機会がない人がほとんどだと思います。

それでいて、将来的にはかなり多くの方が体験することになるもの。

みなさんは介護にどんな印象があるでしょうか?

ティモンディや石川恋さんも出演・介護福祉を学べる特別番組「にっぽんの要」

カワコレメディアより引用
(画像=カワコレメディアより引用)

介護の仕事発信事業の一貫として、昨年秋よりBSフジでスタートした特別番組「にっぽんの要 わかる・かわる介護・福祉」。

俳優・要潤さん、上条百合奈さん、大慈弥レイさんがMCを務め、ゲストにはお笑い芸人ティモンディさんや女優の石川恋さんなどが登場します。

番組MCの上条さんは、モデルでありながら、介護福祉士でもあります。そんな上条さんに、コロナ禍の介護や、これからについて伺いました。

コロナ禍の介護、困っていることや実際に感じること

カワコレメディアより引用
(画像=カワコレメディアより引用)

「介護の現場、特に私の現場は認知症の方が多く、また認知症の方と言語以外の非言語コミュニケーションを多く使う場所でもあるので、その表情や、目の向け方、瞬きの回数、口の角度とか、自分の顔・相手の顔をフルに使ってコミュニケーションをするんです」

ーそう話をはじめてくれた上条さん。

「自分たちのコミュニケーションツールとして使っている表情が半分マスクで見えない。コミュニケーションにはちょっと課題が出てきたりはしますね。」

ー若者でも、マスクをしていることで声が聞き取りづらかったり、気持ちが伝わりづらかったりと不便なことは多い。高齢者や介護に携わる人はより苦労があるのだと思います。

「100歳を超えている方もコロナ陽性っていうのが出て、職員も何人か陽性者が出て、でも受け入れてくれる病院が今ないんですよね。さらにうちは従来型のケアと言って4人部屋なので隔離するっていうことが難しいんです。コロナだとわかっていながらも、みんなで生活をしなければいけないっていう状況の中で働く介護職の精神的負担っていうのがものすごくあるんじゃないかなって思っています。」

ー病院や、介護施設がクラスターになっているというニュースを耳にしたことがある人は多いと思います。それは、どこか遠くで起きていることではなく、本当にすぐ身近で起こっていること。私たちにできることは、とにかくコロナの流行をおさえていく努力かもしれません。