例年とはだいぶ変わった年となってしまった2020年。ライフスタイルにも大きな変化が求められた人がほとんどだったと思います。

心身共に、何かと負担の大きかった1年。

漢方製剤を主に製造販売する株式会社ツムラが、20代~40代の男女1,800人を対象に、激動の2020年を振り返るアンケートを調査を行いました。

日本人の2人に1人が心身の不調を感じた2020年

カワコレメディアより引用
(画像=カワコレメディアより引用)

今回の調査の結果、新型コロナ感染症拡大のコロナ禍で身体面・精神面の不調を感じた人は57.2%と半分を上回る数字に。

不調を感じた症状を聞くと、全体では「目の疲れ」(63.7%)、「疲れ・だるさ」(60.1%)、「肩こり」(59.6%)が多く、マスク生活の影響からか、男性からも「肌荒れ・しみ」(28.1%)が気になるという声があがりました。

カワコレメディアより引用
(画像=カワコレメディアより引用)

一方女性から不調としてあげられたのは、「肩こり」(72.8%)、「疲れ・だるさ」(71.8%)、「目の疲れ」(71.7%)。すべての症状で男性よりスコアが高く、女性特有の症状となる「生理痛・生理不順」(51.4%)、「冷え」(54.4%)や「むくみ」(49.7%)なども約半数が感じていることがわかりました。