出産後には骨盤矯正をするようにとよく言われますが、どうして出産後には骨盤矯正が必要になるのでしょうか?!もしも骨盤矯正をしなければ何か悪いことがあるの?この記事では骨盤矯正の効果ややらなかった場合のトラブル、効果的な骨盤矯正についてお伝えします。

産後の骨盤矯正って必要なの?!

出産後には骨盤矯正が必要になるとよく言われますね。本当に骨盤矯正をしないといけないのでしょうか?!

結論から言いますと、出産後に骨盤矯正をした場合としなかった場合とでは、出産後の母体のダメージからの回復が大きく違ってくるといえます。産後に骨盤矯正をした場合としなかった場合とでは、一体どういったことが変わってくるのでしょうか。

また、正しい産後の骨盤矯正の方法とは一体どのようなことをすればいいのでしょうか。

この記事では、産後に絶対にママたちにやって欲しい骨盤矯正のあれこれについてお伝えします。

産後に骨盤矯正が必要な理由 その効果とは?

出産後に骨盤矯正が必要になるのは一体どうしてなのでしょうか。まずはその理由についてみていきましょう。

妊娠後期から出産にかけては、ママのお腹周りというのは大きくなるお腹の赤ちゃんに諸々の臓器が押しつぶされた状態となります。

それと同時に、大きくなる子宮をお腹に納める空間を作り、赤ちゃんの大きな頭を産道に通すために、骨盤周りの筋肉や靭帯が緩んで、骨盤がグラグラとした状態になっていきます。

出産が終わるとすぐに子宮の収縮とともに、開いてグラグラになってしまっている骨盤も締り始めるのですが、骨盤が妊娠前の状態に戻るまでには、約1年間かかると言われています。

この1年間の間に、正しい位置に骨盤が戻ってくれればいいのですが、妊娠中にはお腹周りの筋肉が落ちてしまう上に、赤ちゃんを抱いたりおろしたりする動作を繰り返す中で、骨盤に歪みが生じてしまいやすくなります。

骨盤が正しい位置に戻らずに歪みがある状態で固まってしまうと、様々な体調の不調やトラブルを引き起こす原因となってしまうことがあります。

それを避けるために、出産後1年間の間に正しい骨盤矯正をすることが大切になるのです。

産後に骨盤矯正をしないとどうなる?!

産後に骨盤矯正をしないと、骨盤が正しい位置に戻らずに、ゆがんだまま固まってしまうことになります。すると様々な体調不良を引き起こしやすくなるものですが、一体どのようなトラブルが起こるのでしょうか。骨盤矯正をしないと起こりやすいトラブルについてみていきましょう。

【産後に骨盤矯正をしないと①】骨盤が歪んだままになる

出産後に正しい骨盤矯正をしないと、骨盤がゆがんだまま固まってしまうことになります。骨盤というのは上半身を支えるための土台の根っこのような役割をしている骨になります。

土台の根っこがゆがんでしまうということは、そこから上の方に伸びている背骨にも歪みが生じてしまうことになります。

骨盤から背骨の歪みが原因となり、様々な体調不良を引き起こす大元の原因となってしまうのです。

【産後に骨盤矯正をしないと②】腰痛や肩こりの原因となる

骨盤矯正をしないで起こるトラブルには、腰痛や肩こりがあります。出産後に腰痛や肩こりに悩む女性は少なくありません。

腰痛や肩こりは普段の生活にも大きく影響をするトラブルになってしまいます。

産後の腰痛や肩こりの原因の多くが、出産後にきちんと骨盤矯正をしなったことにあります。

骨盤矯正をしなかったことで骨盤が正しい位置に戻らずに開きっぱなしになっていると、その骨盤や背骨の歪みから、周りの筋肉に大きな負担を掛けるようになります。筋肉に余計な力がかかり続けて緊張状態が続くために、血行が悪くなります。

きちんと骨盤矯正をして骨盤や背骨にゆがみが出ないようにすることが大切です。

【産後に骨盤矯正をしないと③】便秘・冷え症・尿漏れが!

出産後に骨盤矯正をしないと起こりやすいトラブルには、便秘や冷え性、尿漏れといったトラブルがあります。

骨盤の中には子宮だけでなく、他にも内臓が入ってます。子宮が歪んだままで正しい位置に戻らないと、子宮の中に入っている下腹部にある内臓も、正しい位置に収まることができませんし、内臓の形も本来あるべき形で治まることができません。

本来納まるべき位置に、正しい形で収まることができなければ、何らかのトラブルが発生してもおかしくはありません。

骨盤の中には下腹部にある腸や膀胱などがあるので、便秘や尿漏れといったトラブルを起こしやすくなってしまうのです。

また、冷え性の原因には骨盤の歪みからくる内臓の不調によって、内臓の血流が滞り、身体の芯の温度が下がることからも起きます。

産後に冷え性や便秘に悩む女性が増えるのは、骨盤ケアをしなかったからだということができるでしょう。

【産後に骨盤矯正をしないと④】婦人科系トラブルの原因にも!

また、骨盤の中には子宮と卵巣という、女性の特有の臓器も入っています。骨盤にゆがみが生じることで、子宮や卵巣も正しい位置に戻ることができずに、形がゆがめられたままになってしまいます。すると、本来は他の臓器や筋肉から圧迫されないところが圧迫されてしまったりして、血流が悪くなる部分が出てきてしまいます。

長年圧迫されて血流が滞ってしまう部分があると、そこが何らかのトラブルを起こしやすくなり、将来の婦人病の原因となることがあります。

骨盤のゆがみが大元の原因となる婦人科系のトラブルというのは、今すぐ、数年以内に出るものでもありませんが、ある程度年齢を重ねた時のトラブルの遠因となるものなので、産後の骨盤ケアをしっかりと行って、今からいらないトラブルの芽を摘み取っていった方がいいでしょう。

【産後に骨盤矯正をしないと⑤】ぽっこりお腹の原因にも!!

出産後に骨盤矯正をしないと、ぽっこりお腹の原因にもなります。

妊娠中はお腹周りの筋肉がなくなってしまうので、どうしてもお腹がぽっこりとしやすいものです。

出産後に骨盤を正しい位置に戻してあげることで、お腹周りの筋肉もあるべき場所にあるべき筋肉がついて、引き締まったお腹に戻っていきやすくなるのです。

しかし骨盤ケアをしないと、下腹部や腰回りを支える筋肉や骨盤の靭帯も正しい位置に戻ることができなくなります。

その結果、下腹部の筋肉のバランスが大きく崩れてしまい、ぽっこりお腹の原因となってしまうのです。

帝王切開でも産後の骨盤矯正って必要なの?!

赤ちゃんの大きな頭を産道に通す自然分娩をした人が、骨盤矯正が必要になる理由はよくわかりますが、赤ちゃんの頭が産道を通っていない帝王切開をした人にも産後の骨盤矯正って必要なのでしょうか?!

帝王切開の人は、骨盤矯正が必要ないと思っている人もいるようですが、それは大きな間違いです。

というのは、帝王切開をした人でも、妊娠後期には骨盤が大きくなった子宮で圧迫されて変形してしまうのと、変形するためには自然分娩をした人と変わらず、お腹周りの筋肉や靭帯がゆるむので、出産後の骨盤の不安定さというのは、自然分娩をした人と何も変わらないからです。

ただし、帝王切開をした人は傷が回復してから骨盤ケアを始めなくてはいけません。自然分娩をした人よりも1か月ほど遅く始めるようにしましょう。

産後の骨盤矯正はいつまでに始めたらいい?

産後の骨盤矯正はいつまでに始めたらいいのでしょうか?!産後の骨盤矯正はいつまでに始めたらいいのかというと、産褥体操以外の骨盤矯正は産後1ヶ月以上たってから始めるようにしましょう。

産後の骨盤矯正をいつまでに始めたらいいのか考えている人の中には、産後すぐにでも始めたい、という人もいることでしょう。しかし、出産直後のまだまだ本当に骨盤がグラグラしているような状態で、身体に負担を掛ける運動をしてしまったり、骨盤ベルトや骨盤矯正ガードルで強く締め付けてしまうと、骨盤が間違った位置で定着しやすくなってしまいます。

骨盤ベルトや骨盤矯正ガードルをいつまでに付けはじめればいいのか、いろいろな説があります。骨盤ベルトや骨盤矯正ガードルいつからつけても良いのか、出産直後からつけても良いという人もいるようですが、産後直後に骨盤回りを強く締め付けてしまうと悪露の排出を妨げてしまいます。

骨盤ベルトや骨盤矯正ガードルもいつからというと、産後1ヶ月の検診でお医者さんから許可が出てからにしましょう!

また骨盤体操や骨盤ベルトなどはいつまでに始めるのか迷っている場合には、始める時期は産後2ヶ月から3か月くらいには始めましょう。骨盤が安定し始めるのが産後6か月くらいで、産後1年を過ぎるとほぼ骨盤が固まってしまい矯正するのが難しくなります。それまでにある程度しっかりと矯正することが大切です。